« 朝日カルチャーセンター ー脳と音楽 08ー | トップページ | 『すべては音楽から生まれる』21刷 »

2008/07/19

疾走する愛

赤坂プリンスホテル
武部勤さんの朝食会でお話する。

猪口邦子さん、佐藤ゆかりさんに
御著書『東京WOMEN大作戦』
をいただく。

大手町の日経サイエンス。
東京大学の目黒公郎さんに、
建物の破壊工学をベースにした
総合的視点から、地震対策について
お話をうかがう。

パレスホテル。

棋士の矢内理絵子さんが第一期の
マイナビ女子オープンを制して
初代女王になったのをお祝いするパーティー。

乾杯の挨拶をする。

矢内さんとは、対談の本が出版される予定。

ソニーコンピュータサイエンス研究所
にて、脳科学グループの会合。

柳川透、関根崇泰と研究の
議論をする。

関根と高川華瑠奈がSfNで
スライド・プレゼンテーションに
なった。

朝日カルチャーセンター。
「脳とこころを考える」
脳と音楽の第一回。

レオス・カラックス監督の
『汚れた血』の中でドニ・ラヴァンが
言うせりふ「君は疾走する愛を信じるかい?」

愛があっても、なくても、
地球は回り続ける。

くるくるくるくるくるくるくるくる。

とにかく疾走した一週間であった。

7月 19, 2008 at 08:28 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 疾走する愛:

» 「ふり」をして… トラックバック 感性でつづる日記
 「泣きたくて 笑いたくて ホントの自分  ガマンして伝わらなくて  君は誰のた [続きを読む]

受信: 2008/07/20 6:37:55

コメント

「汚れた血」を検索したら、なんと茂木さんのブログにたどり着いてしまいました。それもGoogleで上位だったのです!
ですから、皆さんのインテリジェンスなコメントにはついていけませんが、ご挨拶までお邪魔しております。
「汚れた血」は、よく80年代後半のこだわり風な珈琲店の一角にチラシが貼ってありました。とても印象深く衝撃的なチラシでした。
しかし、それを観る機会もなく20年以上経ってしまい、最近他のビノシュの映画を観てまたもや気になり、検索し、ここに至りました。
茂木さんのブログにたどり着くとは・・・・ジュリエットビノシュはさすが、ただ者ではない!!と実感しました(^_^)

投稿: アリー | 2008/08/04 21:15:06

昨日の梅雨明け宣言を聞いて思う、いよいよ烈日の夏が、関東でも本番を迎えるのだな…と。

連日のお仕事、本当にお疲れ様です。

一昨日の朝日カルチャーセンターでの講演で、複雑に繋がる社会では、リーダーは周りの人々と協調していくのが大切だ、ということを数理的に説明したモデル論文を、懸命に少しでも分かりやすいように解説してくださった茂木さんに、熱く疾走する生命のカタマリをイメージする。

何があっても、恐ろしいほどの早さでまわり続ける地球の上で、愛と死と、欲望と憎悪、希望と絶望…が、それこそ光の早さで、消えたり表れたりしている。

「君は疾走する愛を信じるかい?」

この世で愛は錯綜しつつ、2人の運命を狂わせていく…。2人を乗せた愛の車は、狂った運命の命ずるままに、何処へともなく走り始める。

激しく躍りながら走るドニ・ラヴァンの姿が印象に残る。


地球は自転を止めない。その上でいまある生命たちは、きょうもそれぞれ疾走しつづける。

連日の猛暑の中、熱中症にはくれぐれもお気をつけ下さい。


投稿: 銀鏡反応 | 2008/07/20 13:21:47

怒涛の愛   暑中お見舞い申し上げます。
         セミたちの声も出揃い 浮世も夏休み突入。

         先生におかれましては、相変わりなく、怒涛の日々
         凌ぎの雨の涼  御心御身に降りそそぐこと
         祈りながら ・・

         今日も クオリア的 意志

投稿: | 2008/07/20 7:37:46

「存在の耐えられない軽さ」からビノシュのファンになり、「ポンヌフの恋人」では自己内の審美的な感覚と愛の概念とが錯綜してしまいました。多くの意味を含み衝撃的であること、それが芸術なのでしょうか?

