« 大きな巨きな「自由」のヴィジョン | トップページ | 一緒にがんばって、良かったね »

2007/11/08

文学は世界を旅する

エスクワイア日本版 2007年12月号
特集「文学は世界を旅する」

茂木健一郎が読み解くロシア古典文学の世界。
「ロシア文学」という内なる旅。

和田京子さんがまとめてくださいました。

http://www.esquire.co.jp/esquire/2007/12/#

http://www1.e-hon.ne.jp/content/esquire_20071026.html

http://www1.e-hon.ne.jp/content/images/t_esquire12_p05.jpg

11月 8, 2007 at 07:28 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文学は世界を旅する:

» 羅生門 トラックバック 羅生門
芥川龍之介の羅生門が無料で読める [続きを読む]

受信: 2007/11/13 15:10:05

コメント

厳しい表情で遠くを見つめる黒いコート姿の茂木博士。
堂々たる雰囲気が伝わってきます。
在りし日のドストエフスキーも、この茂木さんのような感じだったのでしょうか。

投稿: 銀鏡反応 | 2007/11/09 4:15:05

茂木先生

お写真拝見いたしました。
ネクタイ姿、初めて拝見いたしました。
ちゃんと締めない所が不良っぽくて
とても素敵ですね。
少しお痩せになられました?

話は変わって
先生は、家に帰ってきて、部屋が散らかっていたら
どうなさいますか?

一、少しかたづける。
ニ、家族にぼやく。
三、気にならない。

私の予想は、三番ですが、いかがですか?

ブログの中で答えて下さるのを
楽しみにしております。


ロシア文学についてはまたのちほど。

投稿: 桜美智子 | 2007/11/08 23:12:21

コメントを書く