« おすすめのこの夏聴きたい音楽 | トップページ | 泉から流れ出る水 »

2008/07/31

たどり着いた

講談社「キング」の小林司さん
と会う。

「タイガー・ジェット・シン」の
話で盛り上がる。

「森達也さんがタイガー・ジェット・シン
と会った時、では、となると、それまで
紳士的に話していたのが、突然サーベルを
振りかざして噛みついたのです。
その時の森達也さんの顔が幸せ
そうだったなあ。」
と小林さん。

後にメールをいただいた。

To: Ken Mogi
From: "小林 司"
Subject: キング小林です/今日は…

茂木健一郎さま


お世話になります。

今日はほんとうにお時間のない中
取材時間をとっていただき
有り難うございました。

風のように去っていくのが
茂木さんらしく、格好いいなあと。

80〜90年代初頭のプロレスといまのバラエティ=お笑いは、
フェイクドキュメンタリーとして地続きではないかと
常々思ってるのですが、そのあたり
今度お会いしたときにぜひお伺いしたいです!

たけしさんの27時間テレビの狂気ぶりはここで見れます。

http://jp.youtube.com/watch?v=GWzVIrMdMos

講談社キング 小林司拝

Quantum Leapにて、
出井伸之さんにお目にかかる。

出井さんは、相変わらず、
まるで日本中の元気代表のように
元気であった!

大場葉子さんと、浅草まで
移動しながら打ち合わせ。

『トゥープゥートゥーのすむエリー星』 
の手書きのポップを描く。

埼玉県春日部市へ。

「脳とボランティア」という
テーマで講演。

帰りの電車の中で、うとうとする。
地下鉄をぜんぶうとうとしながら
移動する。
どこかで仕事をしようと
思ったが、
やっぱり歩こう、と思って
夕方の街に出た。

最近、歩く暇さえもなかった。
何でこんなに仕事に追われているのだろう。
今年は、仕事は断ろう、と思ったのに、
気付くと追われている。

くそお、負けないぞ!

やさしい風に吹かれていると、
いろいろとエッセンシャルな問題が
無意識の中から「おれたちのことを
考えろ」と浮上してくる。

気持ちの良い、小さな公園が
見つかったので、仕事を
しようと腰を下ろす。

やっとここにたどり着いた。

すると、「待っていました」
「うれしい!」とでも言うように、
蚊がもやもやもやと飛んできた。

一匹や二匹ではない。十匹くらい
とんできた。

うわあ。

蚊に刺されるということについては
子どもの頃から野山を駆け回っていて
耐性が出来ている私ではあるが、
用件が終わったら退散した。

仕事ストライキをしてふらつき
歩いた束の間の夕方の街。
最後に待っていたのは
小さな野生であった。

ソニーコンピュータサイエンス研究所
の創始者の所眞理雄さんを
囲む会。

所さんと奥様、研究所の有志で懇談した。

レストランの天井から下がるランプが
光のクラゲのよう。

そんなことにやわらかな関心を向けたのは
久しぶりのことだった。

7月 31, 2008 at 07:58 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たどり着いた:

» 希望の光が充満し トラックバック 須磨寺ものがたり
初対面の方と会うのは、 緊張感もあるが、 少しでも自分にとって刺激となる人であればと、 期待感もあり、会うのが楽しみである。 [続きを読む]

受信: 2008/07/31 9:49:48

» さんま師匠、すごいな・・・ トラックバック にたろうの退屈な日々
いやあ、27時間テレビ。さんま師匠、声も枯れて、死にそうな顔してるけど・・・それでもきっちり笑いとるもんなぁ。ここまで来たら芸人魂やな。すごいわ。やっぱり。驚きというよりすでに感動。周りに対する気遣いもやはり一流。あなたがやっぱり日本一です。恐れ入りました若手も笑いに対するこの貪欲さを見習え!(とくに東京の「芸のない」芸人たち!) Amazon.co.jp ウィジェットFNS 27時間テレビ 2008 #02はねるのトびら短縮鉄道の夜in27時間テレビFNS 27時間テレビ...... [続きを読む]

受信: 2008/07/31 22:25:27

» 一つの生命体 トラックバック Tiptree's Zone
 キャサリンは、右耳の後ろにあるインプラント・プラグにコードを差し込みコンピュータにログインした。それは脳を含む人間の全神経系とコンピュータとを直接的につなぐインターフェイス。そして、人一人が入れるほどの大きさのカプセルに入った。カプセルが完全に閉じられ....... [続きを読む]

