« 脳を活かす勉強法 | トップページ | 身体の修理 »

2007/12/03

Bound for Seatle

本日の午後から、12月6日(木)
の夕刻まで、米国シアトルに行くため
日本を留守にいたします。
この間、インターネットへのアクセス
事情により、メールのやりとりが
通常よりも遅延する可能性があります。
ご了承ください。

12月 3, 2007 at 06:20 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Bound for Seatle:

» 自分の才能なんてどこにあるか トラックバック 須磨寺ものがたり
養老孟司さん、タイのバンコクからの記事が、 今朝の産経新聞に掲載されており、 なるほどと、思える内容であった。 [続きを読む]

受信: 2007/12/03 13:39:49

コメント

うわー、茂木さんがシアトルに来られるとは。
UWでの脳神経関係の学会でしょうか?

実質滞在が48時間とは、何とも忙しいスケジュールですね。
今週は、生憎の雨で申し訳ないです。 週末は雪が積もっていました。

「Saito」, 「Shiro's」 も良いですが、UW近辺の寿司バーだと「Kisaku」, ダウンタウンからは少し遠いですが「西野」など、 「Metropolitan Grill」 では、いま本物の "Wa Gyu" が食べられます。

どこのレストランに行かれて、どんな評価をされるのか、今から楽しみにしています。

投稿: | 2007/12/04 2:20:01

海外に行かれるんですね。
私はまだ行ったことがありません。
私には、知らない世界が沢山あると同時に
これから沢山の事を経験できる楽しみがあります。

先生の、色々なお話もいっぱいいっぱい
伺いたいです*

無事、お帰りになることを日本からお祈りしております☆

投稿: | 2007/12/03 23:01:31

茂木博士は、今ごろは機上の人になっていることだろう。

シアトルといえば、あの凄い人がいる球団の本拠地。

そして何故か、富士山に形がよく似た山があるところ。

博士、思う存分、シアトル滞在を楽しんでいって下さい。

お土産話を、楽しみにしています!

投稿: 銀鏡反応 | 2007/12/03 22:05:51

いってらっしゃいませ。。

bound for (~行き)
当時、出来たての地下鉄の
博多駅行き電車のアナウンスで、
バウンド フォー ハカタ 
と聞いて、私は、はじめておぼえました。 


投稿: | 2007/12/03 12:14:26

コメントを書く