« 批評性は「我が身限り」 | トップページ | おじさん温泉 »

2007/12/16

働くことの喜び

ヨミウリ・ウィークリー
2007年12月30日号

(2007年12月17日発売)

茂木健一郎  脳から始まる 

働くことの喜び


抜粋

 小学校2年生の時、私には欲しいおもちゃが出来た。母親にねだれば良かったのだけれども、私は「働いてお金を稼ぐ!」と宣言した。母親も何を思ったのか、「それじゃ、ご近所の八百屋さんで働いたら?」と言った。
 それで、母親が八百屋さんに話をつけて、「モヤシをビニル袋に詰める」というアルバイトをした。箱の中にモヤシがたくさん入っていて、それを小分けにするのである。
 (中略)ふり返ると、ちょっとおかしな点もある。本当のことを言えば、それは「労働」と胸を張れるような代物ではなかったかもしれない。私が店先にいることが、どれくらい経営上役に立ったかはわからない。きっと、八百屋の御主人は心の中で苦笑いしていたことだろう。
 (中略)後にも先にも私がお店でアルバイトをしたのはこの時だけだった。わずか一週間の体験だったが、今でも強烈な印象として残っている。


全文は「ヨミウリ・ウィークリー」で。

http://info.yomiuri.co.jp/mag/yw/

12月 16, 2007 at 08:54 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 働くことの喜び:

» そういや,「内職」の言葉に実感がともなっていた トラックバック kazgeo::10%ダイエット
 私の小学生の頃には,内職がリアリティを持った存在だった。小学生同士の会話の中にも,割り箸の袋入れやら,紙を折る仕事について話が出たし,アニメやホームドラマにも登場した。  内職は,100個以上の単位で現金化される完全出来高制の世界であり,時給で換算すると恐... [続きを読む]

受信: 2007/12/16 19:22:23

コメント

ある日本でのカトリックの会派は「労働が祈り」を掲げて、会社や学校を含めて広く社会活動をしている。

易きに流れやすい私にとって、この言葉「労働が祈り」は貴重です。

前にも書いたが、1ヶ月かけて5cmの絨毯を織ることで家計の足しに80円を稼いでいるアフガンの少女のことが忘れられない。

投稿: | 2007/12/19 22:32:23

小学2年にして、オヤにねだらず「働いてお金を稼ぐ!」と宣言し、八百屋でバイトするなんて、茂木さんはやっぱり凄い! 

そして、それを許してくれたお母様も、素晴らしいです…!

投稿: 銀鏡反応 | 2007/12/16 12:27:55

コメントを書く