« 『すべては音楽から生まれる』4刷 | トップページ | しゅうり、しゅうり »

2008/01/18

朝日カルチャーセンター 脳と心を考える

朝日カルチャーセンター 脳と心を考える

本日第一回

脳の働きは、長い進化の過程で徐々に形成されてきました。脳を理解することは、すなわち「生きる」ということの本質を明らかにすることです。生命とは何でしょうか。感じること、考えることは、生きることとどのように結びついているのでしょうか。4回目には、心の問題から社会現象まで、広く鋭い視点でとらえる解剖学者の養老孟司先生をお迎えし、脳と生命の関係に迫ります。

2008年 1/18、 2/8、 3/14、 22
金 18:30~20:30
3/22は 土 14:00~16:00

http://www.acc-web.co.jp/sinjyuku/0801koza/A0301_html/A030101.html 

1月 18, 2008 at 09:28 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝日カルチャーセンター 脳と心を考える:

コメント

養老先生がこられるのですね。
先生の「日本人の身体観」には、凄い量の付箋が張ってあります。
でも、学生さんから見たら少ないかもしれませんが、なんだか、
付箋のついたその本が愛しく思うのが不思議です。

私が過去に忘れてきた何かが、小さな声で呼んでいるのか、
ささやいているのか、生きているのか・・・。

とてつもなく大切な本と言う重圧感がないのに、傍に
置いておきたい、そんな付箋の付いた本です。

幽体離脱が立ったままでも、起こる現象。
ごく当たり前にあると言われていた人にあって、
少しは安心したわたしでしたが、今は、その仕組みをちょっぴり
知りたい思いです。

離脱する前に「パーーーン!」と言う破裂音がしたので、
何かのパニックか、ショック状態に陥ったのだとは
思うのですが、それがなぜ、幽体離脱と言う現象になるのか、、、。

それに、もう一つ。
この人と思う「人」にしか話さないと決めている、身体と空間現象の
現象はどうして起こるのか、質問してみたいと言う気がするのですが、
講座を乱してしまいそうなので、足踏み状態。

不思議
不思議
人間の身体

養老先生と茂木先生の話の内容・・・。
きっと濃いものになるのでしょうね・・・。


投稿: | 2008/01/19 9:04:38

3月22日といえば、一年で一番、仕事の繁忙期。
目が血走る頃・・。きっとみんなで徹夜ね・・。

あぁ、残念、あきらめるか・・・・・

んなわけねーのだ! さっさと申し込んださ!参ったか!

みなのもの、あとのことは知らん!一日無責任許せ!


投稿: | 2008/01/18 12:36:13

コメントを書く