« インターネットと青山二郎 | トップページ | 伊勢 »

2008/06/01

『トゥープゥートゥーのすむエリー星』広告

毎日新聞社刊
『トゥープゥートゥーのすむエリー星』
新聞広告

amazon 

6月 1, 2008 at 05:48 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『トゥープゥートゥーのすむエリー星』広告:

» 都市3 トラックバック Tiptree's Zone
 ホーバーカーが減速を始め、そして停止した。その瞬間にこれまで真黒だったウィンドウが透明になり、燦々と降り注ぐ光に、コックピット内のネーオは包まれた。しばらく目がくらんでいたが、徐々にその明るさになれていった。ネーオはとりあえず外へ出てみることにした。オ....... [続きを読む]

受信: 2008/06/02 3:24:16

» トゥープゥートゥーの住むエリー星 茂木健一郎 トラックバック 須磨寺ものがたり
Amazon予約していたのが、 一昨日着いて、 「トゥープゥートゥーの住むエリー星」 茂木健一郎を、 早速読んだ。 [続きを読む]

受信: 2008/06/02 10:42:44

コメント

梅雨ですね。

来週にはいって、
実家の九州へ里帰りしてきます。

まだ買えるかなあ。
飛行機の中で読もうかと思っているのです。
『トゥープゥートゥのすむエリー星』
ジャーン!!!


英語版ブログにより、さらに柔らかく鋭利で、独自の知にとんだ記述。
またの文脈では、
特有の包み込む優しさが溢れでている記述。嫉妬してしまうほどのコメントの数多く。
茂木先生のクオリア日記がみなをそう導くのですね。
感覚ばかりが唯一の自身は、あえて一つではない答えを求めない。学ぶ事が今こことしたら、つづく事に明るい未来がと想う。

投稿: | 2008/06/04 2:15:18

今日、茂木さんのサイン会の整理券が取れました!夫と友人も一緒に行きます。今から楽しみです。それから茂木さんの1番弟子の方がご結婚をされたのですか~。感無量でしょうねブライダルパーティーでよく耳にするのは吉野 弘さんの“祝婚歌”(大好きです)それから四月のプロフェッショナルで茂木さんがおっしゃっていた「相手が変わる事を望むより自分が変わる」「どんな人でも良い所はある、だから良い面をみて…」という言葉には説得力が!私も茂木さんとほぼ年齢が一緒なので同感です!1番弟子の方のご結婚おめでとうございました!

投稿: | 2008/06/01 22:16:11

綺麗な表紙ですねぇ!とてもいい感じ!
博士が描かれたのかと思いましたら、ご友人の職業画家の方の作品だったんですね。
先日、東京芸大のバウハウス展を見てきました。学生時代の研究室の教授が芸大出身の彫刻家でした。そのせいか自由に好きなことが出来る環境でした。
今日では、バウハウスの素材研究の形態が素朴過ぎるとも、時代を経た新たな発見との出会いとも言える、交錯する感覚にひたり、創作意欲を抑えられずに展示室を出ました。

投稿: Nezuko S | 2008/06/01 18:55:57

朝起きたら、久々の晴天。昨日までの鬱陶しい雨空はどこへやら、今日は一転して気分も晴れやかになりそうだ。

さて今の時代、私達は、一見何不自由ないような世間で、常に何か欲求不満を抱えて、閉塞感にとらわれてしまっている。

これはよく言われることだが、あまりに物質的に豊かになりすぎて、心のなかに却って隙間風が吹くようになり、“どうせ未来は暗いんだ”などと、明るい未来のヴィジョンを描けずにいる。ある意味、底知れぬニヒリズムとルサンティマンに、私達は取り付かれている。

そして…そのニヒリズムとルサンティマンが、今を生きる少年少女たちの心にも暗い影を落とし続け、ケータイにおける「ネットいじめ」が原因の自殺など、今日問題になっている数々の悲劇を引き起こしているのではないか、と考えられる。

このような時代にこそ、何処までも「前向きな夢と希望」を志向し、優れた文人が溢れる空想の赴くままに描いた、ロマン溢れる物語が子供達に必要だと常に思う(もちろん、大人達にも!)。

そしてそんな物語こそが、イマドキのアニメなどよりも、子供達の心に遥かに大きな夢と希望の灯をともし、前向きに胸を張って生きる生命力を引き出してくれ、明るい未来の到来を信じさせる原動力になるものなのではないか。

茂木さんの処女作『トゥープゥートゥーのすむエリー星』はきっと、この大変な“今”という時代を生きている、多くの少年少女たちに、科学への憧れとともに、そんな夢と希望を与え、未来を明るく信じ、何があっても前向きに生きる、心の力を養ってくれる作品になってくれるに違いない。

…いやぁ、読む前からこんなに熱くなって、まことに申し訳ありません…。
7月6日の三省堂書店でのサイン会には、是非お伺いしたいと思います。

これから入梅の季節ですね。茂木博士、そして皆様、御体調には十分気をつけて下さいね。


投稿: 銀鏡反応 | 2008/06/01 10:35:50

茂木さん、おはようございます。
気持ちのいいお天気ですね。晴れは半ば強制的に気分が明るくさせられる(雨も静かであたしは好きですが)
光あるものに引きよせられるのは本能でしょうか?

「トゥ−プゥ−トゥ−のすむエリー星」
出版おめでとうございます。
23歳の茂木さんからの贈りものですね。
今日書店で見つけたら多分買っちゃうな。
サイン会まで待ちきれません!
楽しみです。

いろいろなことがひとつにつながっているなぁとしみじみ実感します。これまで本能が勉強しなければと感じても、動機が乏しく途絶えがちでした。
思考(志向)と行動が合ってくると、シンプルでいられるのですね。ラジオのチューニングのようです。
私から離れること、も強く実感したことのひとつです。
まだまだこれからです!!


ステキな1日を☆

投稿: | 2008/06/01 9:54:25

おはようございます茂木博士。
サイン会めちゃめちゃ先ですね〜♪もう買っちゃったけど、もう一冊買いに行きますね〜♪
でも…もうないかも…(:_;)

投稿: | 2008/06/01 8:03:56

コメントを書く