« 「ホープフル・モンスターを探して」 | トップページ | ひんやりとした空気が恋しくて »

2007/11/18

東京芸術大学 美術解剖学 鈴木芳雄

東京芸術大学 美術解剖学
2007年度 後期第4回
鈴木芳雄


東京芸術大学 美術解剖学の
2007年度後期第4回の授業は、
雑誌Brutus副編集長の
鈴木芳雄さんをお迎えします。

Brutusは、その独自の切り口からの
美術特集で知られます。
古典から現代美術まで。
さまざまなアートのSpecil Issueを
企画、編集し続けてきた
鈴木芳雄さん。

おそらく世界でも有数の
「年間展覧回数」をこなしつつ、
国内外に様々なアート関係の
人脈を築き上げてきた鈴木さんに、
美の「今」はどのように映っているの
でしょうか。

鈴木さんのアートにかかわる
類い希なる経験の一端を共有する
滅多にないチャンスです。

鈴木さんの日常については、
そのブログ『フクヘン』に詳しく書かれて
います。

http://fukuhen.lammfromm.jp/

2007年11月19日(月) 
午後3時35分〜午後5時
東京芸術大学 上野校地 美術学部 中央棟
第3講義室(2F)

http://www.geidai.ac.jp/access/ueno.html


鈴木芳雄さん近影。
一緒に訪れたサンクト・ペテルブルクにて。

11月 18, 2007 at 03:04 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京芸術大学 美術解剖学 鈴木芳雄:

» お勧めの対談本をお教えします♪ トラックバック WEB進化で変わる未来予想図
最近MP3プレーヤーを買ったこともあって対談にはまっています。 講演や対談の音声ファイルはまだまだ少ないですが、そんな中 脳科学者の茂木健一郎さんの対談はとても貴重なものとして むさぼるように聞いています。 例えば下記のファイルとか。茂木さ...... [続きを読む]

受信: 2007/11/19 0:32:08

コメント

エンジン01・11月17日(土)、
波頭亮さんとの対談の講義に参加させていただきました。

講義の後、茂木先生のお姿をお見かけし、
御手洗いに行かれる直前に(笑)、
失礼ながらも、つい、声をかけてしまいました。
すみませんでした。

講義では素晴しいひとときを過ごさせていただきました。
茂木先生最高です!

知的好奇心をかきたてられ、
本当に刺激的な時間でした。
先生の前向きさ、温かさ、熱意に触れ、
大きな勇気とエネルギーをもらいました。
本当に感動です。

先生たちや皆様と一緒にあのような
生き生きとした空間を共有できたことは、
私にとっての大切な財産です。
実際にその場にいることでしか得られない
貴重な体験をすることができました。

新潟にかけがえのないものを残していただき、
ありがとうございます。
今回のエンジン01を通じて、
人との出会いを大切にしていこうと
改めて思いました。

今回のテーマである「笑い」。
笑いはエネルギーですね。
講義中も何度も爆笑させられましたが。

「夜楽」では参加された皆様と
大いに笑い、語り合い、
素敵な夜を過ごされたんでしょうね。

私自身、日々、躓いたり悩んだりの連続ですが、
いつもクオリア日記やプロフェッショナルを
拝見する中で、
先生の言葉には何度も助けられています。

そしてまた今回の会場でも
更なる感動と力をいただきました。
この想いをいつまでも大切に持ち続けて、
そして、偶有性を楽しむ覚悟を持って
明日につなげていけたらと思います。

やっぱり茂木先生は最高です!(何度もすみません)
パッションと愛とポジティブと
ユーモアと温かさ、
いつもキラキラしている、
そんな茂木先生が大好きです☆
これからもずっと応援します。

投稿: | 2007/11/18 22:37:56

コメントを書く