« 奇跡のリンゴ | トップページ | おすすめのこの夏聴きたい音楽 »

2008/07/30

ガッシリや、ぎゅわんや、ボキボキ

有吉さんが遊んでくれた。

『プロフェッショナル 仕事の流儀』
の打ち合わせをしていると、
有吉伸人さんが、「茂木さん、写真を
撮ります」とカメラを持った。

住吉美紀さんの横で
ポーズをとった。

パチリ。


すみきちともぎけんいちろうくん
ぼくも、有吉伸人さんのことを撮った。

有吉さんが遊んでくれた。


遊んでくれた有吉伸人さん

『スタジオパークからこんにちは』。

武内陶子さん、稲塚貴一さんと
楽しくお話する。

ニュースのコーナーになったら、
馴染みのある顔が座った。

『科学大好き土よう塾』で
何度もご一緒した室山哲也さん。

なつかしい顔に、思わず手を振った。
うれしかった。

ラジオセンターで有江活子さんと
お話しする。

有江さんの落ち着いた言葉の響きに
共鳴しているうちに、
何となくこちらの声も
落ち着いていった。

今日放送です。

人間というものについて考えた。

パトスがなければならない。
ロゴスを欠かすことはできない、
諸君!

パトスやロゴスは、それが
生命にやどる以上、
抽象的な観念ではとどまり得ず、
骨、肉、関節の
ガッシリや、
ぎゅわんや、
ボキボキ
に相当する
もろもろが現れる。

人間というものは、実に
精神運動においても、身体性を
帯びているものではないかね、
諸君!

そして、あふれでる心の肉体の
気配は、
必ずや目の力となって
人を感化するものだと思うぞ。

新幹線の先頭車両の
ような流線型の目が熱を帯びるのを
見た。

7月 30, 2008 at 08:38 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガッシリや、ぎゅわんや、ボキボキ:

» 思い出すことはただ  トラックバック 須磨寺ものがたり
NHK「スタジオパークからこんにちは」に、 茂木健一郎さんが出演、 いつも変わらぬ自然体に、 安堵感を覚える。 [続きを読む]

受信: 2008/07/30 9:38:01

» 外れている トラックバック Tiptree's Zone
 人生は、数学の方程式を解くようにサクサクとは展開しない。そのようなことは、誰でも知っている。  だが、少し考えると、この視点にはおかしなところがあることに気づく。  ヒトは、物理的空間内に存在しており、ヒトもその物理的空間内のエンティティの一つとして、....... [続きを読む]

受信: 2008/07/31 3:38:59

» プチ・ヴァカンス? トラックバック 感性でつづる日記
「明日から8月!」 世間では本格的に夏休みを取られる方も多いはず。 「仕事中毒? [続きを読む]

受信: 2008/07/31 5:59:30

コメント

おはようございます。
>骨、肉、関節の
ガッシリや、
ぎゅわんや、
ボキボキ
に相当する
もろもろが現れる。

人間というものは、実に
精神運動においても、身体性を
帯びているものではないかね、
諸君!

ガッシリや、ぎゅわんや、ボキボキ
ですか?
面白い表現で思わずクスです。

でもガッシリや、ぎゅわんや、ボキボキは、
心の中には存在しなくて、(深層心理?無意識かな?)
だから、肉体の痛みを含めての思考が、
人間にはできないのではないか。…とある時、気づきました。
ぽえむにして残してあるのですが、PCの情報移動がまだ
できてないので、アップできないのが残念です。
私のトラウマからの発見でした。

でも、これは、多分理解していただけない理論だと思いますが、
健康な人間にもなければ人間は生きていけない脳の機能?作用?
だと思っています。例えば、お産の痛み。死ぬほど痛かったのになぜか、忘れてしまっている事。などなど。

今、書いててフト思っただけなので間違いかも知れませんが、
痛みの実感が入り込めない箇所があるかな?……。

ふーーむです。あれ、また、逆になってしまうなぁ。

数週間か一ヶ月ほどまえにある事を感じて(見つけて?)表現しようとしたら、逆になってしまうんです。どう表現しても逆になってしまうんですね。どうしても客観的表現になってしまって、内観の限界を
感じてしまって、「なんだ。見つけても結局は逆になってしまうから
意味ないなぁ」と。でも、よくよく考えたら、私の知っている脳の作用
であるならば、究極は客観になってしまうことに気づきましたが、
私の知っている、知識の中のみのことなので、これもここで限界ですね。

