« 脳の無限の可能性 | トップページ | 「プライベート」から「普遍」に至る »

2007/11/15

「通過儀礼」であってくれれば

昨日日記をアップしなかった
直接の理由は
ココログのメンテナンスだが、
それがなくても書く暇が
なかったかもしれない。

水戸で、「ねんりんピック」
のシンポジウムがあり、
私が話した後、
木の実ナナさん、コシノヒロコさん、
宗像恒次先生、それに宮川泰夫アナウンサーの
進行でシンポジウムをする。

NHK教育「日曜フォーラム」
で放送される予定です。

本番前、会場の近くを歩いて
いたら、ウラギンシジミや
ムラサキシジミが陽光を
受けて飛んでいて、
そのちらちらを眺めて
いるだけで私は幸せになった。

その光景は、人生に繰り返し登場すること
になる。

最初は、幼子として見た
母の故郷の森だった。

熱さは穏やかに
よみがえる。

ねんりんピック終了後、駅へ。

ホームでジベタにしゃがみ込んで
猛然と
MacBookを打っていたら、
水戸芸術館の高橋瑞木さんが
偶然通りかかる。

「うっ。こんなところを
見られて!」

ミズキさんは気付かないふりをして
サントリー美術館の招待券を下さった。
イイヒトである。

NHKへ。
『プロフェッショナル 仕事の流儀』
の打ち合わせ。

すみきちが紅白総合司会!
の話題で盛り上がる。

ありきちさんが、フリスクで
遊んでくれた。

NHKからほど近い白寿ホールへ。

ピョートル・アンデルジェフスキ
さんのコンサートを聴き、
対話する。
蔵島由貴さんに対する素晴らしい
「マスタークラス」のレッスンも。

優美なモンスター、ピョートルとの
対話はとてつもなく刺激的で、
時間ができた時に詳述したい。

最終の新幹線で名古屋へ。

翌朝6時過ぎ、集英社エクラ編集部の
榊原宏通さんと伊勢神宮へ。

外宮、内宮と回る。

外宮には初めて行きました!

新幹線で品川へ。
(車中、ある発明をする)

六本木ヒルズ。

三菱化学ジュニア・デザイナーズ・アワードの
表彰式。
水野誠一さんが委員長。
都築響一さん、日比野克彦さんと
席が近かったでゆっくり懇談、
がっしり握手。

受賞者の皆様、オメデトウございました!

時間の合間をぬい、サントリー美術館
にて鳥獣戯画を見る。

「甲巻」に尽きる。

時間は雪崩を起こした。

しかし、
伊勢神宮でも、古殿地の横で
ムラサキシジミ、ウラギンシジミが
陽光を受けて飛んでいた。

あいつらがいれば、ぼくの人生は
大丈夫。

それと、日々が、自分の内実を
書きかえる「通過儀礼」
であってくれれば良い。

思えば、少年の夏休みも、
また、
通過儀礼に満ちていた。

11月 15, 2007 at 07:19 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「通過儀礼」であってくれれば:

» クラクラしながら書いてみる トラックバック なんでもあり! です 私の日記!! 
先週末から始まった我が家の外壁や内部のメンテナンス工事も中盤にさしかかる。 室内での作業は本日までで終わり残すは外壁の塗装。 開口部の養生も滞りなく行われシャッター雨戸の開閉も問題無くできるようになっている。 今では見慣れた緑色のシートが醸し出す「緑色」の異空間を楽しむ。そんな余裕さえ出てくるから不思議だ。これも適応なのである。こんな部分でも順応性の高い自分を喜ぶべきかもしれない。* 「失読」という認知障害では「失」だからと言って全然できないということではない。 また、仮に脳の障害による読み障害があ... [続きを読む]

受信: 2007/11/15 8:18:08

» 解禁日はもう少し先 トラックバック 須磨寺ものがたり
今日は、ボジョレ・ヌーボーの解禁日、 ワインは、たまに飲む程度だけれど、 今年は、ボジョレ・ヌーボーどころではない。 [続きを読む]

