« サイエンスサロン | トップページ | そこから来て還っていく »

2007/12/18

プロフェッショナル 仕事の流儀 長谷川祐子

プロフェッショナル 仕事の流儀 第72回

アートは人を“自由”にする
~ キュレーター・長谷川 祐子 ~

長谷川さんの「批評性の極意」
にしびれた。

ダメなものに出会った時には
「これは違う」
求めていたものと巡り会った
時には
「ここにあった」。

「これは違う」と
「ここにあった」。

この二つの原理に寄り添うだけで、
厳しくも甘美な人生の
軌跡は開かれる。

NHK総合
2007年12月18日(火)22:00〜22:44

http://www.nhk.or.jp/professional/

すみきち&スタッフブログ

Nikkei BP online 記事
評価の定まらないものと向き合う「特権」
〜キュレーター 長谷川祐子〜

12月 18, 2007 at 07:48 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロフェッショナル 仕事の流儀 長谷川祐子:

» 長谷川祐子 東京都現代美術館 キュレーターとは? トラックバック アグハブログ!
12月18日のNHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』は、東京都現代美術館チーフキュレーターを務める長谷川祐子さんが出演。 [続きを読む]

受信: 2007/12/18 8:54:18

» 批評性を支えるもの トラックバック なんでもあり! です 私の日記!! 
プロフェッショナル仕事の流儀 キュレーター 長谷川裕子さん。「いい作品、伸びる作品にはオーラがある。その作者にもオーラがある」という。 ギャラリー小柳の小柳敦子さんが「才能は裏切らない」とおっしゃっていたことを思い出す。 作品や人から将来性を見出すというのは実に難しいことなのだけれど芸術やスポーツなど、将来の伸びが比較的見え易い分野というものはあるのかもしれない…* 「将来の伸び」というのも領域や人(立場)によってその理解や視点が異なるから、それを支え... [続きを読む]

受信: 2007/12/19 22:45:44

» ■人に見られてこそアートは力を発揮する。『プロフェッショナル・仕事の流儀』 キュレーター・長谷川祐子。 トラックバック そこに魂はあるのか?
今回のプロフェッショナルは、キュレーターの長谷川祐子さん。 ■アートは人を”自由 [続きを読む]

受信: 2007/12/22 17:29:21

» 「危うさ」を見つめて トラックバック 不学問のススメ
12月18日放送のプロフェッショナル ゲストはキュレーター長谷川祐子さんだった。 キュレーターとはアーティストの展示会を プロデュースする仕事であり 長谷川さんは多くの展示を乗り越えてきた。 中でも 金沢にある「金沢21世紀美術館」で催された展示では 多くの....... [続きを読む]

受信: 2007/12/23 22:48:39

» 石上純也 インタビュー [Link]TokyoArtBeatVideo トラックバック 坂口祐の巻物 | yousakana no makimono
東京都現代美術館にて2008年1月20日まで開催されていた SPACE FOR... [続きを読む]

受信: 2008/03/03 2:28:27

コメント

「アートは人を自由にする」
この言葉に共感いたしました。

すばらしい作品に出会った時、言葉にはできないけど急に心拍数が上がることがあります。
プールの中に人がいるように見える作品を、一度見てみたいです。

投稿: TAROU | 2007/12/20 1:01:17

「自分の居場所をUtopiaにする事が出来る人」
涙が出ました。
アートに対する彼女の想いに、
素直に身体が反応したそんな感覚でした。
葛藤を繰り返しながら、感動をプロデュースされる
とても素晴らしい仕事、とても素敵な方ですね。

投稿: fayway | 2007/12/18 23:03:05

コメントを書く