年齢を重ねるとガッシリ、ぎゅわん、ボキボキ。
毎日がこれらに襲われます。困ったものです。(笑い)

…笑いどころじゃないので、自分の街(県や国も含む)のある視点からの活性化を目指しはじめました。一人でです。←これも、困ったものですが、だんだんと人になれて行けたらサークルやNPOにしたいものです。


投稿: | 2008/07/31 8:00:09

橋本麻理さんの「仕事の流儀」をみたい。
文学・宗教・科学、
美術・身体性、
ことに臨む姿勢(クオリア日記でのお写真・文)、扱う対象が興味深いです。
橋本さんが宇城憲治さんを文章にしたら、どうなるのだろう。
透徹したレンズをもつ『プロフェッショナル 仕事の流儀』が多層多面から、宇城さんの身体性を捕捉して、、、

橋本さんの「仕事の流儀」による見立てと、仕上げ。
『プロフェッショナル 仕事の流儀』でみてみたいです。
いい一日を。

投稿: | 2008/07/31 6:46:10

茂木さんおはようございます

なんだか、とっても楽しそうな日記ですね!!
有吉さんが撮られた、
「すみきちさんともぎけんいちろうくん」は、
傑作です!!!
面白いし、かわいいです(笑)!!
この写真を元にイラスト起こしたら
絵本にでもなりそうな。
ストーリー性のある一枚ですね~~~(笑)
私はとりわけ、後ろの扇風機が気になりました(笑)


「そして、あふれでる心の肉体の
気配は、
必ずや目の力となって
人を感化するものだと思うぞ。」

生茂木さんとお会いしたら
すごいんでしょうねえ~~
茂木さんオーラ(気配)がどばっとでているんでしょうね

私の知人のなかにも、
様々な気配を放って
この人は只者ではない!と思わせる人が
何人かいますよ!

己のパトスに忠実に生きていれば
おのずとそうなるのでしょうね!

私はどちらかというとロゴスが欠けがちなところがあるので、
ちゃんとバランスとらなくては~~

あっでも中には、
あえて気配を消す人もいますよね。
スパイとか。忍者とか。
そういう役割の人。
普段は、オーラばりばりで存在感ものすごいのに、
それを自分でコントロールしちゃう人とか。
この域にはなかなか達せません。

とりあえず、
貪欲に★意欲をもって
生きたいですね!
やはりパトスがなくちゃあ
生きている実感がともないません。

ロゴスがないと、
地に足がつきません。
両方大事ですね

茂木さん、
今日も暑い一日だと思いますが、
お体には気をつけて。
お仕事がんばってくださいね( ^^) _~~


投稿: ももすけ | 2008/07/31 6:21:13

茂木さんかわゆす~
パトス、ロゴスそれ並列化したいです(=^▽^=)
いがいと、茂木さんが、興奮してるときって、新幹線の目になってるかもしれません(*^ー^)ノ
早口だし


投稿: | 2008/07/31 2:26:44

こんばんは。

有吉さんの手になる、とても素敵でおちゃめなツーショット、拝見しました!

茂木さんや住吉さんも含め「プロフェッショナル」の製作陣の皆様は、みな常に前向きな熱い「パトス」と、気高い「ロゴス」とで、真摯に番組創りをされていると思う。

精神と肉体は二つにして一つ…まさにそう思える。その通りだ。そうでなければ本気で“生きている”とはいえない。


あの宮崎駿さんも、熱いパトスと気高いロゴスを持って、これまで素晴らしい作品を世に問うて来られたのかと思うと、自分も何とか頑張らなくては、と思う。

それはそうと、来週放送の「プロフェッショナル」宮崎駿さんのスペシャルを今から楽しみにしています…!

