« 『すべては音楽から生まれる』19刷 | トップページ | 失敗ばかりのスポーツだから »

2008/06/27

かすかに漏れ聞こえて

しばらく前は真っ黄色だった
バナナが、時間が経つにつれて
茶色い斑点が出てきて、
「キリン」のようになった。

新種の「キリンバナナ」発見。

電通にて、自動車に関する
研究会。

NHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』
の収録。

ゲストは、
ヤクルト・スワローズの宮本慎也さん。

野球、そして人生に対する真摯な
姿勢が伝わってきた。

スタジオにいると、
副調整室からカメラマンやフロアディレクターの
山口佐知子さんに伝えられる指令の
声がかすかに漏れ聞こえてくること
がある。

昨日は、副調整室にいるデスクは
細田美和子さんだった。

細田さんは久しぶりにデスクに復帰。
おめでとうございます。
細田さん、これからも
よろしくお願いいたします。

山本隆之さん(タカさん)が
デスクに座っていた時は、
タカさんのちょっと高めの、
特徴のある声が漏れ聞こえて
きていたのだった。

名古屋放送局に赴任された
タカさん。

あのかすかなタカさんの声が
しばらくは聞けないのかと
思うと寂しい。

以前、『プロフェッショナル』
にゲストでいらしていただいた
木村秋則さん

http://www.nhk.or.jp/professional/backnumber/061207/index.html 

についての本『奇跡のりんご』
が幻冬舎から出る。

幻冬舎の増田(大島)加奈子さんが、その著者の
石川拓治さんと訪ねていらした。

チーフプロデューサーの有吉伸人さん、
デスクの柴田周平さん、日経BPの
渡辺和博さんとともに「二合目」
で懇談。

石川さんから、木村さんのエピソードを
いろいろ伺って、心愉しい気持ちになった。

「中央公論」で連載してきた
「新・森の生活」の最終回のげ
原稿を送る。

さっそく、
井之上達矢さんから、メールを
いただいた。

From: 井之上達矢
To: "Ken Mogi"
Subject: 原稿ありがとうございました!
Date: Thu, 26 Jun 2008

茂木健一郎様


原稿ありがとうございました!
無事、
入稿させていただきました。


今回の締め切りは
『生きて死ぬ私』刊行からちょうど
10年ということで、あえて
『生きて死ぬ私』でも主要なテーマとなっていた
「記憶」についてご執筆をお願いしました。

茂木さんの思想を貫く志向性はやはり
変わらないのだろうか、
新たな知識(脳科学、芸術、文学その他の)
が吸収されたことにより、
思想はどれほど深化しているのだろうか、
などなど
あれこれ想像しながら
楽しみに原稿を待っていました。

しかし今日、
原稿を拝読させていただき、
私のもった感想は
予想していたものとはまったく違ったものでした。
「茂木さんがどのように生きてきたか。あるいはどのように変化したか」ではなく、
「絶対的に時間は流れたんだ」ということだけが、
突き刺さるように
心に入ってきたのです。

脳による記憶統合のシステムは、
インターネットに取って代わられつつある。

プライベートな「記憶」も、
ブログやSNSを介してネット社会へ
「移住」がはじまり、
そこで観測されないものは、
「存在しない」かのような擬制が
人々の心に生まれつつある。

これらは、
思想の土台を揺るがす出来事と
茂木さんは指摘します。

茂木さん一人がどう動いたか以上に、
人間全体を揺れ動かす大きな運動があり、
それに壊され、助けられながら、
人類の歴史が進み、
人類の思想が変化していく・・・・・・。

何と言うか、
茂木さんが日々感じていると思われる
「人ひとりではとても制御できないエネルギー」
自体を、原稿から感じたということでしょうか。

読み返すと、
冒頭の文がこうなっていました。

「私たち人間の精神活動というものが、
時代と共に異なる様相を見せて変化していくことは言うまでもない。」

「ミネルヴァのふくろう」は
すでに飛び立っているのかもしれません。


「新・森の生活」。
20回に渡り、
連載ご執筆いただき、
本当にありがとうございました。


今後とも何卒
よろしくお願い申し上げます。

中央公論新社
雑誌編集局「中央公論」編集部

井之上 達矢

6月 27, 2008 at 07:01 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かすかに漏れ聞こえて:

» 青い、青い、一本のきゅうり トラックバック 須磨寺ものがたり
昨日のこと、 「はい、これ」と、 その声の主は、 毎日のように顔をあわす、 Mさんであった。 [続きを読む]

