« 東京芸術大学 美術解剖学 鈴木芳雄 | トップページ | 鈴木メロス »

2007/11/19

ひんやりとした空気が恋しくて

このところずっと睡眠不足が
続いていたが、
久しぶりに少しまとまった
眠りがとれた。

そうしたら、何だか、眠りくんと
仲良くなれたような気がした。

いつも、眠りくんと話し始めて、
興が乗ったころに
「さようなら」となってしまう
気がしていたのである。

暗闇の中に棲んでいる、
温かく深い、ちょっと湿った
眠りくん。

またもっと仲良くなりたいな。

エンジン01二日目。

ゴングショーは、木村晋介さん、
服部今日子さん、眞木準さんと
私が一発芸を披露する。

新潟お笑い集団NAMARAの
人たちのパフォーマンスに感心した。

http://www.namara.tv/index.html

フロンテージの大皿彩子さんたち
が仕掛けた「スマイル・ショット」
の一発芸にのせられた。

人にしたくなる話シリーズ
「脳」
中村桂子さん、西川伸一さん、
宮野素子さんと脳を
中心とした生命の話をする。

3時間目は、波頭亮さんと
幻冬舎新書『日本人の精神と資本主義の倫理』
に因んだ対談。

怒りを愛に変え、光として放射できる
のが良い人間なのである。


波頭亮さんとのセッション

4時間目は私の担当はない!

地元の考古堂書店の柳本和喜さんたちが
講師の本を売りにきて下さって
いたので、自主的にサインをしに
行った。

『日本人の精神と資本主義の倫理』は
すでに完売で、
『芸術脳』(新潮社)

『芸術の神様が降りてくる瞬間』(光文社)
がそれぞれ30部ほどあった。

朱鷺メッセの横を流れる信濃川の
向こうに、次第に日が傾いていく。

赤く染まる空を時々見上げる。

目の前のものに落とし、
描き、書いているうちにいつの間にか
完売することが
できた。
皆様、ありがとうございました。


考古堂書店の皆さんと

これで役目は果たしたと、
船曳建夫さん、河口洋一郎さん、木村晋介さん、
佃一可さん、原島博さん、藤原和博さん、
やすみりえさんが出演している
「文化人大喜利」に出かける。

笹団子で飛び入りの人が大暴れで
爆笑した。

エンジン01名物の「夜楽」は、講師陣と
参加者が飲食を共にしながら語り合う。

私と島田雅彦さん、中村桂子さんの
三人でホテルイタリア軒別館の「螢」にて
楽しい時間を過ごした。

打ち上げは市内で著名な「鍋茶屋」
の大広間にて。

NAMARA代表の江口歩さん、
秋元康さん、ホリプロ社長の堀義貴さん、
NAMARAの若手芸人の皆さんと
笑いの将来について話をする。


島田雅彦、地元の舞妓さんと。鍋茶屋にて。


船曳建夫さんと。鍋茶屋にて。

3次会は奥の院。

アルヴィレックス新潟会長の池田弘さんや、
三枝成彰さん、眞木準さん、島田雅彦、
電通の佐々木厚さん、船曳建夫さん、
印田友紀さん。

二階でカラオケが始まり、
私はラルクのNeo Universeを
唄って、そのままふらっと
外に出たら、ひんやりとした
空気が恋しくて、
しばらく一人で歩いて
それから
信濃川河畔の宿に還った。

11月 19, 2007 at 08:22 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひんやりとした空気が恋しくて:

» 田舎暮らしと医療 トラックバック 田舎暮らしと団塊世代
今日は快晴、中腹以上が白くなっていました。 蒜山は雪を見ることが出来なかったけど初雪は降ったかもしれません。 バイオハザード3 公開前にテレビで放送した1と2をみて気になったのでみてみました。実は見る前に映画館の喫煙所にたむろしていると、カップルが横でタバ..... [続きを読む]

受信: 2007/11/19 12:57:17

» 母への知られざる思い 女優・吉永小百合 トラックバック 須磨寺ものがたり
昨日のNHKスペッシャルに、 女優・吉永小百合が出演し、  母への思い、 そして自分語りをした。 [続きを読む]

受信: 2007/11/19 14:45:44

» 睡眠障害?眠れぬ夜を過す トラックバック 身辺雑記
自分の寝つきが悪いなどと考えたことが無かった。いつも酒を飲んでいたので、起きているのに耐えられない状態まで酒を飲み、布団に行くころには泥酔状態で、眠るというより意識を失う、という感じの睡眠のとり方をしていた。当然翌日は睡眠不足だが。... [続きを読む]