投稿: 銀鏡反応 | 2008/07/30 23:52:42

イキイキした生活をしていると身体にも表れてくる。

逆も然り…(>_<)

私自身、現状の打開も大切と思いますが…
打開案を探しつつ、いかに日々の生活をパトスやロゴスをもって送っていくか。も、大事だなと思います。

私も、こうしちゃいられない!p(^^)q

投稿: | 2008/07/30 21:52:53

茂木さん、今日はラジオ放送があったのですね。間に合わず、残念でした!再放送はないのでしょうか?明日の日記で皆さんのコメントを拝見することに致します。お写真を拝見しているとな~んだか、楽しそうですねー。遊んでもらえてよかったですねー。(笑)昨日の司会は武内アナウンサーですね。茂木さんのことを何度も「脳科学者」とおっしゃっていたのが、とても印象に残りました。茂木さんも少し恥ずかしそうにしていらっしゃったような感じでしたが?!ほんわかムードで番組は本当に面白かったです。茂木さん、「人間というものについて考えた」?
パトスやロゴス?!何だか難しいですがなんとなくわかるような気が致します。(笑)目の力・・・この頃、近眼になってしまったので、あまりじ~っと目を見て話をすることが出来なくなりました。そろそろコンタクトとか老眼とかの心配をしていた方が良いのかもしれません。茂木さんは、大丈夫ですか?(笑)ものを見ること、耳で聞くことは何にもしなくても情報が入ってきますが、こころ、ここにあらず!では何にも見ることも、聞くこともできませんものね。大事なことですね!

投稿: | 2008/07/30 19:07:17

以前文春にお出になった折、お話に感銘しどこかに書き、送った恥ずかしい記憶があります。昨日スタジオパーク拝見、何気ないお話でしたがとりすました服装でなく、「わが意を得たり!」と思わず拍手しました。 照れくさいのとそんなことどうでもいい! が伝わりました。
私は貴方の倍の年齢を生きて来ました。今の最大の悩みは記銘力、記憶の低下ですが、老人の良い所を取り上げて下さるお話の節々に励まされ、努力しようと心に誓います。

脳は刺激を与えれば確かにシナプスが働き、明日に繋がる満足を得ます。たったひとりの暮しですから思うようになる気儘な時間を活かして、これからも歩みます。有難うございました。
コメントの書き方も送り方もわかりませんが送ります。

投稿: 渡邉 愛 | 2008/07/30 19:04:57

こんにちわ

>人間というものは、実に
精神運動においても、身体性を
帯びているものではないかね、
諸君!


意外と、人間の脳の歴史上、言葉の発生は新しく、その前の非言語状態が長かったのではないでしょうか?(^^)

投稿: | 2008/07/30 18:04:38

返事ありがとうございました(^O^)読んで頂いてるんですねw(゚o゚)w えっと、先ほど気づいて飛びついたのが英語でのjournalなんですが、コメントしようとしたらパソコン専用なんでしょうか、なかなかポスティングできませんでした泣 なので、こちらの方に投稿させていただきますm(__)mパソコン修理しなきゃ汗
wow! I was so surprized and excited to find you coment back to my"coment" about my watching TV program(studio park). Thank you very much!!
…Fortunately, I realized you also put your jurnals on view on web.(Of course,I read thorough a latest one,...only one,though) I wonder I can post my comment using cellphon but I try.
So,back to your newest jurnal,I can definetly say that it was inevitability,apparently contingency; the encounter the seniors in a pub and catched the unforgettable words, which maybe you yourself drew such a situation or thing,say "God doesn't play dice." Now, my writing here getting far from the topic and point you would mean but I feel the real coinsidence.
Sorry to my bad English. Have a good day! Yamakawa

投稿: | 2008/07/30 15:48:03

茂木さん、こんにちは。
パトス。
ロゴス。
「あふれでる心の肉体の気配は、必ずや目の力となって人を感化するものだと思うぞ。」ハイ!
センセイ!(^O^)
人を感化するにはいたりませんが、目のことはよく人に言われます。ぜんぶ目に出ているって。目は口ほどにものをいい、ココロがストレートに出る。だから、何を感じ、思い、考え、選択するかが行動するうえであたしにはとても大事です。何をみるか、が大事ですね。興味の赴くままになのですけれども。。

投稿: | 2008/07/30 11:06:54

コメントを書く