受信: 2008/08/01 2:50:35

» 朝の声・・・ トラックバック Little Tree
6時前に目覚めて、PCの前に座ります。 窓を開けると…いく種類かのそれぞれに違う鳥の声が、響いています。 階下からは、洗濯機の水音が聴こえて、さらに耳を澄ませると… こんなに早くから、お家の前をお掃除している 「サッ サッ」という箒の音もしていますね…... [続きを読む]

受信: 2008/08/02 8:01:29

コメント

「くらげ」で思いだしました。

深い意味はないのですが、
とても感動したのを伝えたくて。

液体窒素を生成した後、液体窒素を保存する容器に
液体窒素を移し変えるとき、

容器内の温度の高さによって、突沸が起こりながら、新しく上から注ぎ込むものにぶつかって、

とても不思議な
くらげがそこに現れます。

機会があったらいつか見てみて欲しいです。

投稿: | 2008/08/09 20:38:38

茂木先生 こんにちは♪
ランプの画像ですけど、大きな宇宙船から、ばらまかれた、小型のUFOみたいです!地球上にたくさんばらまかれて、地球を侵略しようとしています!そんなふうにみえました。あのランプみたいな小型偵察船が、青や赤や紫の光を出して、クルクルまわりながら降りてきたら、綺麗でしょうね~!自分の中で物語が出来てしまいました♪

投稿: | 2008/08/03 2:00:59

照明が 幻灯機みたい
、何となく

投稿: | 2008/08/01 0:47:40

茂木さん、こんにちは。

タイガー・ジェット・シンは、やはり悪役レスラーとしては傑出していましたよね。それまでの悪役と完全に水を空けているという感じでした。アブドラ・ザ・ブッチャーもすごかったですけど、ブッチャーはキックされてダメージを受けているときなど、ウ~、とか何とかうなりながら相手をにらむときの上目使いが何ともかわいらしかったのでした。シンは入場のときから歯をむき出し、頭を振り、サーベルを振り回し、パイプ椅子を投げつけ、もう、やりたい放題で・・・。

「だから、あれは、そういう役回りでね・・」あ、また、世の中のことを何でも知っているオトナの人が出てきそうだ。逃げろ!大切な思い出のイメージを壊さないでくれ!

「創造は思い出の中より」ですね。(この間のスタパの録画、本日、拝見させていただきました。)最近、つくづく、そう思えることが多く、ソッコー共感でした。

先般の森内ー羽生戦にも考えさせられるところ、多く、すさまじかったです。

森内さんも、羽生さんも、過去何千局、何万局という棋譜が頭に入っていて(記述された世界)、その上で、控え室がどよめくような、今まで、だれも指せなかった手を繰り出すというところが「不可視の領域」ですね。まさに「仮想」空間を浮遊する感じでしょうか。

既にある定跡、コードを超えて、というところで言えば、まさに「場外乱闘」の世界に身を置いているということになりますね。既にある文脈の中でしか手を指せないとき、それは、すなわち、負けである、というプロ将棋とタイガー・ジェット・シンが何とも響き合ってしまいました。

そして、「やさしい風に吹かれ」ながら、難問を考えおられる茂木さんにこそ、既存の科学的文脈(コード)をぶち破る”cool breeze”であってほしいと思うのです。

「この敵はものすごく強大というか・・勝てないというか、むずかしいと思います、覆すのって。」(「こころと脳の対話」より)

もう、こうなったら、「場外乱闘」「奇手連発」の世界に「敵」をひきずり込んで、ラストのきわどい一手差勝ちへ持ち込んでください。やはり、「象牙の塔」の中で「重箱の隅」をつついているやつらに勝ちを与えることはできない・・・。

投稿: | 2008/08/01 0:46:04

森達也さんとタイガー・ジェット・シンが会った時のお話し。紳士的に話してたのに…ど、どうなったの??
森達也さんは、何故シアワセそうな顔してらっしゃったのですか???