受信: 2008/06/27 9:50:38

» オーナーさまからの感想メール(2) トラックバック 御林守河村家を守る会
梅の木オーナーさまからの梅採りの感想メールです。 (5)2008/06/03 (火) 10:59 昨日梅取りにお伺いさせていただきました会員番号**番の**です。 梅の実が鈴なりで15㎏をオーバーするほどでした。 少し枝が多すぎて取るのに大変でしたが、 女房はいつまでも取�... [続きを読む]

受信: 2008/06/28 6:01:54

» ミネルヴァのふくろう トラックバック 感性でつづる日記
「ふくろう(梟)は知恵の象徴」 小さい時にそう教えられた。 今も自分の机の上には [続きを読む]

受信: 2008/06/28 23:34:55

» 奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家木村秋則の記録 トラックバック ベンチャー企業社長の挑戦、そして苦闘
奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家木村秋則の記録 石川 拓治  本日、2008年7月25日発行の「木村秋則氏」の新しい書籍を、著者である「石川拓治」様より発行所である「株式会社幻冬舎」様経由で頂戴しました。まずは心より御礼申し上げます。  この書籍は「NHK プロフェッショナル 仕事の流儀」制作班の皆様の監修によるもの。「2006年12月7日に木村氏が出演された放送」では紹介できなかった内容が、この書籍で紹介されています。  少し、書籍紹介から視点はずれますが、私も2006... [続きを読む]

受信: 2008/07/25 23:39:04

コメント

茂木先生 こんにちは♪
「キリンバナナ」なんて夢があって、可愛いですね!風船に掴まって、月に行けそうです。私はバナナを見るとこの頃、女性の肌の一生を見る気がします(笑)最初は綺麗な黄色で張りもあり、ツヤツヤしていたのに、だんだんひとつシミが出来たと思ったら、あっ!と言う間に 肌はたるんでシミだらけ… 艶はなくなり、真っ黒です(涙)
な~んて、ほんと現実的ですね!なんだか急に、バナナを見ていたら、この頃思いつきました。あんなに綺麗でピカピカしていたのに、なぜ?と思い、なんでも時間は立つんだなぁ~と!バナナひとつで大袈裟ですね。でもバナナは大好きです!美容にもお腹にもいいです。「バナナの唄」も可愛いですね でも ちょうどよく熟せば美味しくなります。人間も同じでしょうか?熟したい?と思います

投稿: | 2008/06/28 15:24:43

十年を一足飛び。茂木さんの本質はお変わりないという事?
ここに生まれでた世界を肌で感じきる前に、ネット社会への移住・・していく・・。からだの左右が違う世界に浸ってしまう。
時間は絶対的に流れていく・・。無常・・。北極の氷は解けつつ。

投稿: | 2008/06/28 9:05:43

おはようございます茂木博士。


「タカさん」の声は暫く聞こえてくるのかも知れませんね。
共に高揚を共有した仲間には…独特の余韻が残るのですね。

「タカさん」と次に再開される時には、ご両人共健康でご活躍であります様に…


中央公論…最終回脱稿お疲れ様でした。
「ミネルヴァのふくろう」は…夕暮れを待たずに飛び立っている様に思います。
拝読するのが今から待ち遠しいです。


新種の「キリンバナナ」…
バナナはキリンさんになる前に召し上がられた方が…汗

そういえば漫画家の水木しげる御大は、「キリンバナナ」の方が甘くてお好きらしいです。

でもキリンさんは腐り始めですから…
黄色いゾウさんの内に、お召し上がり下さいね。

お腹壊しません様に…


今日一日良い日であります様に…
では(^O^)/

投稿: | 2008/06/28 8:20:19

           宇宙の気持ち  今  

 憂いているのか? 嘆いているのか?   

          真理普遍   普遍真理
          すべて    宇宙内 

          顛末記    一齣未 

          伝えてる   はっきりと   克明に
 
     

投稿: | 2008/06/28 8:14:51

・いわれてみると「キリンバナナ」。
小泉八雲(生誕記念企画展6月、源吉兆庵銀座ギャラリー)
ttp://junko-embassy.blog.so-net.ne.jp/2008-06-27
・古鏡展(漢・三国・六朝・隋・唐の古鏡)。
平安: 宋、五代十国、唐
奈良: 唐
飛鳥: 唐、隋
古墳: 隋、六朝、三国、(後漢)
弥生: 漢
ttp://www.gotoh-museum.or.jp/tenrankai/index.html

