« プロフェッショナル 仕事の流儀 加茂克也 | トップページ | 日高敏隆 茂木健一郎 対談 »

2007/11/21

日々の何気ない健康に

何年ぶりだろう。

甘く白い液体を飲み、
くるくると回った。

胃壁の上をそれが覆って
いくところを想像する。

定期健康診断(人間ドック)
の待ち時間。

ソファに座っていると、
ソルジェニーツィンを思い出した。

『イワン・デニーソビッチの一日』

スターリン時代の強制収容所
で毎日過酷な日々を過ごすイワンは、
熱が出て、診察のために
少しの間待合室に座っている間、
「こんなにきれいで暖かいところに
座っていられるなんて、天国みたいだ」
と嘆息するのである。

平成日本のイワンは診療所を出ると、
受付で配られた「お食事券」を握りしめ、
近くのソバ屋に入り、天ぷらそばを
注文した。

バリウムだと、お腹いっぱいにならない。

しかし諸君、やっぱり一番大事なのは
健康だねえ。
感謝する気持ちを忘れてはいけないよ。
ねえ、君!

ソニーコンピュータサイエンス研究所へ。

田谷文彦、加藤未希、高川華瑠奈、
関根崇泰、石川哲朗と話す。

NHKへ。

『プロフェッショナル 仕事の流儀』
の打ち合わせ。

プロフェッショナル班では、
最近復帰した細田美和子デスクを
中心に、「祭り」の企画の相談が
行われていた。

「祭り」とは、12月25日
に放送予定の「クリスマス・スペシャル」
のことである。

もともと、
私が『プロフェッショナル 仕事の流儀』にかかわるようになったのは、
細田さんのひと言だった。

早稲田大学の授業の前に、リーガロイヤルホテル
のロビーでお話していた。

帰り際、細田さんが、「そういえば茂木さん、
司会とか、そういうことには興味がありますか」
と聞かれて、ぼくが、
「えっ、あの、興味はありますけれども・・・」
と返事したら、細田さんは、有吉伸人さんと一緒に、
「それじゃあ、さよなら〜」と帰って
いってしまったのだった。

あれから、たくさんの水が橋の下を流れた。
そして、ぼくには、大切な仲間たちができました。


プロフェッショナル班の誇る
「イケメン軍団」に囲まれて想を練る
細田美和子さん

打ち合わせの時、ボクの机の上には
読売新聞のラジオ・テレビ欄の
「試写室」で
『プロフェッショナル』の加茂克也さんの回を
紹介してくださった記事が置かれていた。

ぼくと住吉美紀さんを「この二人もまた、
紛れもなく「プロフェッショナル」だと
思う」と書いてくださったのである。

担当記者の方、
本当にありがとうございました!
はげみにがんばります。

河瀬大作デスクは、連日の激務のためか、
時々、「意識が遠くなっている」
ように見える瞬間がある。

しかし、その無精髭の様子が、
乙女心を胸キュンさせるのである。

『プロフェッショナル 仕事の流儀』では、
お正月に放送されるスペシャルで、
ある著名な方をとりあげるのであるが、
その人を思うと、有吉伸人チーフプロデゥーサーは
思わずしぐさをしてしまう。

そして、今や多くのファンを持つ
山本隆之デスク(タカさん)の
「食べる時にやる気を見せる前傾姿勢」
「タカさんの前傾姿勢」は私の心の
オアシスである。

タカさんが美味しそうに食べていると、
今年の紅白歌合戦の総合司会に決まっている
住吉美紀さん(すみきち)が、
「なにたべてるのお」
と乱入してきた。

すみきちは、ダイビングして、獲物に
手をのばす。タカさんは、思わず前傾姿勢
ならぬ「のけぞり姿勢になる。」

ついに、獲物(タカさんのお土産のマカロン)
を手に入れたすみきちは、
「おいしい〜!」とむしゃむしゃ
食べるのであった。

さて、打ち合わせ。
山本隆之デスクと座間味ディレクターは、
キュレーターの長谷川祐子さんの
回を担当している。

タカさんの目が、真剣にしかし
憂いを帯びて光る。

ぼくは、タカさんが愛おしくなって、
思わず指でコロコロしたくなった。

いやあ、諸君、どんなに忙しくても、
時間に追われていても、
「シャバの空気」というものは
良いもんだねえ。
人間ドックで病気のことに
ついていろいろ想像していた
おかげで、気付いた幸せ。

