« 今空港です。 | トップページ | マッシュ・アップ »

2008/07/26

成田に着いて

東京へ。

同じ「アジア」といっても、
無限の階調のあることを知る。

明治の昔、「洋行」する時に
南洋航路を行った人たちは、
徐々に変化する風情に
地球を感じたのだろう。

7月 26, 2008 at 10:16 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 成田に着いて:

» 明石家さんまの祝祭空間 トラックバック 旅籠「風のモバイラー」
明石家さんまの27時間テレビを観ている。 かつて、時を支配した男を見たことがある [続きを読む]

受信: 2008/07/27 0:34:35

» 惑星系調査員1 トラックバック Tiptree's Zone
 彼または彼女の名はミール。クールド星で生まれ育った、生粋の冒険家野郎だった。幼いころから上級惑星系調査員になることを夢見ていて、七クールド週間前にその資格試験に合格したばかりだった。  ミールに最初にあてがわれた仕事は、銀河系内であまり評判の良くない“....... [続きを読む]

受信: 2008/07/27 3:44:17

» やっぱり・・・「ただいま〜!」ですね! トラックバック Little Tree
今朝は、雲が広がっていますが 私が九州へ出かけた日に「関東地方も、梅雨明け」をしていたようですね! おかげさまで、一昨日の夜に無事に帰宅いたしました!! ブログに、最初に書く言葉は…やっぱり「ただいま〜!!」デス。... [続きを読む]

受信: 2008/07/27 6:12:48

» 2日遅れの… トラックバック 感性でつづる日記
「この季節に食べるうなぎは格別!」 昨日、恩師でもあるK先生とうなぎ屋へ。 7月 [続きを読む]

受信: 2008/07/27 7:03:34

コメント

茂木博士、おかえりなさい!

シンガポールでのエピソードを頭の片隅で思い返しながら、私達のこれからのあり様について、いろいろと考えさせられました。

一つの国から出て、世界の多様に変わりゆくさまに触れることは、この青く輝く土塊の星の“カラフルなダイナミクス”を肌で感じる、ということなのかもしれませんね。

私自身、この東端の小さな島国の一角から出て、地球の津々浦々の自然、文化、そして人々の激動するさまを見られるかどうかは分からないけれど、常にこう思っていたい。
“世界は様々なものであふれ、常に動き、変わりゆき、そして繋がっていこうとしている”と。

投稿: 銀鏡反応 | 2008/07/26 19:41:01

お疲れさまです。 みなさん、ほっと胸をなでおろされていらっしゃるのではないでしょうか? シンガポールから帰国されて、すぐに、筑波でのお仕事、本当にご苦労様です。いきたかったけれど、またしても、ままならず。   
 無限の階調、音楽の調性、その色調・・同じアジアに!・・・しばらく考えさせられました。思いをめぐらせる楽しみを有り難うございます。
 風情・・日本人が忘れかけている情感。そんなあたたかいまなざしで、きっと地球を外から、見つめられていらしたのでは、ないでしょうか?   
 今、ここ、 クオリア日記は素晴らしいです。茂木先生が、じかにご自分でされている事の意味とお心を、クオリア?しています。

投稿: ぶらんか | 2008/07/26 19:07:58

茂木さん、おかえりなさい☆

同じアジアという地域でも、国の数だけ、その土地その土地の調和があるんですね!
といいつつ…シンガポールに、どんな調和があるのでしょう?


船で渡っていく時の風景の変化で地球を感じられた昔(^ ^)
今は、飛行機があるので、ぎゅい〜ん っと目的地へ。地球を感じるのは、どんな時なのでしょう??

私は暑さと、ここ最近起きている地震(←また何処かに歪みが…と)に感じてしまいます(^^ゞ


今日もビールがあいそう♪(゚▽^*)どうぞ

投稿: 奏。 | 2008/07/26 18:56:03

お帰りなさい(^-^)
「脳を活かす勉強法」を拝読いたしまして、とてもよかったので
子供に読ませています、タイムプレッシャー法がいいみたいです、
これからやる気になってくれるといいのですが、今後とも、
ご活躍をお祈りします(^-^)

投稿: Sventek | 2008/07/26 15:22:05

おかえりなさい!茂木さん!お疲れなど出てらっしゃらないですか?大阪は昨日天神祭で花火がとても綺麗でした。花火は儚く夢のようでした。
暑さ厳しき折、くれぐれもご自愛下さいますようお祈り申し上げます。

投稿: こゆり* | 2008/07/26 12:46:24

はじめまして!
茂木さんのお話、いつも楽しく読ませていただいています。
今朝、「暮らしのクオリア」の「幼き日に失ったもの」を読みました。(色つきそうめんのお話です)
「絵本の家」と「巨人の肩」を読んだときも、懐かしい気持ちと、もう二度と感じ得ない(かもしれない)幼い日のワクワク感に胸をうたれました。
でも、最後の一文「幼き日に失ったのものと、大人の心を動かすものはどこかでつながっている。」には、希望のかけらが見えました。もう一度、毎日がワクワクする瞬間を取り戻せたらいいなぁ、と思います。
今日のブログと関係ない話題で、申し訳ありません。
これからも、心(脳!?)に引っかかる話題を楽しみにしております。

投稿: 貴 | 2008/07/26 11:32:14

茂木さん、お帰りなさい~

今成田ということは、すぐにつくばに向かわれるのですね。
ハードで大変ですね、
お昼ごはんはおいしいものをたくさん食べるといいですよ★

南洋の旅は、だんだん風景がカラフルになっていくのでしょうか?

ずっと前、東北新幹線で青森まで行った時、
途中たくさん大きな山があって、
すごく感動したのを覚えています

あんなに大きな山々を見ていると、
気持までどっしり★落ち着くというか大きくなるというか。
夏だったので、
冬に行ってたら、また違った感想を持っただろうなあ・・・

ふだんの生活の中では
国境、ということで区切りが頭の中にありますが、
実際、地球の上には、国境の線など引かれていなくて、

自分で移動すると、
少しずつ変わっていく景色に、
ああ、地球はつながっているんだなあって
実感しますよね

茂木さん、つくばでのお話、
がんばってくださいね~~

投稿: ももすけ | 2008/07/26 11:00:55

茂木さん、おはようございます。そしてお仕事・フライト、お疲れ様でした。本当に同じアジアとはいえ、大きく違うらしいですね。日本はいろんな面においてシンガポールに追い越されてしまい、今、治安においても、シンガポールの方が安全なのではないでしょうか。茂木さんからまたいろんなお話をお聞きできそうで、楽しみにしています。今日は、
またイベントですね。お疲れでしょうけれどそんな時ほど大きく深呼吸をして、ゆっくりとおしゃべりをして?!今日も皆さんに癒しを・・・
。こころの問題の火消し役ですか?・・・今日もよき一日でありますように!
(昨日の夜、読売ウィークリーを読ませていただきました。また後ほどメールを送らせていただきます。)

投稿: 茂木さんの崇拝者より | 2008/07/26 10:44:25

コメントを書く