« 鈴木メロス | トップページ | 何ものかを降臨させるために »

2007/11/20

藤森照信さんの「高過庵」を見て

ヨミウリ・ウィークリー
2007年12月2日号

(2007年11月9日発売)

茂木健一郎  脳から始まる 第80回

藤森照信さんの「高過庵」を見て

抜粋

 ある時期から、養老さんがしきりに「藤森さんがね」と言うようになった。
 「藤森さんがね、屋根にタンポポが生えている家をつくってね。」
 「藤森さんが作ったニラが屋根から生えている家を見てきたよ。」
 「藤森さんがね、縄文の話をするんだけれども。」
 養老さんがしきりに「藤森さん」と言われていたのは、東京大学教授の藤森照信さんのことだった。その口調からも、親しみと敬愛の情が伝わってきて、私は心を動かされた。

全文は「ヨミウリ・ウィークリー」で。

http://info.yomiuri.co.jp/mag/yw/


11月 20, 2007 at 07:34 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 藤森照信さんの「高過庵」を見て:

コメント

屋根からたんぽぽ、そしてニラ。なにやらうまそうな家ですね(笑)

茂木先生が、もしも今からご自宅を作るとしたらどうプロデュースされますか?じっくり仕事をしたくなるような家の案を是非教えてください。

いずれは庵と呼べるような我が家を作り上げたいものです。

投稿: imomusikozou | 2007/11/23 14:10:40

コメントを書く