日々の何気ない健康に、感謝しようでは
ありませんか。

券を握りしめ、
食したエビ天そばが美味しかったから、
11月20日は健康記念日。

11月 21, 2007 at 07:58 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日々の何気ない健康に:

» 積極的迷走をしようじゃないか トラックバック 不学問のススメ
よくいろいろ迷って模索している状態のことを 「迷走」している、 ということがある。 純粋に字から思考を膨らませれば 「迷いながら走っている」ことになる。 別に問題はない。 典型的な迷走状態にある人は ニートとかフリーターと言われているのだろう。 ...... [続きを読む]

受信: 2007/11/21 11:55:36

» 時には母のない子のように (完結篇) トラックバック 旅籠「風のモバイラー」
「・・・ の不在の物語」  (「フラニーとゾーイー」再読 2) サリンジャーは大 [続きを読む]

受信: 2007/11/22 0:08:33

» 箸が落ちてもおかしい年頃 トラックバック なんでもあり! です 私の日記!! 
出先で…。 徒然草に「仁和寺の法師」という話があるけれどその次の段の「これもまた仁和寺の法師」は鼎(かなえ)をかぶって困ってしまうという話。 そんなことをベラベラとしゃべると竹取物語だの鴨長明がどうしたのと話はどんどん脱線して天正少年使節の話題へと飛ぶ。 伊東マンショとか千々石ミゲル、中浦ジュリアン、原マルチノ。 「いわゆる当時の美少年?」等々、ワイワイガヤガヤ。 じっくりひとつを深めるも良いけれどこんな風に小気味よくテンポ良く話が飛ぶのはさらさらとした血流の流れのようでこんな瞬発力も大好きなのであ... [続きを読む]

受信: 2007/11/22 7:43:02

コメント

健康おめでとうございます!

いやあ、ここ一年お忙しい先生を眺めながら、茂木先生の体はボロボロだろう、もうダメだ、華やかに散ってください、と勝手な感傷に浸っていましたが、ご無事でなによりです(笑)。

しかし兵士が健康だと再び戦地に送り出さねばならない軍医のジレンマというものを聞いたことがありますが、健康の雪崩より前に、時間が雪崩を起こしている様子なので一安心です。つまりコレ以上忙しくなりようが無いってことですもんね。そうかあ、時間より健康が勝ったのかあ。(人というものは得てして勝手なことばかりいうものです)

むしろ周囲の人々への雪崩の二次災害の方が心配ですが、自分は遠い人々の雪かきを思いながら、とりあえず先生の御健康と日記の安泰とを喜ぶばかりです。

どっとはらい。

投稿: | 2007/11/23 14:23:01

茂木さんの「やはり健康」という文章を見て、この人もモンスターではなく、やはり普通の人と思えてほっとする。

今日はニュースで、京大による「皮膚からの万能細胞」を見て、そのうち医学もpathogenesisはすっとばして、how to cureになっていくような予感(希望)を感じた。医は、「学」でなく、「術」の面がやはりもっと強くなってほしい。けど、拒絶反応の基礎的研究ももっとあってほしい。

たとえば脊椎損傷で車椅子の人々を落胆させないように、神経再生技術が順調に進み、彼らが元の健康を享受できる日が早く来るように祈る。

投稿: | 2007/11/22 2:49:27

昨日、お布団の中で、眠る前、
茂木さんが指でキツネの形を作っていた
以前見たブログの写真を思い出して、
(なんで急に思い出したんかな?)
と、それも、忘れていたら、
いま見ると、似たような写真があったので、
これのことだったのかな。
そのとき暗闇の中で、だれか中年の男の人が、
つうっと涙が流れているのも見えたけど、
あれは、だれだったのかなあ。。
浄化されて泣くのは、ちっとも
わるいことではないですよ。ね。

投稿: | 2007/11/21 22:26:58

こんにちわ

「プロフェッショナル 仕事の流儀 国際版」なんて面白いかも?

