« 朝日カルチャーセンター 脳とこころを考える | トップページ | まだまだ歩きながら »

2008/06/13

金寿煥さんからのメール

金寿煥さんからメールと写真が
届いた。

From: "Kim Suhan"
To: "Ken Mogi"
Subject: オレンジの街灯(新潮社 金寿煥)
Date: Wed, 11 Jun 2008


茂木様

 あらためてスコットランド取材おつかれさまでした。
 こちらも半ば強引に日常に引き戻されましたが、
 どこかまだフワフワとした時間を過ごしております。

 印象的な風景を彼の地でたくさん見たはずなのですが、
 一番記憶に残っているのが、
 ボウモアホテルを出てタバコを吸っているときに見た、
 何でもない通りに並んでいたオレンジの街灯なのが不思議です。
 すでに陽は落ち、しかしまだ空には少しのブルーが残っていて、
 そこに街灯のオレンジがやさしく通りに彩りを添えている風景。
 茂木さんの原稿をいただいた後だからでしょうか。
 
 はたして茂木さんの中では、
 どのような風景が記憶に残っているのでしょうか?
 かなりハードな日程を強いてしまいましたが、
 日本で極忙な日々を送る茂木さんにとって、
 一服の魂の清涼剤になるような、
 スコットランド取材旅行であるように……
 と思ったのも、また偽りのない気持ちでございます。

 それでは、引き続き、「考える人」、
 そしてまた、新書でも(またぜひ!)
 お付き合いいただけるよう、最後にあざとくお願い申しておきます。
 
 新潮社 金寿煥 

 

6月 13, 2008 at 02:27 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金寿煥さんからのメール:

» At The Edge トラックバック Tiptree's Zone
I am at the edge of chaos. Physically and mentally. Whether or not that a wonderful world will be spreading out over there depends upon me for large degrees. BTW, today, I appreciated transparent music at the edge of transparent space. Completes. ... [続きを読む]

受信: 2008/06/14 9:14:05

コメント

はじめまして。今日は茂木さんにお礼が言いたくてメールアドレスを探した所、このブログにたどり着きました。早速、金さんのお手紙を読ませて頂いたのですが、爽やかなすがすがしい気持ちにさせられました。まるで自分もスコットランドに旅したかのような…。さて本題ですが、今日音楽番組に出演中の、茂木さんのお話を聞いて目からウロコでした。「言葉も音楽だと思って喋ってみれば、会話が楽しくなる」と。‥私は人一倍恥ずかしがり屋の緊張しいですが、音楽には多少自信があり、今日その話を聞いてから好きな人に思い切って電話をしました。相手の言葉のリズムに乗せるように話をすると、今までの緊張がうそのように楽しく会話出来たんです!!もう嬉しくって嬉しくって、茂木さんに一言ありがとうと言いたかったんです。これからもこの調子で色々な人と会話を楽しめたら…って思います。本当にありがとう茂木さん

投稿: | 2009/04/19 0:17:48

スコットランドの旅の思い出のひとつにオレンジの街の灯…茂木さんを始め、皆さんの心は満たされていて、またウィスキーと素敵な輿水様に酔わされて浪漫の世界へ心(脳?)が動かされていたのでしょうか…。外国への旅は異なる文化が何よりも印象に残ったりするものですね?!私は最初の海外旅行でN・Yのぶら下がり信号機を見た時の事が忘れられません。パリのカフェで朝からお酒を飲む人々の多かった事、デス・バレーで熱風に堪えられず本当に死にそうな熱さを体感した時、周りの風景などは記憶の外。熱風で壊れたカメラを見る度に思い出します。

投稿: | 2008/06/14 8:57:33

おはようございます茂木博士。


オレンジ色の街灯のお写真…金さまの文章をお読みしながら、改めて眺めてみました。叙情的で和みました。

博士との2SHOT…まるでご兄弟の様に見えてしまいました。 微笑ましい一枚ですね。

ありっ?博士咲いちゃいましたか?(^_^)ユニークなアングルです。モチロン画像保存しちゃいました♪

金さまの二枚のお写真…お茶目でロマンティックな所にひかれます。
メールやお写真、またの機会を楽しみにしています。o(^-^)o
では(^O^)/

投稿: | 2008/06/14 8:03:42

金さんの風景描写に、ゴッホの「夜のカフェテラス」を思い出しました。スコットランドは海に囲まれていて、その海には厳しさが漂い、近くの海岸でも台風の後の海の色、波、あたりの複雑な無彩色にも魅かれてしまう私には、夢のような地に思えました。
お花の中の博士は、とても可愛くて(ごめんなさい)、カメラの手を取れば、絵画にしてしまいたくなる構図です。

投稿: Nezuko S | 2008/06/14 7:04:37

茂木さん
オレンジの街灯は、
金さんはじめ、たくさんの皆さんの心に残ったようですね!

そして茂木さんは、
たくさんの素晴らしい方、優しい方々に囲まれていらっしゃいますね♪
金さんも山本さんも、茂木さんの宝物ですね~~~

のだめカンタービレの千秋とSオケみたいだ!と思ってしましました。
そういえば茂木さんて、
タイプ的には、千秋真一ですよ!!
科学系の千秋真一・・・・・
むは~~~!また妄想してしまいました(爆)、すみません!

のだめの千秋の周りにも、
たくさんの素晴らしい仲間が集まってきますが、
茂木さんの周りにも
たくさんの素晴らしい仲間が集まってきますね!
素敵だなあ・・・

投稿: ももすけ | 2008/06/14 6:44:12

『考える人』:好きな雑誌筆頭、No.25心待ちです。
カイラス2号ttp://kailash.cocolog-nifty.com/

投稿: | 2008/06/14 6:30:59

お花畑から顔をのぞかさせている写真、かなりお茶目です。いい写真ですね!

投稿: | 2008/06/13 22:48:28

オレンジの光に包まれた金氏と茂木先生。
似ています。素敵です。
同じ色、同じ空気、同じ波長に包まれておられるのでしょうか。

お花の中から出て居られる写真でプレーリードッグを
思い出したのは、私だけでしょうか。
はたまたコロボックルの化身でしょうか。

ずっとオレンジの発光体でいらっしゃいますように。
まあ、玉虫色でもいいのですが。。。

投稿: 茂木先生崇拝者 | 2008/06/13 19:12:31

コメントを書く