« サイン会(大阪、本日) | トップページ | プラトンの対話編 »

2008/06/16

今がいちばんうれしいときや

大阪の紀伊国屋書店梅田本店、
ジュンク堂大阪本店
 本当にたくさんの方々に
おいでいただきました。

 ありがとうございました!

 紀伊国屋では、
『脳を活かす勉強法』、
ジュンク堂では
『トゥープゥートゥーのすむエリー星』
にサインをしましたので、
店頭に並ぶものと思われます。

ジュンク堂のみなさんに
『トゥープゥートゥーのすむエリー星』
をよろしく、ということで色紙を
描きました。

 日本の政治史、文化史、芸能史において
多くのすぐれた仕事をされてきた
沖浦和光さんにお目にかかる。

 『トゥープゥートゥーのすむエリー星』
を丁寧に読んで下さっていて、
恐縮する。

 通天閣に始まり、大阪の下町を
沖浦先生に案内いただく。

 近くで生まれ、関連する研究を
続けてきた碩学にお話を聞きながら
見聞きすることは格別の体験だった。

 大衆演劇の小屋、
「浪速クラブ」にて、市川英儒一座
の公演『特別舞踊
生きる博多人形』
を見る。

 役者が踊り、佳境に達すると、
客席からファンがかけより、
胸元にお札をピンで留める。

 「今がいちばんうれしいときや」
と沖浦さん。

 一万円札を何枚も留める
人もいた。

 追っかけのファンのために、
大衆演劇の演目は、一ヶ月の昼夜公演の
間、毎日すべて変えるのだという。

 雨が降り出した。
 一つ250円の傘を買って、
夜の街をさらに奥へと入っていく。

 「ここは昔猫の皮をとる人が
いたところや」と沖浦さんが立ち止まった
神社には、近松門左衛門の碑があった。

The mind and body are regarded as belonging to different categories even today. Since the mind belongs to one category, and the body to the other, many people take it for granted that they obey different laws. In the case of mentality, people are not even aware of the existence of any "law" governing it. The "illusion" of the free will, maintained even today in the face of realization that all physical entities in the universe apparently obey natural laws, contribute to the reinforcement of separation.
In a continuation of the spirit of Newton, the only logical step would be to try to cross the borders and treat the physical and mental as obeying the same universal natural law. Rather than starting from the natural law that governs the physical, and then coming to face the mental as something extra to it, we need to start from an integrated treatment of both entities. The illusion of the free will needs to be somehow taken care of in the process. [65:Blessings of Science]

6月 16, 2008 at 07:58 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今がいちばんうれしいときや:

» 時間は繋がっている トラックバック 須磨寺ものがたり
今日、拙ブログにコメントをいただいた。 時折下さるその方は、 私の昨日の茂木さんのサイン会の興奮を、 自分のことのように喜んで下さいました。 [続きを読む]

受信: 2008/06/16 13:34:32

» カメラリポート トラックバック へなChoこ
茂木さんの日記の最後の方を読んでいて、昔NHKで放送されていた「カメラリポート」というタイトルの短いドキュメンタリー番組を思い出した。 [続きを読む]

受信: 2008/06/16 21:40:24

» げげっ!何もの!! トラックバック 御林守河村家を守る会
道の片すみに さらされていた昆虫の死骸です。 何ものでしょうか!? [続きを読む]

受信: 2008/06/17 5:52:09

» カフェマニア!あのボギーでさえも・・ 紫煙礼賛 編 トラックバック 旅籠「風のモバイラー」
♪レノンが流れるロック・カフェ あれも濡れもす予感 いろんな女CORNER 可憐 [続きを読む]

受信: 2008/06/17 8:12:14

コメント

脳を活かす勉強法を読みました。
大変参考となりました。

          海舟

投稿: | 2008/06/17 12:38:31

茂木さん

脳を生かす勉強法、大変参考になりました。
人に話をする際に話題に使わせて頂いています。

大衆演劇の話、興味深く拝見しました。

           海舟

投稿: やぎ | 2008/06/17 12:29:53

ジュンク堂のサイン会に参加しました。
京橋のIMPホールでの講演会以来、ひさしぶりに
茂木さんにお会いできると、
わくわくして伺いました。
自分の番がきてせっかくイラストを書いてくださっているあいだ
時間がありましたのに胸がいっぱいでなにも話せず、
ただただ、
描いてくださっている手をじっとみてしまっていました。
素敵な言葉と、イラストありがとうございました。

