« いい人 | トップページ | ある文脈においては孤独であること »

2008/01/17

『それでも脳はたくらむ』増刷

中公新書ラクレ
『それでも脳はたくらむ』
は増刷(2刷、累計33000部)
となりました。

ご愛読に感謝いたします。

中央公論新社 濱美穂さんからの
いただいたメールです。

こんにちは。
中央公論の濱です。

おかげさまで、中公新書ラクレ『それでも脳はたくらむ』
の増刷が決まりました!

書籍に携わってはじめての増刷となりましたので、
喜びも一入です。
ありがとうございました。

とりいそぎ ご連絡まで。
こいつぁ春から縁起がいいですね!

中央公論 濱美穂


amazon 

1月 17, 2008 at 08:24 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『それでも脳はたくらむ』増刷:

» 「それでも脳はたくらむ」 茂木健一郎 トラックバック 須磨寺ものがたり
最近続けさまに茂木さんの本を読んでいる。 何かに渇望しているかのように、 読み終えると、そのたびごとに何かが残っている。 [続きを読む]

受信: 2008/01/18 15:08:28

コメント

はじめまして。現在読みかけの本が重版ときいて、その本を買った一人として、おめでとうございますを言いたくなりました。
とても面白い本だと思います。と同時に、書いている方はとても「良い方」だろうなと思いました。たまたまですが、実生活で行き詰ることがあり、「やってられないな」と思っていたときに、「空き地のある人生」とその後の焚き火の話を読み、深い感銘を受けました。ありがとうございました。では、乱文ながら失礼します。

投稿: サラン○ | 2008/01/25 15:06:24

コメントを書く