« 全スペクトラム | トップページ | 東京芸術大学 美術解剖学 福武總一郎 »

2007/09/27

動きが生命をつくる 書評

池上高志著 『動きが生命をつくる』
(青土社)


書評 茂木健一郎

讀賣新聞 2007年9月25日掲載

http://www.yomiuri.co.jp/book/review/20070923bk04.htm

9月 27, 2007 at 07:42 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 動きが生命をつくる 書評:

» 恋愛をスウガクする トラックバック Progress
[parts:eNoztDJkhAMmY3OmFBMDE0tDSzODRDNDcwtzS0tDQ5NE01QLoFhqiqW5hYlBinGKSaqRXlYxAB16DAw=] [parts:eNoztDJkhAMmYzOm5OTERNOkVAsAINMD0A==] 北海道ではコスモスが咲き、気温的にも秋を感じさせる…そんな感じです。 秋と言えば、食欲の秋、読書の秋…いろいろありますが、ひらひらと落ちる落ち 葉を見ながら、ひとり恋の気分に浸るなんてこともありますよね。 そこで、今日はスウガ... [続きを読む]

受信: 2007/09/28 5:08:37

コメント

コメントを書く