茂木さんがよく言っている、イギリス紳士であり変人でもある学者たちとか?
ノーベル賞をとる過程を取材で当たればすごいですよ!!


健康と言えば、日本の大学で、皮膚細胞から、万能細胞をつくったらしいですが、ノーベル賞モノではないでしょうか。(^^)


投稿: | 2007/11/21 21:24:54

今年の5月に、その定期検診に行った。様々な検査を受けた後、胃の検診を受けるため、レモン味の発砲する造影剤をまず飲み、ついで例のバリウムを飲んだら、みるみる胃の中が膨れ上がって、げっぷが出そうになった。

あの時のバリウムの不味かったこと!そのうえ、撮影機の上で頭を下にした状態で色々なポーズを取らされた、あのきつさ。

そのキツイ検診が終わった後、職場近くの新橋の中華屋に入って、らーめんを食べたときのうまさといったら!

あのときのらーめんは本当に美味しかったなァ。心からおいしい!って舌が感じたもんなぁ。
バリウムがお腹に残っていたお蔭で、全部入りきらなかったけれど。

ところで、『プロフェッショナル』で茂木さんやすみきちさんと一緒に番組造りをしているスタッフの皆様の表情は、如何してこんなにいいのだろう。

やはり番組造りに伴う沢山の困難をものともせず、寧ろ毎回それを前向きに楽しみながら、仕事をなさっているからなのかも。

私も、山本タカさんの前傾姿勢がとっても好きになったなぁ。

茂木さんがそんなタカさんを、“指でコロコロしている”お写真が実に微笑ましかった。

タカさんの頭が何故かチョコボールに見えてきてしまいました(失礼!)

…クリスマス・スペシャル、放映が今からとても楽しみになってきました。

・・・


若くなくなって久しいきょうこのごろ、私も毎日無事健康でいられるあり難さを、身にしみてつくづく、感じるようになりました…。

茂木博士、『プロフェッショナル』スタッフの皆様、どうか毎日をお元気で、また御無事で過ごされますように…!

投稿: 銀鏡反応 | 2007/11/21 20:13:56

涙ぽろぽろ・・・・。

実は 大爆笑中!

笑いが止まらな~い。

指ころころ写真。 最高 最高 最高!

もう、ほかのことは吹っ飛んだ!

見直すたびにふきだしてしまいます。

投稿: | 2007/11/21 13:53:06

 初投稿です。私はとある大学の院生です。毎日かかさず見させて頂いております。
 昨日、とても腹が立ちました。それは、ゼミで研究の進捗を発表するはずが、3時間順番を待って自分の出番を前にして、先生が「今日はもうやめて来週にしよう」とおっしゃたためです。納期の迫った仕事を抱えているアルバイトを休んでまで出席したのもあり、自分の生活の一部を侵害されたと感じました。思わず自転車にまたがり、夜道を目的も無く2時間ほどかっ飛ばしていました。
 しかし、そんな怒りも、「健康だし、いいかな」と思うことで消えてしまいました。今はゼミが中断しても生きていられたことに感謝できます。あんな気分だったからこそ、もし自転車で事故でも起こしていたら大変でした。今日の日記に感謝です。気持ちを新たに、今日から頑張れそうです。ありがとうございました。

投稿: | 2007/11/21 9:22:19

茂木先生、益々の御活躍をお祈りしています。

投稿: 河村隆夫 | 2007/11/21 8:08:35

コメントを書く