都会の中にある小さな、けれど緑溢れる公園…素敵ですね。緑に癒されます☆

「無意識の中の考え」も木々の間を抜けてくるみずみずしい風に吹かれながら…たどり着く。良き場所。癒してくれる場へ運ばれる。。

都会のオアシス=茂木さんの心のオアシス=蚊達のオアシス!(^O^)
こ〜んな式が出来ました。
それにしても、蚊の軍団。私、想像しただけで、うひゃあ(^o^; って感じです

投稿: | 2008/07/31 22:06:07

こんばんは。ここのところ、朝夕は案外涼しい日が続いています。

エッセンシャルで大切な問題に向き合われる暇がないくらい、毎日お忙しい茂木博士に、ギャップ・イヤーとはいえないけれど、せめて一日だけでも、あるいは1週間だけでも貴重なお休みの日が訪れれば…。お気持ち、お察し致します。

私はお盆休みを取るのも難しいほど、8月に入っても仕事三昧です。

今年はその盆休みがとれたら、自分のやってみたいことにジックリ取り組んでいこうかと考えています。

ところで茂木さんも、公園の、緑の小薮に潜みし蚊の軍団に襲撃されたとのこと。最近は温暖化の影響で、熱帯性の蚊が上陸するかもしれないといわれています。

この野生の小さな吸血飛行団の襲撃には、我々としても極めて耐え難いものがあります。刺されると当然、えらく痒くなりますし…。(苦笑)

蚊といえば、蚊取り線香の出番ですね。子供の頃、ブリキ製の蚊取り線香立てに線香を取りつけ、それを白い皿に置いて火をつけると、先が赤くなり、ドンドン燃えて、最後にはねずみ色の灰が残ったのを思い出します。

豚型の陶製の蚊遣りも使ったような記憶があります。

しかし何時しか我が家では、蚊取り線香は使わなくなり、マット式やリキッド式の電子蚊取りにとって代わられました。

そういえば、小学生時代の夏休み、両親の郷里に帰省したとき、大きな蚊帳の中で眠ったことがあります。蚊帳も何だか涼しげで、いいですね…!

…何だか“蚊”にまつわる話ばかりになってしまいました。申し訳御座いませんでした。

明日から8月ですね。烈日の気候が続くゆえ、くれぐれも御自愛下さい。

投稿: 銀鏡反応 | 2008/07/31 22:04:31

小さな野生で束の間の自然を満喫した、風のような茂木先生へ

最近ふと気が付いたのですが、そして今日の新聞の読者の投書で、私の考えたことと同じことをおっしゃている方がいたので、私の脳内現象じゃない、って思ったのですが。。。。

いつもなら、とっくに聞えているはずの、あの夏の真っ盛りに、更に周囲を暑苦しくさせる、ミーンミンミンミンミーンという蝉の声が、まるで聞えないのです。

今年はどの蝉も成虫にならないエアポケットの年なのでしょうか。。。?3年とか5年とか。。。17年とか?(は北米の蝉ですよね。。。)
茂木先生が蚊を喜ばせた、オアシスのような公園には、蝉君はいましたか?


追伸:応援してるから、負けないでね。

追追伸:でもやっぱり無理はしないでね。

投稿: | 2008/07/31 21:18:10

こんにちわ

私の場合、蚊が一匹でもパニックになります。
寝ているとき、「プ~ン」と、言う音がすると、すくっと起きて、蚊取り線香を焚きます。

子供の頃、燃えている蚊取り線香を見ていると、蚊取り線香の燃えている部分に蚊が落ちてきた事が4、5回ありました。あれは何だったのだろうか?(^^)

投稿: | 2008/07/31 18:28:01

茂木さん、こんにちは
暑い中、お仕事お疲れ様です

「帰りの電車の中で、うとうとする。
地下鉄をぜんぶうとうとしながら
移動する。」

日頃のお疲れが溜っているのですね~!
むむーーん、、、こんなとき、
何もできないのは茂木さんファンとしては
辛いところですが・・・

「若甦(じゃっこう)」という漢方系の
栄養ドリンクがあるのですが、
疲れて疲れてどうしようもないときは、
こちらの栄養ドリンク、お勧めしますよ!!

