« それはいつ、どこから来るのか | トップページ | 無数の月は生まれ »

2007/11/28

『欲望する脳』 増刷

『欲望する脳』 増刷

集英社新書

茂木健一郎『欲望する脳』

は、増刷(2刷、累計35000部)
が決定しました。

ご愛読に感謝いたします。

編集を担当してくださった
鯉沼広行さんからメールをいただき
ました。

「『欲望する脳』ですが、売れ行き好調につき、
早速重版が決定いたしました!
重版が早めに入って嬉しいです。
ありがとうございます!
読者層を見てみると、『欲望する脳』を購入している層は、
通常の新書読者層よりも「明らかに若い」です。
そろそろアンケートはがきなども来るかと思いますが、
面白い反応などありましたら、お送りいたします。」

鯉沼さん、ありがとうございます。

私の学生の野澤真一は、
「茂木さん、あの本、熱いですね!」
と言っていました。

amazon 

11月 28, 2007 at 07:43 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『欲望する脳』 増刷:

» 芸術脳 茂木健一郎 新潮社 トラックバック Take it ez !
脳科学者として有名な茂木健一郎さんと10人のクリエイターとの対話集です。 佐藤雅彦、内藤礼、小野塚秋良、いとうせいこう、松任谷由美、ヒロ杉山、リトル・ブリテン、菊池成孔、天野祐吉、リリー・フランキー テレビで拝見したり、著書を読んだりしていると、茂木さんの知識の深さや多さ、引き出しの多さというんでしょうか・・・感心させられます。でも実際には編集されているんじゃないかと思ったのですが、実際に茂木さんのトークショーを拝見したときに、リアルタイムに深い知識や博識が披露されることに茂木さんの頭...... [続きを読む]

受信: 2007/11/29 8:37:28

コメント

米子で行われた講演会、楽しく聞かさせて頂きました。時間は短かったですが、そこに込められた意味量(というかエネルギー量?)には圧倒的なものを感じました。

初めてのコメントで失礼かとは思いますが、ここで疑問に思ったことがあります。

『心』と『体』は切り離せないものである。ということを前提にすると、一方の変容は、一方に影響を及ぼすと考えられます。では、脳の中において無意識下に表象されている『身体図式』が崩れた場合(まぁ誰でも僅かなズレはある思いますが)それは『心』にどのように影響するのでしょうか。『身体図式』の崩壊が『運動イメージや行為』に影響することは想像出来るのですが、その対象が『心』となると、私では想像ができません。
先生の人生から、生きた教訓を得られれば幸いです。

投稿: こゝろ | 2007/11/29 1:03:07

野澤さんの
「茂木さん、あの本、熱いですね!」
に同感です。

思わず至るところのフレーズに
マーカーさえ引きたくなります。

コントロールすることのできない他者。
その他者と向き合うことについて
自分なりに模索しながら
じっくり読んでいるところです。


投稿: s.kazumi | 2007/11/29 0:37:10

昨日買いました。
これから読むのが楽しみです。

ゆらぎプロジェクトでの講演も
楽しみにしています。

投稿: zuzie | 2007/11/28 12:39:31

コメントを書く