« 漂流してきてしまったのだなあ | トップページ | 光速の寄せと乙女の優雅の交錯 »

2007/10/25

脳のふしぎを探る

Lecture Records

茂木健一郎

『脳のふしぎを探る』

劣等感をこそ大切にせよ。
これからの時代は文系、理系は意味がない。
受験を乗り越える勉強法。
ほか。
質疑応答。

栃木県立宇都宮高校
2007年10月24日

音声ファイル(MP3, 84.1MB, 91分)

10月 25, 2007 at 08:41 午前 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55852/16867063

この記事へのトラックバック一覧です: 脳のふしぎを探る:

» 茂木健一郎 講演 トラックバック Capacity
脳のふしぎを探る 栃木県立宇都宮高校 2007年10月24日 【メモ】 勉強方法について 難易度を「自分で」調節。 人生は可能無限。何でもできる。 ドーパミンの津波を上手く回せ。ドーパミンが出る、一回転目までが勝負。 勉強はある程度苦しくないといけない。 勉強を... [続きを読む]

受信: 2007/10/25 11:46:14

» クオリア的劣等感 トラックバック 大きな国で
Capcityさんのメモより 『欠点を受け入れよ 茂木健一郎の現在の劣等感は日本語。日本の学問は田舎。 日本語で知的活動をすること自体がハンディキャップ。 大学入試英語の先にはるかな道のりがある。 君たちと同じように茂木健一郎も足掻き、悩んでいる。 外見、地...... [続きを読む]

受信: 2007/10/26 10:48:14

» 初めてのドライブ トラックバック 旅籠「風のモバイラー」
夜更けのトラック野郎見習い日記 1 昨夜、生まれて初めて3tトラック(ISUZU [続きを読む]

受信: 2007/10/27 0:31:44

» お酒を飲みすぎた夜に振り返った高校生活 トラックバック Kashiroman's BLOG "ブログの王子様"
宇都宮高校での茂木先生の講演会を聴きました。文系と理系の意味づけについて悩んだ高校時代が俺にはありました。 [続きを読む]

受信: 2007/10/29 2:30:42

» 脳の不思議 トラックバック 大きな国で
『脳のふしぎを探る』 の茂木氏のMP3を歩いているときには、繰り返し聞いている。 実に、サクサクと歩くことができる。 Capacityさんのおかげで・・ クオリア的勉強法 クオリア的コミュニケーション クオリア的劣等感 をブログをアップした・・・ それは・....... [続きを読む]

受信: 2007/10/29 22:45:10

» 脳科学とわたしの障害 トラックバック ケミーヤー
きのうは、有名な脳科学者茂木健一郎のブログから、音声ファイルをダウンロードして聞 [続きを読む]

受信: 2007/11/02 21:48:49

» 茂木健一郎 『脳のふしぎを探る』を聴いた トラックバック 森蔵ブログ
栃木県の宇都宮高校で行われた講演。少し他人より頭がいいかも?と思っている高校生が聴くと本当に感動すると思います。知の階段は青天井といって、学芸大付属高校、東大、また東大、またケンブリッジのトリニティカレッジというニュートンやノーベル賞がそのカレッジからだ....... [続きを読む]

受信: 2007/11/09 0:30:07

» 茂木と、ぼくと、未来と トラックバック cca × ameba
voice of ケチャップ 脳科学者である茂木健一郎さんの 宇高高校での講演をmp3で聞きました。 改めて素晴らしい方だと 感じたんですが 特に 日本には タレントと学者だったら タレントのほうが偉い という雰囲気がある。 それに風穴をあけるために テレビ... [続きを読む]

受信: 2009/09/21 7:34:30

» 宇都宮高校講演 トラックバック もぎけんPodcast
「脳のふしぎを探る」 劣等感をこそ大切にせよ。 これからの時代は文系、理系は意味... [続きを読む]

受信: 2009/11/11 11:03:10

コメント

ネット速度の遅いカブールで聞いています。
質疑応答の面白い部分でいつもぶちっと停電になったりするので最後まで聞けていません。残念。もう4回目、、、。

音声ファイルで売っていたら購入して何回も聞きたい講演ですね。

くだけてリアルな話しぶり。最高です。

投稿: カブール在住 | 2007/11/07 5:11:06

青春のambition ・・デスネ。^
>>
いつにも増して茂木先生のテンションの高さがビンビンと伝わってきて

痛快な話し振り。よい心持ちの講演でした。「偶有性の自然誌」の講義

以来だなあ、なんか。

この日は「センセイ」というよりも「茂木センパイ」って感じで

カッコイイRock'n' Rollが「鳴ってました」ね。

投稿: 風のモバイラー&野村和生 from nomgroove.com | 2007/10/28 18:13:30

女の子とつきあうことは高校生の同世代の子ははるかに
精神年齢が高いから十分背伸びになるからおおいにつきあいなさいという話がオモシロでした。
高校生の子達も「おお!」とざわめいたのがウケました((笑)

ところで以前ワーグナーを観たときにジークフリートが「僕の知恵と勇気と、君の若さと美しさを交換してください」と言っていたような記憶があります。(自分の記憶の編集がおきているかもですが)

プラトンが「響宴」で相手の魅力に価値を見いださなかったのかはともかくとして、プラトンが知性を全ての価値観のヒエラルキーにしようとしたのかどうかも、おいといて、プラトンにとってジークフリートのように、みずからの知性と交換しても良いと思う魅力を感じるものは何だったのでしょうか?

