« 広告批評 2007年12月号 | トップページ | (本日)ホープフル・モンスターを探して »

2007/12/08

脳と日本人

松岡正剛 茂木健一郎   
『脳と日本人』
文藝春秋

■内容紹介■
賢者二人があらゆる事象に多面的な
視線で取り組んだ一日の対話。脳科学、
クオリア、IT社会、宗教、文学等を
めぐる知的興奮の極致

夢の組み合わせが実現しました。
百科全書的知識を操る魔術師の
ごとき松岡正剛氏、脳科学者と
して鋭敏な才能を惜しげもなく
発揮し続ける茂木健一郎氏。
二人の英才が那須に集い、美
しい自然のなかで一日半かけ
て行われた対話は目もくらむ
ような予想もつかない多彩な
話題で溢れました。人間とは
いかなる存在であるのか? 
日本文化の真の姿とは? 
現代人が探るべき細き道とは? 
いつまでも耳を傾けていたくなる
稀有なる知的コラボレーションで
す。(大川繁樹)

http://www.bunshun.co.jp/book_db/3/69/71/9784163697109.shtml 

12月 8, 2007 at 11:33 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 脳と日本人:

コメント

コメントを書く