受信: 2007/11/19 18:09:33

» 頭の中のカオス トラックバック 不学問のススメ
久々に高校の友人と会った。 とは、言っても 会って飯を食うとか 飲み屋に行くとかではなくただ帰りの電車で。 彼の話を聞いてみると もうすでにこれからのヴィジョンというものが 自分の中で確立されているようだった。 「こうこうこうして こういう進路を選ぶ....... [続きを読む]

受信: 2007/11/19 20:27:54

コメント

こんばんわ。

エンジン01参加させてもらいました。
江原さんとの対談とゴングショーに行きました。

ゴングショー中、ステージではなく我々観客の表情を観察する茂木さんを観察していました。
科学者は他の人とは違うところをみてるんだなぁ~なんて思いました。

また新潟にいらしてくださいね!!

投稿: くるくる | 2007/11/20 23:01:06

今回の☆エンジン01☆に参加し、
波頭さんとの対談を受講し、念願叶いました。

茂木さんは思ったとおり、
小学校の同級生タッチャンの匂いがしました。
「表現者の弟子」について考えながら涙しました。
トイレやサインのささやかなひとつのシーンにも
そのひとがらを感じることができました。 !

波頭さんも素適でした。なかなかいないです!
いい感じの刺激をたくさん受けました。 ありがとうございます☆

投稿: tomo | 2007/11/20 15:02:16

眠り君にはあまり会えないのですね。
忙しいから仕方ないですよね。
でも眠り君はいつでも
先生のスキを伺い狙っていますよ。
とんでもないワルモノですねw

気持ちの良い秋晴れが続きますね。
高い空は懐かしい香りと肌触りを
運んでくれました。
新潟も同じ空かしらん。

秋の空に雲が無いのは
すすきの箒で履いているから

日本語の教科書に書いてあったと
友達が教えてくれました。

裾野のすすきはもう白い綿となって
ふわりふわりと揺れていました。
雲をたくさん履いたのだから
当然ですね。

新幹線の中から抜けるような青空と
すすきが見えたら思い出してみてください。

晩秋の空
ワルモノの夢心地。

投稿: popori-popona | 2007/11/20 4:34:09

ENJIN01でお世話になりました、新潟の考古堂書店の柳本です。

突然のサイン会、ありがとうございました。一人一人に、みなちがったイラストとコメント、あまりにも贅沢なサイン会に感激しました。

私も本屋の立場でなかったら、きっと本を買って並んでいたと思います。おかげさまで先生の本は完売! 感謝しております。ありがとうございました。

ますますのご活躍をお祈りしております。

投稿: やぎもと | 2007/11/20 0:45:58

エンジン01の波頭さんとの対談を受講した者です。
久しぶりに活きのいい大人に出会えた気がしました。
こんなにわくわくしたのは、久しぶりです。

私は青臭いおばさんを自認していましたが、茂木さん
と波頭さんの青臭さ、潔さには負けました。
ちょっと悔しい。

茂木さんのおっしゃった「仲間」って言葉に少し鳥肌
がたちました。いや、学生の頃ですらそんなこっぱず
かしい言葉を使ったことのない人間です。大人が使う
となんですな・・・いや、やっぱり恥ずかしい。

いえ、茂木さんだからいいのだと思います。

一人で歩いてるのが好きな人間でしたが、時々は同じ
空見てる人がいるなとか、あの人は今は何に夢中なん
だろう、とか考えたら楽しいなって気になりました。

それに一人だとすぐさぼっちゃうんですよね(笑)。

またぜひ新潟にいらしてください!