東京でめちゃ忙しく、
平均睡眠時間2~3時間しかとれないことが
私もあったのですが、
疲れがたまって40度の熱が一週間
薬を飲んでも病院に行っても
引かなかったとき、
若甦を飲んで、一発で治りました★
ネーミングからして強力ですよね(笑)
漢方系なので、
置いているお店は少ないのですが、
通販でならすぐ入手できますよ★
http://item.rakuten.co.jp/nigawa/c/0000000176/
(回し者ではありません(笑))


「気持ちの良い、小さな公園が
見つかったので、仕事を
しようと腰を下ろす。」

蚊に好かれるのは大変ですけど、
やっぱり自然が少しでも感じられる中でのお仕事は
気分も変わっていいですよね★

しっかし、まあ・・・
走っている茂木さんや、
地下鉄でうとうとしている
茂木さんに出会える首都圏の方は
うらやましいですなあ。。。

今日は、
東京の友達と電話で話すことが多くて・・・
友達から
「また東京に戻っておいでよ!」と言われました。

地下鉄で、うとうと茂木さんが見れるなら
東京にもう一回戻ってもいいかなあ、
なんて思いますっ(笑)

友達が、東京の日差しも
沖縄みたいに強くなってきてるよ、
暑いよ、と言ってました。
上京したばかりの頃、
東京はなんて暑いんだ!
って思ってました。

暑さの種類が違うというか。
都会的な暑さですよね。
風なし、室外機の熱風あり、
アスファルトの熱あり、
そのかわり
日差しは沖縄より柔らかかったのですが
今では日差しも強くなってきているとのこと、
茂木さんも
夏バテにはくれぐれもお気を付けくださいね。


一番最後の
夜の海にただよっているような
くらげみたいな照明。
癒されますね~~~(#^.^#)

池袋のサンシャイン60のプラネタリウムで
今もやっているかと思いますが、
http://www.sunshinecity.co.jp/sunshine/planetarium/detail.html
ヒーリング企画があるんですよ。
プラネタリウムでお星様をながめながら、
室内には
アロマオイルの香りと
心地よいヒーリングミュージックが流れてくるという、
癒しの空間でしたねえ。
何度も行きましたが、
これがあったから、
癒し関係のお仕事に興味が出てきたのだと
振り返ると思います。

東京にいながら、
自分の中の自然を思い出す、
唯一の場所だったような気がします。

茂木さんも、
興味がおありでしたら
ぜひ眠りに(笑)行ってみてください(笑)
よく眠れますよ(笑)


投稿: ももすけ | 2008/07/31 15:23:32

茂木先生 こんにちは♪
家の庭に夕方出ると、ゾンビのように蚊がわらわら出てきます。小さな蚊と、お腹にしましまがある蚊が、よく目につきますけど、小さな蚊のほうが、刺された時にチクッ!と痛いです。シマシマの蚊に思う存分血を吸わせると、お腹がだんだん膨らんで、血が透けて見えます(笑)飛んだ時もほんとお腹重そうでヘロヘロ飛んでいきます。次にまた血を吸いにくる時間を計ると、どの位持つか面白いかも知れませんが、まだやっていません(笑)次回挑戦?
蚊が刺す時は、あまり痛くないので、注射針の仕組みに研究されているそうですけど、自然から学ぶことは多いですね。私も自分独自の実験?をして自然と触れ合って行きたいと思います(笑)毎日、野生?に囲まれた生活ですからそれを存分に楽しみたい?と思います♪

投稿: | 2008/07/31 14:04:23

忙しい中でも常に自分を失わず、美しいものを感じる心の余裕を持つことは凄く大切な事だと思います。私に比べ、数百倍(!笑)多忙な茂木さんかと思いますが、ゆとり(感性)を持ち直す事が出来るのは、心のキャパシティが十分にあることであり、またそのキャパシティは幼い頃蚊に刺されながら(笑)野山を駆け回っていた時に培われていたものなのだろうなと拝見しました。ランブの写真、とても幻想的ですね。一つのお話が"創れ"そうです。

投稿: | 2008/07/31 14:03:56

茂木さん、今日は。「脳とボランティア」の講演は私もお聴きしたいです。ボランティアをしている時のドーパミンの出方が・・・とか、おっしゃっているのでしょうか?!私の愛犬は老人ホームへ行こう!というと飛びついて来て、キッスの嵐です。犬の専門家の方のお話によりますとどうやら犬もお役に立てているという喜びがあると言われます。その時、愛犬の脳は?犬も人間と一緒なのでしょうね。飼い主さんと一緒にお散歩をしている犬が尾を高く上げ、少し威張って、でも楽しそうに歩いている様に見える時は、犬の頭の中で「軍艦マーチ」が鳴っている。という方がいて、それは犬が尊敬している大好きなボスとお散歩が出来ている喜びから!らしいのです。愛犬を見ているとそんな感じがしてくるから、なんだか面白いです。「蚊」は、大敵。用件が終わった・・・
ということは、吸血されてしまった!ということですか~?(笑)私は何箇所か、愛犬と行くことの出来るカフェを見つけており、そこで原稿を書いたりしています。蚊が来ないテラス席でお茶もデザートも美味しくて、足湯まであるのにあまり知られていなくて、いつもガラガラなのです。(笑)このお写真、光りのくらげランプ?!なんとなくレストランのイメージを抱くことができました。カフェやレストランにあるひとつひとつのオブジェ等、大切なことですね。マネージメント能力を問われるところですね?!私はチャイニーズちょうちんのランプが結構、好きです。N・Yのタバーンオンザグリーンはこのチャイニーズちょうちんが何百もあり、と~っても綺麗でかわいい洋食レストランです。茂木さん、行かれたことがあるかもしれませんが。映画でも時々、登場します
。このような空間でリラックスできたり、上質のサービスを受けたりすると嬉しくなりますね?!