投稿: Nezuko S | 2008/07/20 4:16:41

朝日カルチャーセンターでのお話、お疲れさまでした。

愛があっても、なくても回る地球。
愛があった方が温かいし、パワーももらえるし、渡す事もできる。。
伝えれば、伝わっていく。自身が変わっていく事。
信じられること。

勇気と明日の原動力☆
と、私は思います。


今日、梅雨明けだそうです。これからどんどん暑くなりそうです。
水分補給と適度なお休みで暑くなりそうな夏を乗り越えましょう(^ ^)/

投稿: | 2008/07/19 22:11:13

こんにちは!
1週間、疾走されてのお仕事、お疲れ様でした。
゛脳と創造性゛を読み終えました。自分の日常を見る視点が今までとちがってきて、底光りに目を凝らしています。危機/創発、変容。読み終えて、充実しています。
 
                 
人は変えられない。批判はしない。                  自分は自由に変えられる。  
どんどん どんどん どんどん どんどん               いくらでも、どのようにでも、変えられる。すごい。          生きやすくなる。                           
楽観回路をふくらまそうと意思する変容は、素敵な創作をする。     そこに楽しみが存在する事を発見できて、嬉しくなりました。変容が素晴らしいのですね。!!

投稿: | 2008/07/19 18:09:34

こんにちわ

>レオス・カラックス監督の
『汚れた血』の中でドニ・ラヴァンが
言うせりふ「君は疾走する愛を信じるかい?」

>愛があっても、なくても、
地球は回り続ける。


「君は安らぎような愛を信じないと考えるか?」

「地球が回り続けるから愛が消えたり生まれたりする。」


勝手に、言葉を裏返しました、どうでしょうか?(^^)

投稿: | 2008/07/19 15:39:08

Dear Dr.Mogi

Today I found the book that is "こころと脳の対話" at a ook store in meguro and bought it!
I would like to read a book with appriciation.
Because I have been feeling that there are a lot of precious words in this book since I leafed through it.

I appreciate the oppotunity to figure new wisdom.

投稿: | 2008/07/19 15:30:23

茂木さんこんにちは

「とにかく疾走した一週間であった。」
お疲れ様です!
今日はめでたく全国梅雨明けということで、
冷たいビールをどうぞっ!!


「愛があっても、なくても、
地球は回り続ける。

くるくるくるくるくるくるくるくる。」


愛があってもなくても・・・ですかぁ~・・・

私は愛は常に溢れていると信じています!
愛っていろんな形の愛があるから。
こんなに殺伐とした世の中なのに、
食事がちゃんと頂けて、
生活していけるだけでも・・・・
恵みという名の愛を頂けている。

地球上に苦しんでいる人がたくさんいるから、
私は自分でできることを御返ししていきたいと思います。


茂木さんだって、天才的な知恵を
沢山の方に開放してくださって、
これも一つの愛の形ですよね。
知恵の共有は、
向上、成長につながっていきますから。

向上、成長の先に、
苦しみが少なくなっていけばいい。
ありがたいです、本当に。

最近は、心臓が縮まるようなことが
沢山あって
逃避したくなります。
エネルギー切れっぽいので、
休まないと・・・・・

茂木さんもお体ご自愛くださいね。

投稿: ももすけ | 2008/07/19 12:12:52

茂木さんの昨日のスケジュールは凄まじいですね。お疲れ様でした!映画「汚れた血」、これは観てみないとなんともわかりませんが、疾走する愛とは、どんなものでしょうかぁ~???この頃は、「枯れおやじ」が、ちまたでもてはやされているようですが、茂木さん、ご存知ですか
?!(笑)疾走する愛とかは、何だかよくはわかりませんが、「枯れおやじ」がもてはやされているのは理解できます。(笑)でも世の中、いろんな人がいて、いろんな愛のかたちがあってもよい・・・。人の恋愛をとやかくいうことはないな!と思えるのは、年を重ねたからなのでしょうか~。小説の世界、また、財を成した企業の経営陣の影に複雑な人間関係(異母兄弟とか)が多かったりするのは、なんとなくわかるような気がいたしますね?まぁ、何はともあれ愛があってもなくてもくるくる回る?(笑)わけですから、自分磨きをしつつ、自分らしく生きてゆきたいものです。

投稿: | 2008/07/19 11:48:52

茂木さん

朝日カルチャーセンターの講義、今回も充実した内容で貴重な
時間を過ごすことができました。
どうもありがとうございます!

レオス・カラックス監督の『汚れた血』が気になって、Youtubeで
改めて見たのですが、ますますDVDで見たくなりました。
「TOKYO!」の映像もYoutubeで見て、使用後のドゥニ・ラヴァンが
ゴジラになっているという意味が分かりました(笑)

講義の締めくくりに、河合隼雄さんのお話に関連して、(日本人の)
関係性は科学の標準化にはなじまない、とおっしゃっていたのが
とても印象的でした。
企業内で「グローバルスタンダード」という言葉が飛び交うように
なってから、私自身いろいろ考えさせられることが多くなったことを
思い出しました。良い面、馴染まない面いろいろあります。
言葉が一人歩きしている面もあって、それってそういうことなの?
なんて思うことも多々あり。。。

今ははみだして、自分の足で自由と責任の間をふわふわしております。

投稿: | 2008/07/19 8:46:10

コメントを書く