« 冬の過ごし方 | トップページ | 偶有性の自然誌 何も死ぬことはない »

2008/04/07

『文明の星時間』 火成論と水成論(ゲーテ)

サンデー毎日

2008年4月20日号

茂木健一郎 
歴史エッセイ
『文明の星時間』

第9回 火成論と水成論 (ゲーテ)

http://www.mainichi.co.jp/syuppan/sunday/ 

4月 7, 2008 at 07:35 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『文明の星時間』 火成論と水成論(ゲーテ):

コメント

サンデー毎日に連載されています『文明の星時間』 火成論と水成論を読ませて頂きました。

火でもあり、同時に水でもある。というお言葉に包まれ、何とも言えない気持ちになりました。

あまりに強い火の属性(怒りのような)は、出来るだけ小脇に置き、愛しむ気持ちは出して。
水のように、穏やかに、日々を大切に生きられたらと思う。

投稿: 奏。 | 2008/04/10 17:58:05

コメントを書く