« 南へ! | トップページ | 洞窟にひっそりと咲く »

2008/01/29

プロフェッショナル 高橋直夫

プロフェッショナル 仕事の流儀

リーダーは、太陽であれ

~ プラント建設 現場所長・高橋直夫 ~

巨大な石油プラントの建設は、
気が遠くなるほどの作業の積み重ね
である。

数千人が働く現場を指揮する
所長の責任が、いかに重いか
ということは素人でも想像すれば
わかる。

高橋さんは、そんな重圧の
中でも「笑う」ことが
大切だという。

お気楽な笑いではない。
プレッシャーを豪快にはねのける
覚悟の笑いである。

どんなに苦しいことが
あっても、高橋さんのように
カンラカンラと笑い飛ばす
ことさえできれば、
人生はきっと回っていってくれる。

NHK総合
2008年1月29日 22:00〜22:45

http://www.nhk.or.jp/professional/

すみきち&スタッフブログ

Nikkei BP online 記事
逆境でも「笑い」を忘れない、リーダーの覚悟と資質
〜プラント建設 現場所長 高橋直夫〜
(compiled by 渡辺和博(日経BP))

1月 29, 2008 at 07:05 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロフェッショナル 高橋直夫:

» 石油プラント建設の現場所長 高橋直夫さん トラックバック ねぎぽか
1月29日のNHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』は、石油プラント建設の現場で所長を務める高橋直夫さんが出演。 [続きを読む]

受信: 2008/01/29 9:13:17

» リーダーは、太陽であれ プラント 建設現場所長・高橋直夫 トラックバック 須磨寺ものがたり
彼に任せれば出来たも同じ、 彼を信じれば成功すると言わせる、 人呼んで「砂漠のボス」と呼ばれる、 プラント建設のプロが登場した。 [続きを読む]

受信: 2008/01/30 16:15:25

» 「プロフェッショナル 仕事の流儀」建設現場・高橋直夫氏①~笑顔(^∇^)の練習してみませんか? トラックバック いち出先機関公務員の××~文系人間の公務員試験の別館ブログ~
1月29日の「プロフェッショナル 仕事の流儀 」はプラント建設現場所長・高橋直夫氏。 サウジアラビアの砂漠。 世界最大級の石油化学プラント建設建設が進む。 総工費約1兆円の国家的プロジェクト。 その中枢部の建設を託されているのが<砂漠のボス>こと高橋直夫氏。... [続きを読む]

受信: 2008/01/30 21:44:55

» 「プロフェッショナル 仕事の流儀」建設現場・高橋直夫氏②~失敗を許せるトップがどれだけいるか? トラックバック いち出先機関公務員の××~文系人間の公務員試験の別館ブログ~
1月29日の「プロフェッショナル 仕事の流儀 」はプラント建設現場所長・高橋直夫氏。 1回目(→コチラ 」)に続いて2回目です。 最も難しいのは指示を現場の末端までに伝えること。 ボルトの取り付けミス、些細なことだがなぜ指示が伝わらなかったのかにこだわる。... [続きを読む]

受信: 2008/01/31 20:25:43

» プロフェッショナル「信じきる覚悟が道を開く・プラント建設現場所長・高橋直夫」 トラックバック あるちゃんの別荘
プロフェッショナル仕事の流儀 「信じきる覚悟が道を開く・プラント建設現場所長・高橋直夫さん」をビデオ取りしていたんだけど、今日見た。 今日はプロジェクト リーダーの話 特に自分に引っかかったのは 「笑って仕事しろ」 これはちょうど直前のブログにも書いてるけど 俺にもそれしかありえない 茂木さんが怒っていると直前しか見えてないけど 笑っていると周りがよく見えると そんな 意味では私は横向けに座って そして笑い転げているから 視野は広いかもしれない 実際に誰が何してるか手に取るようにわかる。 ... [続きを読む]

受信: 2008/02/01 1:01:49

» ■「私」の外側でにこやかに笑うもの。『プロフェッショナル・仕事の流儀』 石油化学プラント建設現場所長・高橋直夫。 トラックバック そこに魂はあるのか?
今回のプロフェッショナルは、大規模な石油化学プラント建設の現場を率いるリーダー、 [続きを読む]

受信: 2008/02/09 18:53:12

コメント

高橋直夫、その勇姿を45分見つめたら、

我の背中に阿蘇の馬と同じ毅然としたたてがみが生え、

悠々と天にでもどこへでも向かっていける力がわいてきた。


平等院鳳凰堂や大徳寺を拝観した時に、壮大な世界観を建築物や構造で表現するのに、ひとつひとつの細部にいたるまで、「伝えられた」何かを感じ、とても感動し、どうやって?と思っていたのですが、
きっと高橋さんのようなリーダーが、平等院の現場にいたんだと思いました。

投稿: | 2008/01/31 12:29:44

今日の講演『脳と想像力 イノベーションの流儀』
すごく面白かったです。
講演内容をブログに書いたのでお知らせします。
今年の目標が「自分軸」なので、セレンディピティ!
「プロフェッショナル」もしっかり観ましたよ~

投稿: うえちまさこ | 2008/01/30 1:38:19

予想結果が苦境でも、それを超越する逞しさを持つ笑い。

日々、目先ばかりを見てしまい、そのような勇気を忘れていました。

また、お伺いさせてください。

投稿: どんぐりぐり | 2008/01/29 23:40:05

番組を見させて頂きました。

高橋さんの姿勢をみて、真の「楽観主義」とは如何なるものかということを改めて痛感した。

仮令如何なる絶体絶命の危機に陥っても、それを“笑いながら”跳ね除ける強靭にして明るい、前向きな精神の姿勢。

そんな姿勢の人が、どんな分野でも本当のリーダーになれるのだ。

それに、小さなことでも疎かにしない、現場を常に大切にする、という姿勢も、リーダーとして必須の資格だと、これまた改めて感じた。

高橋さんのようにはなかなかなれないけれど、苦境を順境に転換する精神の持ち主になっていきたい。

投稿: 銀鏡反応 | 2008/01/29 23:05:47

コメントを書く