縁あって、この6月から小学校の学校図書館で
司書のようなもの(正確には図書館支援員)をしております。
これは、私の10年越しの夢の実現となりました。
茂木さんの講義を聞いて励まされ、
たくさんの著書
(難しくて読めなかったものもありますが。。。)
を読んでまた励まされ、ここまできました。
出会えたことに感謝です。

図書館便りで「トゥープートゥーのすむ・・・」を紹介します。
読んでくれるといいな。
腕の見せ所です。


投稿: | 2008/06/17 8:50:08

おはようございます茂木博士。


サイン会お疲れ様でした。
あぁ私も大阪のジュンク堂行きたい…


沖浦和光さま…
存じ上げなかったので調べてみました。凄い方なのですね。しかも誕生日は元旦…凄い…

著作を何も読んだ事なかったので、ネットで
「義理と人情 大衆演劇」
(2008年4月16日 読売 こころのページ)
を読みました。
義理人情なんていうと、“ウザい”って言葉が聞こえてきそうですが、「思いやり」の気持ちは時代に関係なく人間関係の基礎であると、素直に感じる温かい言葉で綴られています。
「もっとこの人のお話が聞きたい」と思いました。
1927年生まれだからこそ知っている世界。今の社会に潤いを与えてくれる時代を生きて来た沖浦和光さまのお話を、直接聞けた博士を羨ましいと思いました。


最後のお写真…
「お初天神」?でしょうか?曽根崎心中、読みたくなりました。義理人情の葛藤の世界ですね。


食い倒れ大阪では美味しいものを沢山召し上がられましたか?
脳と心のエネルギーマンタンにして、お仕事楽しまれてくださいね。
では(^O^)/

投稿: | 2008/06/17 8:39:28

茂木健一郎さん、はじめまして。みかん箱と申します。
NHK総合テレビの『プロフェッショナル仕事の流儀』という番組で、はじめて拝見してから、茂木さんのファンです。

『脳を生かす勉強法』、購入しました。私のは、第1版第7刷でしたー。私がとくに興味深く読んだのは、Brain & Study29と33です。図や絵も多く、たいへん読みやすかったです。また、写真では、茂木さんの日常風景が垣間見えたような気がして、すごくわくわくしてしまいましたー。


サイン会、すてきですね!あこがれます!!してもらうのも。(可能性があるのならば)してみるのも…。
私自身、3年前の某学会で、本の著者に直にお会いし、持っていた本にサインを書いていただけたときには、、もう本当に、うれしかった覚えがあります。


これから暑い日が続くかもしれませんが、お仕事がんばってください!応援しています。

投稿: みかん箱 | 2008/06/17 8:10:53

茂木さんも気付かれたと思いますが、大阪のキタ(梅田)とミナミ(難波)は、書店も含めて大きく雰囲気が違います。
吉本興業、たこ焼き密集地に自然に溶けこんでいるジュンク堂が好きです。

浪速、難波は万葉集、文楽、「王将の」坂田三吉など、歴史に満ち溢れています。このような固い基盤があるので、少々の商業主義ではミナミの雰囲気はかわらない。

以前はなんとも思わず聴き流していた、「王将」の一節、
<明日は東京へ出てゆくからは 何が何でも勝たねばならぬ>
が、近頃は妙に心に沁みる。


投稿: | 2008/06/17 1:52:26

今晩は…。

大阪でのサイン会、お疲れ様でした。

色紙のお写真を拝見しました。エリー星のイラスト、とても素敵ですね!

