« マリンスノウ | トップページ | タイガー・ジェット・シンの生命哲学 »

2008/03/02

インターネットと人生

ヨミウリ・ウィークリー
2008年3月16日号

(2008年3月3日発売)

茂木健一郎  脳から始まる 第94回

インターネットと人生

抜粋

 列車は、山間を走っていく。何世代にもわたって手入れされてきた里山の風景。水田が広がり、その中を細い道がおだやかなカーブを描いて通っていく。家々の庭が見える。
 時折、そんな風景の中を歩いたり佇んだりしている人が見える。博多からはもう一時間は走っている。このあたりに住む人の生活は、一体どのようなものだろうと空想した。
 この地に生を受けたら、いつも、あの山々を眺めているのだろう。ものごころがついた頃には、家から見える山の森の中に踏み入りたいと思うに違いない。小学校に入る。通学路に慣れていく。途中にある目印の雑貨屋さん。いつも挨拶するおばさん。そのような見知ったものたちが、次第に自分の生活のリズムを作っていく。

全文は「ヨミウリ・ウィークリー」で。

http://info.yomiuri.co.jp/mag/yw/

3月 2, 2008 at 07:42 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インターネットと人生:

» 茂木健一郎さんの時間別、脳モード トラックバック shoe-g.com 植山周志のぶっ飛びブログ
日経新聞に茂木健一郎さんの時間ごとの脳の使い方が書いてありなるほどと思ったので ... [続きを読む]

受信: 2008/03/03 7:26:53

» 大学生活は身体性を大切に... トラックバック Kashiroman's BLOG "ブログの王子様"
新たに大学生になられる方に向けてのメッセージです。 [続きを読む]

受信: 2008/03/04 6:03:42

コメント

コメントを書く