« 『熊楠の頭の中』 | トップページ | 東京芸術大学 美術解剖学 小柳敦子 »

2007/10/28

脳と個性

ヨミウリ・ウィークリー
2007年11月11日号

(2007年10月29日発売)

茂木健一郎 脳から始まる 第78回

脳と個性

抜粋

 日本人には個性がない、などと決まり文句のように言われる。本当にそうなのか、私は以前から疑っている。
 「十人十色」「蓼食う虫も好きずき」といったことわざにもあるように、実際には日本人だって個性的な人が多いのではないか。それを、「みんな同じ」というのは、色眼鏡をかけた思いこみに過ぎないのではないかと考える。
 少なくとも、私の研究者仲間は個性があふれる人ばかりである。研究者だから、どうせ変人の集まりだろう、一般の人たちとは違うんだと思われるかもしれないが、そんなことはないだろうと思う。

全文は「ヨミウリ・ウィークリー」で。

http://info.yomiuri.co.jp/mag/yw/


10月 28, 2007 at 10:07 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 脳と個性:

コメント

犬を飼ってみて気づきました
見た目は同じなのに 性格は全然違うんだってことに
でも その種の持つ共通項はしっかりとしたものがあるんですね
やっぱり

「個性がない」と見られると言うことは
「種としての完成形」に近いのかもしれませんね

投稿: | 2007/10/30 13:01:12

個性がないと言われることは異見を述べないことへのフラストレーションかもしれません。

個性について大きな違いを求めれば限界があると思いますが
一見同じように見えても微妙な違いを発見していくのは
興味、深いことだと思います。

投稿: | 2007/10/30 4:25:34

> 日本人には個性がない、などと決まり文句のように言われる。
>本当にそうなのか、私は以前から疑っている。

 私も疑っています。そして、科学的に思考する人であれば、こう言い切る事など出来ないと思います。

投稿: | 2007/10/28 11:28:18

コメントを書く