« かくも長き不在 | トップページ | トカイとサンテミリオン »

2008/07/14

皇太子、雅子妃への手紙

皇太子、雅子妃への手紙
茂木健一郎 
『「世界を見た」お二人へ』

文藝春秋2008年8月号

抜粋

 私自身の英国留学中、印象深いエピソードがあった。雅子さまがハーバード大学を卒業し、さらにはオックスフォード大学にも留学されたという話をした時、親しい友人が「ああ、彼女は世界を見たんだね。」と言った。
 ここに、「世界を見る」とは、自分自身の固有の文化背景を離れて、広くさまざな風物、多様な人々に接するという意味の英語の表現である。とりわけ、ハーバードとオックスフォードという卓越した知の中心に身を置いたということは、すなわち、地球規模で活躍する上で必要な素養を身につけられたと判断する、英国人らしい「カモンセンス」の表現であった。

全文は「文藝春秋」で。

http://www.bunshun.co.jp/mag/bungeishunju/ 

7月 14, 2008 at 06:22 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 皇太子、雅子妃への手紙:

コメント

こんばんわ。初めまして中学2年の女子です。茂木先生の研究には
大変興味があり、こうしてブログの方におじゃまさせていただいております。

さて私の通う学校では、科学の夏休み課題が今日発表されました。日本の科学者のレポートです…私はもちろん茂木先生についてですが…

すべての研究内容をレポートしたいのですが、そういう訳にもいかず…
一生懸命考え中です。

よしっがんばるぞ

Blogの文、興味あるので読ませていただきます。

いつも素敵な脳の話ありがとうございます。

神秘的世界です。

投稿: こはる | 2008/07/14 21:00:04

コメントを書く