投稿: ぱんなこった | 2007/11/20 0:00:33

昨日に引き続きコメントさせていただきました。

エンジン01での印象深い講義を
何度も思い返しては余韻に浸っているところです。

3時間目の講義の後、
茂木先生は書籍コーナーにいらっしゃったんですね!
しかも自主的にサイン・・・先生らしいですね。

そんなことも知らずに
31階の展望台で染まりゆく空を見ながら
たそがれていた私って
何やってたんだろうって後悔してます。
自分の鈍さにムカつきます(笑)。
あーっ、もうっ、お会いしたかったです(泣)。

夜楽、打ち上げ、三次会と盛り上がったのですね。
とても楽しそうな雰囲気ですね。

飲んだ後の夜の空気って、
何だかほどよい孤独感と切なさが漂うようでいいですよね。

きれいな星空が見たくなります。

「ひんやりとした空気が恋しくて」
というタイトルに恋して・・・。

投稿: s.kazumi | 2007/11/19 23:35:25

ここ最近、東京でも急にひんやりとした空気の時候になり、朝方は少々寒い思いをするようになりました。

ところで、新潟のエンジン01、2日めも大変な盛況であられたとか。打ち上げは何と、地元の芸者さんまで登場されたとか…。

お写真を拝見すると、芸者さんと茂木さん、島田さんとのスリーショット、なかなか粋な絵になっております。(微笑)

先日『日本人の精神と資本主義の倫理』を購入し、読み終えて以来、この世知辛い世の中を、何があっても負けずに生きていくことの大切さを、しみじみと深く感じている。

本当に独り独りが、自分の中に尽きせぬ希望を抱き、社会のあらゆる不条理不平等などに立ち向かっていくしかない、その為には先ず、一人一人がそれぞれの「流儀」で、自らをもとから変えていくしかない、とも、強く思っている。


投稿: 銀鏡反応 | 2007/11/19 23:11:57

エンジン01お疲れ様でした!冬を迎える直前の新潟に素敵な時間と感動と余韻をありがとうございました!先生の心に残った新潟があったかいものでありますように。

投稿: も | 2007/11/19 21:56:26

エンジン01での茂木先生と波頭亮さんのセッションに参加させていただきました。

茂木先生からは『職業としての学問』のウェーバーを思わせる知的誠実さと熱意を感じました。しかも愛情たっぷりで温かい。大好きになりました。

また、御自身の信念に従って真摯に生きておられるお二人のお話を聞いて、自分のphonyさを再認識させられました。

私は女性なので一般社会で居場所を失っても修道女か娼婦になって愛の奉仕に人生を捧げる、という究極の選択肢がある分、男性よりも生きやすいはず。もっと覚悟を持って人生と対峙しなくては社会から疎外されるとたちまち行き場がなくなる男性方に申し訳ない(のかも知れません)。

もしかすると、女性が弱っている男の人に無性にやさしくしたくなるのはNoblesse Oblige的な義務感が無意識にあるのかな、なんてどうでもよいことを考えています。

素敵な講義ありがとうございました。これからも応援しています。

投稿: tmo | 2007/11/19 21:29:47

急に寒くなりましたね。
まだ11月なのに、年末かしら
と思うほど底冷えします。
茂木様、皆様、どうぞ、
御身体をおいといください。

投稿: F | 2007/11/19 21:25:52

はじめまして、エンジン01お疲れ様でした。僕は、人にしたくなる話シリーズ「脳」に参加させていただきました。まず、普通はとても聞けないような事なのですごい刺激になりました・・ただ、僕の能力では、人にしたくても、できない話シリーズになってしまいましたw
もっと「脳力」をつけようと思います。
島田さんといえば、「笑える芸術」にも参加させていただいたのですが、島田さんを一言で言うと、変態でした。

投稿: 哲蛙 | 2007/11/19 17:24:24

こんにちわ

四時間目があるとは、まるで、移動大学ですね。「放送大学」に対して、「移動大学」、面白いかも?(^^)

投稿: tain&片上泰助 | 2007/11/19 16:18:10

茂木先生

「東京物語」拝見しました。
白黒の映画は久しぶりでした。

自分とおきかえてみてしまい、
志げにも紀子にも近くない
自分がいました。

やはり置き換えるとしたら
先生は幸一でしょうか?

都会という所は、
忙し過ぎて
字の通り心を亡くして
しまいそうです。

かといって
無力な自分は、まわって
いくしかないのです。

無力だと知らない方が
楽に生きていけるでしょうか?

一度しかない人生、
愛するものと楽しく
過ごす…

笑える生き物は人間だけ。
どれだけ笑って生きれるか、
残された人生のテーマに
しようかと思いました。


人を喜ばす笑わせる事の
出来る方って
本当に素晴らしいですね。

もしも私が先生にお会いできた時、
不謹慎に笑っていても、
それは愛情表現だと
思って下さいね。

でも、たぶん
感激して泣いてしまうかも
しれませんが。

投稿: 桜美智子 | 2007/11/19 11:00:25

コメントを書く