« 片道切符の旅 | トップページ | きりんのふるさとは月なのです。 »

2008/04/22

プロフェッショナル 吉田憲一

プロフェッショナル 仕事の流儀

不屈のリーダー、極寒の荒海へ

~ ファクトリーマネージャー・吉田憲一 ~

 吉田憲一さんの厳しい生き方に
背筋が伸びる思いだった。

 人が自然についていきたく
なるリーダーのあり方とは
何か。

 「現在の技量が問題なのではない。
人間性がしっかりしていれば、
その人は必ず伸びる。」

 吉田さんの言葉が深い真実を
私たちに伝える。 

NHK総合
2008年4月22日(火) 22:00〜22:45

http://www.nhk.or.jp/professional/

すみきち&スタッフブログ

Nikkei BP online 記事
圧倒的存在感で部下を引っ張る
〜水産加工船ファクトリーマネージャー 吉田憲一〜
(produced and written by 渡辺和博(日経BP))

4月 22, 2008 at 06:24 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロフェッショナル 吉田憲一:

» ファクトリーマネージャー(水産加工船工場長)の吉田憲一 トラックバック アグハブログ!
4月22日のNHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』は、水産加工船工場長(ファクトリーマネージャー)の吉田憲一(吉田健一ではありません)さんが出演。吉田さんはアメリカのワシントン州アナコーテスに本社を置くAla...... [続きを読む]

受信: 2008/04/22 16:01:31

» 不屈のリーダー 、極寒の海へ ファクトリーマネジャー・吉田憲一 トラックバック 須磨寺ものがたり
低気圧の墓場、 ベーリング海峡で、 屈強な外国人船員を束ね、 男がほれるリーダーと呼ばれる一人の男がいる。 [続きを読む]

受信: 2008/04/23 12:12:03

コメント

はじめまして、margaretと申します。
昨夜、NHKのプロフェッショナルを拝見いたしました。
副題、「男が惚れるリーダー」もかっこいい!と思いました。
いつもより、緊張感が漂っていたように感じました。

きっと、彼が居る所では、みんなぴっとなるのでしょうね。
観ている私も緊張したせいか、茂木さんの眼差しにも、
緊張感を感じました。

茂木さんの「感動する脳」は読んでいて気持がよかったです。
納得でき、元気になれました。
ありがとうございます。

今日は「証拠なき自信」に背中を押され、投稿させて
頂きました。

失礼いたしました。

投稿: margaret | 2008/04/23 23:07:37


事故やアクシデントを天命に変えられる人って強いし、強くなれるのですね。
吉田さんってそういう人なんだと思いました。

アクシデントをアクシデントで終わらせてない。
ご自分の人生において。

あの鋭い視線で、見抜かれたら どう判断されるだろうか?

Tシャツは着る用と保存用2枚買いました。
あと、先日の日記で紹介されていた「孤独な鳥」は
イソヒヨドリのオスだと思います。

投稿: おおはたみやお | 2008/04/23 19:51:10

元々仕事は一流だったものの、アクシデントから自力だけでは結果が出せなくなった彼は、現在の他人を評価する手法を編み出したのでしょう。そこまでして彼が「現場」にこだわったのは、自分で工夫し'結果を出し'更なる高みを目指すことへのこだわりなのでしょうか。言葉も人種も異なる底辺の不定労働者たちが彼について行くのですからね。「仕事のできる奴'は'いる」は「雇ったほうが返って用心しなきゃならねえ用心棒も居る」みたいな。野村證券インサイダー事件や茨城国保10億円横領など、殺人を頂点とする肉体的暴力に勝るとも劣らないハレンチな人間たちと思いますけどね。番組の中で知りましたが、彼は私の4年ほど先輩に当たるようです。うれしいです。

投稿: YuhMu | 2008/04/23 13:38:02

観ました。吉田憲一さん。
仕事とは、自分の力を出し切ること。
プロフェッショナルとは、結果に責任を持てる人。
本当の悔しさを知っている人。
リーダーにとって大切なことは、一生懸命にやること。

・・・彼の話を聴き、態度を見ていて感じたことは、ACTION IS MORE THAN WORDS 彼は正にそれを体現していて素晴らしいと思いました。

投稿: 裏方店長 | 2008/04/23 4:41:05

吉田憲一という人のオーラに引き込まれました。
適当な表現が思いつかず、昨今よく見聞きするオーラという
表現をつかってみましたが。

私は去年まで7年間介護の仕事をしてきました。
認知症のかたもたくさん関わる機会がありました。
症状が強く、普段いわゆる一般人の反応がない方でも、
時にズバっっ!!と真実を突く時があります。

吉田さんという方は、常にそのズバっっ!!の瞬間の
目をしていたので

番組を見ていてテレビの向こうだというのに
小一時間緊張しっぱなしでした。

健康状態の折り合いが悪く、介護の仕事は辞めて転職しました。
新しい仕事はなにかとしっくりこず、
介護の仕事以上に体も心も病めて自分がどうしたいのか分からず
脳みそがくちゃくちゃになりそうでしたが

留まろうと思いました。
まだ始めたばかりですし。

なんか良い言葉で締めくくろうと思いましたが
思いつきませんでした。
ただ今日の番組に感銘を受けました。


投稿: あさきち | 2008/04/22 23:13:01

いつも拝見させていただいています。
最近、茂木さんの本を買いました^^
是非参考にさせてもらいたいと思います。

http://plaza.rakuten.co.jp/nonbiriheibon/diary/200804200000/

ブログにて紹介させていただきました。

ではでは。

投稿: mafin | 2008/04/22 21:12:03

コメントを書く