« 距離こそが永遠を | トップページ | かすかに漏れ聞こえて »

2008/06/26

『すべては音楽から生まれる』19刷

PHP新書
茂木健一郎 『すべては音楽から生まれる』
は増刷(19刷、累計14万4500部)
が決定しました。

ご愛読に感謝いたします。

PHP研究所の丹所千佳さんからの
メールです。

From: "丹所 千佳"
To: : "茂木健一郎"
Subject: 増刷のおしらせです


茂木健一郎先生

こんにちは。
いつもお世話になっております。

創造性のお話についての
最終章と「まえがき」「あとがき」のご執筆、
なにとぞよろしくお願いいたします。
8月刊行で進めますので、時間的にあまり余裕がございません。
できたところから、随時お送りくださるとありがたいです。

また、茂木先生のお話とご意見をもとに、
下原稿にはさらに手を入れてまいります。
「言われてみればその通りだ(でも、誰も言わなかったし)」
「見てはいたけど、わかっていなかった」
という「爽快な気づき」を読者に明示する本にします。

さて、今日はもう一点、
改めまして、増刷のご連絡です。
『すべては音楽から生まれる』は、
おかげさまで19刷を重ねました。
累計144500部です。
ありがとうございます。

音楽をこよなく愛する人はもちろんですが、
たった一度でも音楽に心揺さぶられたことがある人ならきっと、
この本から何らかの示唆を得ていただけるのではないでしょうか。

PHP研究所 新書出版部
丹所千佳

amazon 

6月 26, 2008 at 07:46 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『すべては音楽から生まれる』19刷:

» バッハの「マタイ受難曲」 トラックバック 須磨寺ものがたり
茂木健一郎さんのブログ「クオリア日記」に、 絵の力 ―延長された顔― 2008年6月22日 横浜美術館レクチャーホール、 講演の音声ファイルを聞いた。 [続きを読む]

受信: 2008/06/26 9:59:02

コメント

今日記を読ませて頂いてビックリ!しました。私昨日《すべては音楽から生まれる》を買ったばかりなんです!まだ途中までしか読んでないのでこれからじっくり読ませて頂きます♪私はショパンのピアノ協奏曲第一番を聴いた時は、心が震え、心が揺さぶられる、そうそんな感じがしました。家族の影響で小さな頃からクラシックはよく聴いていました。《運命》といえば、『ベートーヴェン不滅の恋』という映画は見られた事はありますか?茂木さん。少し私の中の《運命》=音楽室の壁にかかった怒った顔のベートーヴェン!でしたかその映画を見て《運命》印象が少し変わりました。長々とすみません。最後に都はるみさんの北の宿はこのピアノ協奏曲に似てますぇ☆

投稿: | 2008/06/26 22:41:04

コメントを書く