« 黄金期 | トップページ | (本日)ジョイセフ母の日チャリティイベント »

2008/04/13

英語を勉強せよ

ヨミウリ・ウィークリー
2008年4月27日号

(2008年4月14日発売)

茂木健一郎  脳から始まる 第100回

英語を勉強せよ

抜粋

 グーグルやヤフーなどの検索エンジンの発達によって、整理に関する技術も、卓越したものになってきた。現代最高の知性たちが開発する検索エンジンを通して得られる情報に比べれば、自分自身の情報の整理など、素人の戯れに等しい。いわば、「草野球」と「メジャーリーガー」が一緒に試合をするようなもの。知的な分野で本気で一流の仕事をしようとすれば、自分の手元で情報をあれこれと整理しても仕方がない時代が来ているのである。
 インターネットという強烈な情報源の出現を前に、自分の「整理法」を磨くために必要なことも様変わりしている。意外なようで、よく考えてみると当たり前のポイントが一つある。現代において自分自身の人生に役立つ情報の「整理法」を磨くためには外国語、とりわけ今日の社会のおける事実上の「リングア・フランカ」(共通語)である英語を習得することである。

全文は「ヨミウリ・ウィークリー」で。

http://info.yomiuri.co.jp/mag/yw/

4月 13, 2008 at 07:11 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 英語を勉強せよ:

» 残り桜をはしごする贅沢  トラックバック 須磨寺ものがたり
朝から、地域交流している神戸市西区へ、 桜の花見会の招待を受け、 須磨寺前商店街の仲間たちと行き、 歓待を受けてきた。 [続きを読む]

受信: 2008/04/13 15:59:55

コメント

すばらしい英語を茂木さんは操られますね。

私は毎日ナリワイで英語を書く(書かされる)が、最近はガイドラインの表現を外さないようにインターネットで要点をCUT and PASTEすることが多い。
よって、ますますスペルを覚えなくなり、名文にも無感動となる。。
「単語は手に食い込むほど繰り返して書いて覚えるもの」とシモーヌ・ベイユが書いた時代とは大きく変わってしまった。

できる人の英語はリズムが違います。会社にいたとき、帰国子女の秘書の方に仕上げを頼むことがあったが、すこしいじってもらうだけで、英文にイキイキとしたリズムが生まれた。

投稿: | 2008/04/18 4:08:03

こんにちは。英語といえば・・・前に茂木さんの英語スピーチを聴いていて、とっても驚きました。先ずはスピード感、どんどんと湧き出てくる豊富な語彙、そればかりではありません、なんと言うのでしょう、言葉に醸成される一歩手前のゼロ時間に茂木さんの頭の中のシナプスがビリビリと放電し飛び交う凄まじさとでも言うのでしょうか?お聴きしていて、茂木さん自身がもどかしさをお感じになっているんじゃないかと思ったくらいでした。(>・<)

投稿: 裏方店長 | 2008/04/14 18:16:44

茂木さん★
先日、英語を勉強することになりました!とコメントしたばかりなので、
こちらのタイトルに思わずドキッとしてしまいました(笑)

私はとても感性的なところがあり、ある先輩からは、理性磨くといいよ、それには英語習うといいよ。
とアドバイス頂いたことを思い出しました。あとはhtmlでサイトを一から作るとか、
他にも理数系なことをいくつかアドバイスもらいました。
私の苦手な分野でございます(;^_^A
数字とか…計算とか…うぉ~(ノ>д<)ノと逃げたくなりますが…

htmlの基礎は何とか出来たので…今度は、レッツ英語&英会話でございます(`▽´;;A

投稿: | 2008/04/14 4:53:32

少し疲れて帰宅したときに、読みました。正確な意味するところは解りかねますが、うれしいと感じました。毎日のように拝読していますが、初めてコメントさせていただきました。難解な学術言語は読み流しながら理解するようにしていますが・・・。とにかく感性でしか受け取りませんが楽しいブログです。ご自身のテーマに努力されている姿には感銘しています。頑張ってクオリアを突き詰めていってください。素人ながら学究の徒としての茂木さんの頑張りに共感しています。でもなるべく食事は同じ時間に摂ってください。老婆心ながら!

投稿: | 2008/04/13 22:10:08

コメントを書く