投稿: kon | 2007/10/28 1:44:17

いろいろな事が。。わか〜って嬉しい〜はないちもんめ。
栄養を頂けていつもごちそうさまです。の Uri です。

朝、自然に目覚めているなんて。そこまでご自身を管理
できているとは。影ながらでも心配などする必要は全く
なかったですね。(ちぇっ)

脱帽!

投稿: Uri | 2007/10/27 0:29:28

ためになるお話をありがとうございました。息子がよき先輩・後輩・指導者・仲間に恵まれて生きていく事を願い拝聴しました。幸せ・成功は考え方一つで決まる時代、考え方を自分で調整していかなければいけない時代。難しいけど、自分の力で動かせる人生です。今後のわが「参考哲学者」として情報を発信してください。返信をいただけたら万歳です。

投稿: 後ろにいた母の一人 | 2007/10/26 12:52:27

今、音声ファイルを聴きながらコメントを書いています。函館みらい大学の講演とは、口調も雰囲気も違って楽しいですね。高校生の自分に戻って聴いています。そして高校生の時に、茂木さんのような大人がいて、そのお話を聴けてたら・・もしかすると大学生活が変わっていたかな?なんて思っちゃいますね。

投稿: | 2007/10/26 8:13:13

こんにちわ

実は私は、心の病で、障害者年金生活なのです。女性の声が聞こえ、自分に色々言ってきます。ひどい事を言われる事があれば、やさしく同意される事もあります。また、急に気分が悪くなる事もあります。若い年金生活者として、日本の将来を考える事があります。

そう思い、私は、個人のシンクタンクだ!!として、政策のアイディアを、官邸に送ったりしていました。しばらくすると、「読みました参考にします。」のようなメールが官邸から来たので、うれしくなり、どんどん送っていました、同時に、メールマガジンを発行して、公開していました。メールマガジンサイトでは、週間発行数が多いので、政治カテゴリーでは、政治家、政党のメールマガジンより、上に来ていました。そう色々アイディアを送っているうちに、他国の政策のアイディアが思い浮かぶ事もありました。アメリカの政策を思いついて送ったら、それに似た、政策がホワイトハウスで発表されたこともありました。

そんな事をしているうちに、日本人とアメリカ人のアイディアに対する接し方が違う事に気づきました。アメリカ人は仲間うちがアイディアを出すと、その中で、0.1%でも良い所があると、それに色々継ぎ足して、仲間内みんなのアイディアにしてしまうのです。日本では、誰かが言っていた、「出すぎた釘は打たれない」ぐらいの100%を超えるようなのアイディアを作らないと仲間内から認められないのです。この日本のアイディアに対する体質を変えないと、世界に追いつけられないと心配になります。

グーグルの社長の話をしていた、茂木さんなら、この危機感をわかっていると思い今回書きました。(^^)

投稿: tain&片上泰助 | 2007/10/26 2:48:30

茂木様

初めまして。クオリアについてお聞きしたい事がございまして何度かメールさせて頂いたのですが、届いておりましたでしょうか?度々申し訳ございません。
コメントは茂木様が承認を行わないと一般には後悔されないようなので、blogコメントではございませんが勝手ながらこちらの方へ書かせて頂きました。お忙しい所大変恐れ入りますが、もしお時間ございましたらご確認お願いします。

投稿: 山岸 | 2007/10/26 1:51:19

先生のお話しがっつりいただきました。これからも頑張って下さい。応援しています!

投稿: 生徒の一人 | 2007/10/26 0:19:35

初めてコメントいたします。
お話に引き込まれてとうとう全部聴いてしまいました。
もう、話し方からしてこちらもわくわくする「ゴージャスな音楽」のような内容でした。
これからもひょいひょいと格好良く、日本人にいろんな意味での世界を教えてください。

投稿: そみ | 2007/10/25 11:45:39

茂木先生のお話、楽しく聞かせていただきました。久々の感動です。
受験生を持つ親として、先生のお話共鳴することが多く、正直なところ
いいことを言ってくれるじゃない・・と相打ちを打っては見たものの凡人の私としては、知らない世界の単語の羅列に少しばかり戸惑いを隠せませんでした。子どもたちのほうが理解していたかも知りませんね 
でも、私達、親が感動したように何かしら感ずるものがあったと思います。ありがとうございました。
早速、本を買わせていただきました。これから、脳のことと茂木健一郎を研究したいと思います。
また、TVでお会いしましょう! 宇高 3年生 母

投稿: KIYOKO.S | 2007/10/25 11:40:40

コメントを書く





絵文字を挿入