投稿: | 2008/07/31 13:45:43

初めまして。“プロフェッショナル”いつも楽しみにしています。
先日、NHKを見て、早速ブログも拝見させていただきました。
今日の内容とあまり関係ないコメントですみません。
先日のお話で、毎日やることの大切さ、というのが身にしみてます。
日々、同じサイクルで繰り返される事がいかに大事で大切な事か、
今は、育児が私の生活の中で最も大きな軸ですが、
単調に、でもものすごい速さで一日が過ぎる毎日です。
仕事も、来月から少しずつ始めます。
やきものをやっているので、時間割は自分で決められますが、両立となるので少し不安です。
でも、先日のお話を聞いてから考え方を少し変えて、仕事にも迎えるような気がしてきました。
ありがとうございました。
日々のコト。大切にしていきます。
私も、ブログをやっていますので見に来て下さい。

投稿: den | 2008/07/31 11:57:54

Dear Dr.Mogi

Recently I have been feeling that you are a indispensable person in Japan now.
Although you have to spend hard time, you may have very little choice.
I'm sorry that I told what one wants...

Whenever I touch your words and thinking, I can't help but be impressed.

I hope everyone have a great day !!

投稿: | 2008/07/31 10:53:47

蚊!
最近、いやに多いですよね。時間を見つけては遊歩道を散歩するのですが「待ってたよ」と言わんばかりに寄ってきます。これも温暖化のせいでしょうか。

先日テレビで天才バイオリニスト「五嶋くん」(下の名前忘れた)のドキュメントを観ました。

すばらしい演奏もさることながら20歳のきらきらさが眩しくて50をとうに超えたおばさんの心をわしづかみするには十分でした。

その彼が今の日本を憂いていました。
「美しいのに・・・、このままでは日本は駄目になってしまう。国民の事を考えていない」。こんなニュアンスです。

二大政党といっても民主党は頼りない。では今の政権では心もとない。
このままでは日本は破綻します!

茂木さん、どうしたらいいの!!教えて!


投稿: | 2008/07/31 10:51:01

茂木さん、連日、本当にお疲れ様です。 京都での講演の際、ご様子から、今日綴っておられた心境を少し感じておりました。 長年、取り組み親しんだ曲を、場所は違えど、続けて、ただひたすら続けて演奏する。そこに生まれるのは心地良い疲労感ではなく、摩擦によってすり減った様な感覚。私自身が仕事ストライキを決行したい衝動にかられる時の状態です。 茂木さんが公園に行かれたのは、導かれたのですね、小さな野生と出会う為。人間を心から癒してくれて目覚めさせてくれるのは、野生、そして、いにしえの諸々の恩恵。それらを心から感じた時、また再び奏でたくなりますね。

投稿: | 2008/07/31 9:39:52

何処まで続くぬかるみぞ・・・・・と、擦り切れ症候群のような時期もあったっけ。  休ませて――――――――!!ッ  と叫んでも、何故だか、ちっとも休ませてもらえなかった。周りが熱かったのかな?  わからないけど、いろんな時期があるらしい。  あれは、家住期、今は、林住期の入り口をもたつきながら、抵抗しながら、ウーン!!  なんとか自分を納得させなきゃいけないのかと、ソウ! 変容させながら、生きてます。  生き抜く事が大切だ。時には、東の空に原初の光を見てしまったりしながら。茂木さんの野生に共鳴しながら。

投稿: | 2008/07/31 9:16:30

茂木さん、おはようございます。
『くそお、負けないぞ!』
茂木さんの魂。
茂木さんが負けるわけがない!!

投稿: | 2008/07/31 9:13:28

コメントを書く