受信: 2007/11/15 15:17:15

» そろそろ狩りに出かけなきゃ トラックバック 旅籠「風のモバイラー」
丸二日、38度以上の発熱で寝込んでしまった。あのちょっと気だるいぼーっとしたどこ [続きを読む]

受信: 2007/11/15 16:51:48

コメント

如何に多忙な日でも頑張って「クオリア日記」を更新されてきた茂木さん。

しかし、この日は格別眼の回るほどの忙しさだったのですね…。

そんな日に、またも2匹の小さな、愛らしい蝶たちがひらひらと、茂木さんの前に現われた…。

蝶と茂木さんの人生は、本当に切っても切れないつながりがあるのだなァ。


ところで、遅れ馳せながら、すみきちさん、今年の紅白歌合戦の総合司会、おめでとう御座います!! …素晴らしいご活躍を期待しております!


投稿: 銀鏡反応 | 2007/11/16 22:17:37

今日は芋虫小僧です。

自分が蝶になれるのはいつかなあ。いつでも心はパタパタ飛んでいますよ。秋になって涼しいからかなあ、今日も出勤中にたくさんの紫シジミ蝶を見ました。先月は紋白蝶と紋黄蝶ばっかりだったのに。

先生が一日で何カ所もまわるのが羨ましく、日記を読む度に日本を旅している気分です。もしかすると、脳の切り替えの数、気分転換の回数に、何か謎があるに違いない!と思い、真似っこして、昼休みに山手線に乗ったり、車に乗って、別の街にいってみています。しかし気分の切り替えが過ぎて、会社に戻りたくなくなりますね。

今年は夜更かしが過ぎて(投稿時間でお気づきでしょうか((笑))すっかり寝不足なんで、睡眠薬代わりにメラトニンを服用しています。そしたら、最近色彩感覚が冴えてきました。味覚もなんか違うし、もしや、これは。でも生来の生まれつきの差でこんな感覚差があるのなら、一概に薬が悪いとは思えませんね。感覚質って、なんか怖いですね。長くに薬を飲み続けるわけにもいかないかな、と思いつつ、いまのうちにと、色彩表現の研究開発を深夜までしているところです。

さて、今もう、眠くてフラフラですよ。薬が効いています。夢の中で虫取り網をもった少年に出会えるかなあ?

投稿: | 2007/11/16 4:55:56

はじめまして。
僕は学生なのですが、
先日の講演会は非常に勉強になりました。
学生に向けたアドバイスのくだりは
耳が痛くなることもありましたが、
気持ちを切り替えて頑張っていこうという決心と、
その溢れるモチベーションを
少しだけ分けていただいた気がします。

本当に日々が、自分の内実を
書きかえる「通過儀礼」であってくれれば良いと思います。
僕は怠け者のため
日々が自分の煩悩をどう乗り切るかの闘いです。

思えば、少年の夏休みも、
また、
通過儀礼に満ちていた。

なるほど、と思いました。
そういえば宮崎駿さんも子供時代の5分間の経験は
大人の1年間の経験に勝ると言っています。
(これはちょっと違うかもしれませんが)

ともあれ人生のどの時期でも
通過儀礼とは重要な役割を果たすのでしょうね。
茂木さんのブログで、
いつも最後の文が楽しみでもあります。

投稿: | 2007/11/15 22:45:52

こんにちわ

茂木さんは、御いそがしいすね。私は、病気のため、ずっと家の中で、犬の散歩で外に出るぐらいです。でも、暇と言えば暇だし、いそがしいと言えばいそがしい、経済の問題を考えているためで、充実していると言えば、充実している感じです。


>(車中、ある発明をする)

う~ん、非常に気になります。(^^)

投稿: | 2007/11/15 18:09:58

昨日、ブログを
突然お休みされてたので
少しびっくりしました。
私もほぼ毎日ブログを更新しています。
お忙しいとは思いますが
先生のブログを朝チェックして
「よし、私も」
と、思って続けていますので、
無理なさらない程度に頑張って下さい。(笑)

にしても、よく話すことがありますね・・
ご本にも書いてですもんね。
(*'(ェ)')//゛゛゛パチパチ ビックリ!

投稿: きらら♪ | 2007/11/15 17:48:48

コメントを書く