投稿: | 2008/06/28 6:17:02

茂木さん、こんばんは

井之上さんからのメール、
「時間が絶対的に流れていったのだ」
「人一人ではどうすることもできないエネルギー」

この二点が、とても印象に残りました。

私自身に置き換えて考えてみるならば・・・

この10年間、
絶対的な時間は流れ過ぎて行ってしまった。

もう、10年前に戻ることはできない。

その間、
失くしてしまったもの、去って行った人、
それらは数え切れないほどあり、

しかし、
私が存在する間、絶対消えないものを
沢山、手にすることもできた。

私ひとりでは
かつては考えられなかったほどの宝の山だけど、

世界が生きる方向でこれを使おう、と考えると、
まったく使い物にならないのも事実。

世界には、
様々な想念が飛び交っていて、
地球を見下ろすような形でそれを見るとき、
一つの大きな流れがあって、

その流れが
幸福の方向を指しているのか。
それとも不幸の方向を指しているのか。

その見通しは難しく
ただ
多くの人がインターネットの存在によって、
画一的な流れに
飲み込まれそうになっていることはひしひしと感じます。

その流れは個人の力ではどうすることもできず
下手に挑めば死を覚悟せねばならない、
もしくは精神の崩壊か。


ただ、私は、希望は何があっても捨てない、
そして、
同じく、
希望を見捨てない人が、沢山いること。

それを信じて歩み続けるしかないような気がします。

そうすれば
過去の偉人達の恩恵が今に受け継がれているように、

必ずや
未来に希望は引き継がれてゆくはずだと。

ところで、
新種のキリンバナナ
イヒヒ

私んちにも、いつもいますよ

なんでも、キリンバナナは、
脳内でセロトニンをたくさんつくってくれるらしく、

情報たくさんつめこみすぎたなーー
疲れたなーー

あとストレスのあるときも、

キリンバナナにご登場いただいております!!

おでかけのときも、
たいてい、キリンバナナ一人を必ず連れてゆきます(笑)


投稿: ももすけ | 2008/06/28 0:02:37

        制御できないエネルギ

   逸らせる力  悔い止める力     微調整あるのみ


          過不足なく の カリスマへ ☆

投稿: | 2008/06/27 22:45:30

ミカン色の空へ飛び立ったミネルヴァのふくろうの、行く手にはどんなモノが控えているのでしょう?

茂木さんの心のふくろうは、どんな物を見て、どんな物に会うのでしょう?

ぜひ教えて頂きたいです!
たぶん…温かく、明るいモノ☆と私は思います。

投稿: | 2008/06/27 22:06:02

キリンバナナ…バナナと斑点と足を描いてみる。足は割り箸風。見えました。
お盆に胡瓜と茄子で作るお供えに似てるナ。
私が描いたキリンさんは、振り向いたカタチ。


すごーく待つのを首を長くすると言いますが、キリンさんも首ながーいですよね。

振り向いたキリンさんは、向こうから歩いてくるキリンさんを見つけ、歩いてきたキリンさんも振り向いたキリンさんを見つけ、一緒に、歩き始めました。
ふたつの影も、ずっと一緒です。ずっとずっと一緒。

…こうだったら良いなぁ。

投稿: | 2008/06/27 19:04:18

茂木さん、おこんばんは。
「キリンバナナ」!
フフフ。
フッと肩の力が抜けた。
茂木さんは、タカさんと濃密な時間を過ごされていらしたのですね。泣けてくるほど切ないおもい。本気が伝わってきます。あたしもそうありたい。

投稿: | 2008/06/27 18:03:35

今日も暑いですね。時間の経過と暑さで新種?!のキリンバナナが誕生したのでしょうか?ネーミングがかわいらしくて、そのままトライフルというデザートに使えそうな感じです。残り物やケーキの時のスポンジの切れ端などで作る…PEIでもお馴染みのデザートですね?! 話しは変わりますが、中央公論の井之上様からのメールの内容、今、私にとって関心のあるインターネットについて書かれていました。早く読みたい気がいたしました。そして次回のプロフェッショナル、楽しみにしています!では 夏バテなどされませんように、お身体、ご自愛ください。

投稿: | 2008/06/27 16:31:33

こんにちわ

言葉の発生
文字の発生
印刷の発生
新聞の発生
ラジオの発生
テレビの発生
インターネットの発生

私たちは、リアルタイムで世界の情報を知り、一人ひとりが世界に情報を発信できるようになった。私が子供の頃、こんな世界があるとは思いにも思いませんでした。

ところで、私のフリーソフト「アイアイで視力回復」が「NHK趣味悠々パソコンソフト活用術入門」で、紹介されました。製作当時、私自身、パソコンで目が疲れるので作ったソフトなのですが、まさか、NHKさんに紹介されるとは、思いにも思いませんでした。(^^)

投稿: | 2008/06/27 15:57:03

コメントを書く