« 脳を活かす勉強法 30刷 | トップページ | 空間を時間にしたり »

2008/07/09

東京国際ブックフェア

東京国際ブックフェア

茂木健一郎
『本の流通は脳に始まり、脳に終わる』
2008年7月10日(木)10:20〜11:45

東京ビッグサイト 会議棟
http://www.bookfair.jp/seminar/index.html 

7月 9, 2008 at 07:05 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京国際ブックフェア:

» 本と日本の未来は明るいか? 茂木健一郎先生講演より ●干場 トラックバック ディスカヴァー社長室blog
昨日、7月10日から、東京国際ブックフェアが始まっています(日曜日まで。本来は、 [続きを読む]

受信: 2008/07/11 2:52:28

» デジタルパブリッシングフェアに行ってきました トラックバック 若だんなの新宿通信
東京国際ブックフェアと並んで開催されているデジタルパブリッシングフェア。 >出版社などのコンテンツホルダーに対し、最新の技術・サービ... [続きを読む]

受信: 2008/07/12 18:36:23

» 〔本〕東京国際ブックフェアで、バーゲン本ゲット♪ トラックバック オレンジスカイの興味津々
本って基本的に定価で買うものですが、どの本を買っても20%オフ以上!しかも新品!... [続きを読む]

受信: 2008/07/16 2:22:18

コメント

いつも楽しく(というか、PHPさんをはじめ他元さんをうらやましく思いつつ!)拝見させていただいております。

かなり早い時期に、「脳とクオリア」を拝読し密かに注目させていただいているうちに、あれよあれよのご活躍、ファンの一人として、たいそう嬉しく思っておりましたので、トラックバックのご承認、たいへんありがたく存じます。
勝手に書いてしまって、案じておりました。事後承諾でもうしわけございません。何かございましたら、「変更可能なネット」ですので、ご指摘くださいませ。

いつでしたか、猪口先生の朝食会でのご講演の折もそうでしたが、「脳の楽観回路」、「将来はきっとよくなる」というメッセージ、ほんとうにぱっと世界が明るくなるような力強さを感じます。

それをエールに、私も著者の方と読者の方々をつなぎ、「新しい欲望を切り拓く本」づくりにますます努めます。
このたびは、ありがとうございました。

ディスカヴァー・トゥエンティワン 
干場弓子

投稿: 干場弓子 | 2008/07/11 15:16:14

こんにちは 
会場で初めて先生の講和をお聞きしました。
型にはまらないスタイルの講演で、楽しく、有意義な時間を共有でき感謝申し上げます。

 第15回 東京国際ブックフェア  基調講演
~「本」の流通は脳にはじまり、脳に終わる~ 茂木健一郎 

講演で心に感じたお話し

情報の王者としての地位をインターネットに脅威とされている。

本は物である。 本とは、物づくりである。


ある情報が無料で載っているのが、本の流通の妨げにはならない。

本は情報を売っているのではない。
情報そのものを、買っているのではない。
情報はネット(デジタルデーター)が便利であるが、紙に印刷したものを読む没入感を出しにくい。
本は別の役割がある。 全く違っていると、私は信じている。
デジタル情報を本の流通を妨げない。 

同じ活字情報でも クオリア(質感)が違う 

本はインターネット時代で価値が上がる。
インターネットの海 うごめいている。
情報の碇を下ろす

原理的に可能であるが、実際にやるかというとは違う

ウエーブ進化論 

インターネットのポテンシャルを使いきっていない。
ネットの本は相性が良い。
ネットの時代に、従来にない発想で考える。

投稿: 富士山2000 | 2008/07/11 10:46:13

お久しぶりです。大桃美代子です。
住吉さんにもメールをしたのですが、先日の看護師のプロフェッショナルは泣きました。
沢山の人に届いていると思います。イイ番組でした。

ところで、8月イベントでご一緒できることになったと聞きました。
宜しく御願いします。農業は私のテーマとして取り組んでいることなので、この経験が皆さんのお役にたつと嬉しいです。


大桃美代子さま

コメントありがとうございます!

田村恵子さんの回は、私自身にとっても、大切な思い出と
なりました。

またお目にかかるのを楽しみにしています。
農業、本当に大切ですよね。
お話を伺うのが待ち遠しいです。

茂木健一郎拝

投稿: 大桃美代子 | 2008/07/09 22:33:47

こんにちは、
暑くなってきましたけど
体調管理万全でしょうか?茂木さんに聞いてみたいことがあります。
子犬なんかを見てかわいいなぁと思う人と思わない人がいる、
花を見て綺麗だなぁと思う人もいればなんにも感じない人もいる、
かわいい、綺麗と思う人=○
なにも感じない人=×
になるのでしょうか。
それは例えば親子関係にも影響するのでしょうか…
親が子に愛情を注げない、子が親から愛情を感じないみたいな。
茂木さんに聞いてみたいです。

投稿: | 2008/07/09 11:30:59

コメントを書く