『トゥープゥートゥーのすむエリー星』が少年少女をはじめ、様々な年代にとっての“夢のベーキングパウダー”であって欲しいです。

大阪には、実は私も家族やご近所の方と一緒に見物に行ったことがあります。たしか1992年か‘93年頃の春かとかすかに記憶しております。

私達が見物したのは道頓堀や心斎橋付近で、「かに道楽」の例の動くかに看板や、くいだおれ太郎人形もその時初めて肉眼で見る事が出来ました。

また大丸心斎橋本店の、近江兄弟社を設立した建築家ヴォーリズの手になる、1920年代様式のすばらしい意匠のエレベーターホールも見学できました。

通天閣といえばあの巨大な鉄骨の塔と「浪速の下町」というイメージが思い浮かびます。何時か再び大阪を訪れられれば、是非立ち寄って見たいと思います。

大衆演劇で思い出したのですが、私の地元ちかく商店街に「篠原演芸場」という芝居小屋がずっと昔からあり、いろいろな大衆劇団が演目を披露してきています。

小さい頃、最寄駅に来ると構内に「○○劇団来たる 場所:篠原演芸場」というポスターがよく貼ってあったのを覚えています。

それにしても大阪には東京よりもまだまだ、庶民的なパワーに満ち満ちていると感じる。

吉本のお笑いは、大正元年、通天閣の近くで呱々の声を上げたと聞いている。

近松も、西鶴も、庶民の活気が溢れる大阪で傑作を生み出し続けた。

あらゆるものを生み出し、またあらゆるものをのみこみ、自分のものにしていくエネルギーが、大阪には力強く渦巻いているように思える。

長文乱筆何卒お許し下さい。

投稿: 銀鏡反応 | 2008/06/16 23:16:03

 猫の皮をとる人というのは、三味線用の猫の皮をとる人のことでしょうか。
 僕が子供のころ、既にそういった人たちの生業は成り立たなくなりつつある、というのをNHKのカメラリポートという朝の番組で見た覚えがあります。
 
 今はどうしているのでしょうか。

投稿: | 2008/06/16 19:17:58

こんにちわ

色紙の写真を見て、トゥープゥートゥーって、あんな生き物なのか??、と、思いました。


茂木さんも、講演中、サクラを使って、胸ポケットに一万円札を詰めるようにすれば、ある意味面白いのでは?(^^)

投稿: | 2008/06/16 17:45:33

こんにちは。
はたまた記事とは関係のないはなしですみません。
ひらめき脳、読みました。
そこに出てくる夏休みが~、なのですが、
私は絵日記だと思いました

投稿: | 2008/06/16 15:18:09

茂木さん、こんにちは

茂木さんのお話やサイン会、毎回皆様のコメント読ませていただくと、
とってもエキサイティングで楽しそうですね

思考の補助線で、茂木さんの燃えるような情熱にフラフラになった私の場合、
生茂木さんのお話は、インパクトが強すぎて、倒れてしまうかも知れませぬ(笑)

トゥープゥートゥーの住むエリー星のイラスト入りサイン、いいですね
トゥープゥートゥーが、可愛いです!!
目がぐるぐるのところやお手手が添えられているところがなんとも言えません

機会があれば、ぜひ私も茂木さんのお話うかがいたいです、サインもいただきたいです!


沖浦和光さんの本の読み込み方、見習わせていただきますm(__)m
あたりを見渡せば、
今読みかけの本が何冊もあちこちに置いてあります(@_@;)
落ち着いて、一冊の本を熟読することも大切ですよね★

大阪は一回しか行ったことないのですが、
東京では、大阪出身の友人がたくさんできました。
大阪の方とは、気が合うことが多いです~
今でも交流のある友達は大阪出身の方が多いです。

大衆演劇の写真からは、
大阪のパッションが!伝わってきました。
熱い!ですね☆

投稿: ももすけ | 2008/06/16 11:53:14

はじめてコメントを書きます。
河合隼雄先生から、クオリア日記にたどりつきました。
「物理の散歩道」(ロゲルギスト)の記憶に残る個所・・・
”大豆を電車の形の箱に入れて、ザーッとドアのところから出すと、その動き方は、人間が電車から降りるときとほぼ同じ・・・”
クオリア日記のグラフを見て、ふっと思い出しました。
それから今日まで、少しずつ、クオリア日記の内容と、私の頭の中で考えていることが、寄り添ってきているように感じています。(茂木さんの深め方には、遠く及ばないですが・・・)
"the same universal natural law"
なんだか、わくわくします。

河合隼雄先生のもとで、箱庭をされたのですね。
コラージュも、箱庭に似ていて興味深いですよ。

投稿: | 2008/06/16 10:36:15

茂木さんの日記から、
大阪の人たちの人情とかパワーを感じながら。


私が回り道して戻ってきた気持ちの原点。
そこから…そこを大切にし、感じた方向へ一歩一歩進もうとしている今。

これが、今の私には一番うれしいとき。

頑張れ!って言われてる感じです。

投稿: | 2008/06/16 8:47:14

コメントを書く