« 『すべては音楽から生まれる』8刷 | トップページ | 妖精のしわざ »

2008/02/23

脳を活かす勉強法 12刷

茂木健一郎
『脳を活かす勉強法』 
PHP研究所
は、重版(12刷、累計31万部)
が決まりました。

ご愛読に感謝いたします。

PHP研究所の木南勇二さんから
のメールです。
茂木健一郎先生

12刷4万部が増刷となりまして
累計31万部となりました。
茂木先生、誠にありがとうございます!
読者の皆様、本当にありがとうございます!

PHP 木南拝

http://www.php.co.jp/bookstore/detail.php?isbn=978-4-569-69679-9

amazon

2月 23, 2008 at 08:39 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 脳を活かす勉強法 12刷:

» 茂木健一郎さんの勉強法 トラックバック 若林計志の東京漂流記blog
脳科学者・茂木健一郎さんの「脳を活かす勉強法」講演に行ってきました。NHKで見るよりは、かなりフランクなしゃべりで、まずその点が面白い。内容としては、冒頭に「天才というのは勉強の仕方(脳の使い方)を知っている人だ」という話をされていた。また、脳以外にも...... [続きを読む]

受信: 2008/02/25 8:32:33

コメント

 初メールです
最近は、茂木先生にはまってしまってますl
クオリア日記のブログを読むまで
私の、いちにちが始まらなくなりました。

沢山の本を執筆し、
ブログも毎日更新、
TV番組にも出演

不思議な人だなー
とても、とても疑問に思っていました。


“脳を活かす勉強法”
“思考の補助線”

ネットのアマゾン
から購入し、
読んでみて、納得しました。


先生が6~7歳の頃の
錠剤が飲み込めなかった

あの時の気持ちのような・・
フフっ
すごく意味あいが違いますね


“思考の補助線”
難しい読めない漢字が多くて
最後まで読めないかなー

あまり、目にしたことのない漢字で
パソコンのIMEパットに
書きながら、
苦労しながら
読んでいたのですが、、

数学で使用する漢字を
多く使っている?
と、感じてきてから


中間あたりから
面白くなってきてのです。

私もただ、ただ本好きですが、

今までの本は
最初にとても面白い内容をもってくる・・
(目に留まるように?)

本を読んでいて
はじめてのアハ体験でした
>又、ちょっと違うかな?


こんなに読めない漢字が多かったのに
とても、とても面白く、納得、了解の
アハ体験を何度もさせていただいたような感じです。


先生が勘違いしてかも?
と、思ったとこがひとつ

宝船の置物と色紙
のとこでした

なんで、この内容に
ずいぶんこだわって
ページ数も使っているんだろう
と、思いながら、笑ってしまいました。


私たち、普通の脳の庶民は
宝船は、沢山お客さんが来てくれて商売繁盛の願のため、
色紙も有名な方の名前でお客さんが来てくれるように
というおまじないのような願いが込められて、
おいてあったと思うのです。
インテリアの一部としての目的だけでなく
一番はおまじないの願いでおいてあったと思います
>先生の言わんとしていることと
私のほうが勘違いかな?


長くなってすみません
もうひとつ、アハ体験

先生も観られたかも知れませんが

一週間ほど前のTV
クイズのバラエティ番組で

『ムンクの叫び』
の真似をしてください

ということで
20人~30人ほどの回答者がいたのですが、正解の人なし
皆さん全員が
口を縦長に開けて
両の手を口の近くに添えたりしていたのですー
>ちなみに私もそうでした・・


両の手は耳を押えていたのですー


あれだけ有名な絵画
みんな何度も目にしているのに
>もちろん本物ではなくて・・

“叫び”という言葉からの連想で脳が覚えて
しまったのでしょうか?


聞くは一見にしかず
ていいますが、

見るより、脳のほうが優先?
とても、とても不思議でした。

茂木先生なら
面白く感じてくれるかな?
と思って話したくてなり、書いてしまいました。


本当にいろいろな素敵な言葉、ありがとうございます。


投稿: | 2008/02/23 10:33:56

コメントを書く