« 東京芸術大学 美術解剖学 日程 | トップページ | モンキアゲハに »

2007/09/03

柳川クン、ありがとう。

野田市での講演に、
研究室の
野澤真一が来たのでびっくりした。

野澤はやさしいやつで、
どら焼きを二つくれた。

一つは私、もう一つは柳川
透に渡してくれという。

柳川クンは、池上高志が
企画した日本進化学会における
「意識の進化」のシンポジウムで、
私の代打で話してくれた。

池上の日程が決まった時には、
野田はすでに決まっていて、
いかんともし難かったのである。

聞くところによると
柳川はりっぱに話した
とのこと。

野田市から京都にかけつけて、
セッションの後、みんなで
議論しているところに
着いた。

木屋町六角通。

「進化学会ご一行様」
とある。

谷淳さん、岡ノ谷一夫さん、
池上高志、藤井直敬さん。

柳川に、野澤からの
どら焼きを渡した。
後輩からのエールであるゾ。

そして、柳川クン、ありがとう。

こういうのは、セッションもそうだが、
終わった後の会話が面白いことに
決まっている。

セッションをふり返りながら、
池上と漫才をやっていると、
いろいろとイマージュがふくらんだ。

今朝は東京にトンボ帰り。

東京工業大学の大学院の
入試があるのである。

新幹線クン、一つ気合いを
入れて私を運んでくれたまえ!

9月 3, 2007 at 06:01 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 柳川クン、ありがとう。:

» 河合隼雄先生の追悼式 トラックバック アラヤシキ・ツネのファンタジー日記
国立京都会館でいとなまれた 故・河合隼雄先生の追悼式は 先生が望まれたという音楽葬。 ブラームスの『弦楽六重奏曲第1番変ロ長調』の生演奏。 河合先生が、 「日本うそつきクラブ会長です」 どこからともなく現れることを期待したが とうとう姿をみせてはくださら..... [続きを読む]

受信: 2007/09/03 6:16:10

» 鱸(すずき)をこよなく愛する男 漁師・村 公一 トラックバック 須磨寺ものがたり
鳴門の海で、 鱸に命をかける男がいる、 その男の鱸の味は、 別格という。 [続きを読む]

受信: 2007/09/03 10:15:04

» トラックバック ユーモア、川柳、名言
‘勘‘とは、合理的な経験を土台に瞬間的に働く確実性でした。訓練なくしてその‘勘‘は育たない。   『愛に生きる』鈴木慎一知識やデータ、情報の裏づけのないひらめきや勘は、たんなる思いつきである。そして、蓄えられたものが大きければ大きいほど、ひらめきと勘は正確に... [続きを読む]

受信: 2007/09/03 13:57:26

» ドクを食らわば… トラックバック なんでもあり! です 私の日記!! 
ドク… 毒を食らわば皿まで… というけれど。 お皿どころか、 それが載っているテーブルだの お箸、スプーン、その他のテーブル調味料まで すでに食べているんじゃあないか。 そんな気がしている今朝である。 腰痛だのなんだのありながら 私の消化器系は妙に丈夫だからね~。 で、これは飽食なんだろうか、粗食なんだろうか と考えてみる。 「粗衣飽食脳にはちゃんと血がまわり」 「医食同源、食即是医」 うーむ、いずれも、また良しなのだろう。 ... [続きを読む]

受信: 2007/09/04 7:23:55

» 茂木さんは心の広いお方だった トラックバック きむ仮説。
先日野田市興風会館で行われた 茂木健一郎さんの講演を聴講しに行ってきた。 同じ千葉県内にあるが野田というのは関わりがないので どれだけの規模が予想されるかわからないので 余裕を持って1時間到着。 そのおかげで無事最前列を確保。 *** ...... [続きを読む]

受信: 2007/09/04 11:18:00

コメント

私は野田で講演を聴けた一人なので、柳川さんに感謝ですね。面白いお話、誕生日だった私にとっては何よりプレゼントでした。沢山の人と話して、ひらめきいっぱいの人になりたい、色んなことを夢中でやって、先生みたいに自分の歳がわからなくなってしまいたい^^と思いました。楽しかったです、また来て欲しいです。ありがとうございました。

投稿: TOMOKO | 2007/09/04 2:09:00

柳川透さんの講演聞かせていただきました。グラフ理論のところをもう少しつっこんで聞きたかったけれど、これから展開が楽しみなところですね。また代打と言わず、進化学会でお話してください。脳の比較進化に興味があるので、トリの脳の調べ物をしていると、同室の英国人からBird brainは、ばか、という意味と笑われますが、どうしてどうして上手くできているようです。「表現の自由」は、かけがえのないものですが、、、次には「面白いところ」もお願いします!

投稿: ヒラカワミカ | 2007/09/04 0:22:30

茂木博士の教え子・柳川さんが池上さん企画のシンポジウムで、博士の代打でお話をされたとのこと。

そして研究室の野澤さんが、博士と柳川さんにドラ焼きをプレゼントしてねぎらわれたとのこと…。

心優しい、素晴らしいお弟子さんを持たれて、博士は本当にお幸せな方だ!と思います。

師弟の絆の強さというのは、まさにこう言う時に、現われるものなんですね…!

天気予報によれば東京は明日も残暑だとのこと、最高気温は31℃だそうです。それでも先月の炎熱猛暑の日々を思えば、だいぶ楽になりました。

それでは、このへんで失礼致します。

投稿: 銀鏡反応 | 2007/09/03 21:38:02

早いもので、もう九月ですね。
昨夜、はっと気が付いて、
カレンダーめくりました。
はじめて、私が
クオリア日記を知ったのは、
桜の季節だったから、
ちょびっと、時が過ぎました。
いつもいつも、心待ちにしています。
これから、母のところに出掛けます。

投稿: F | 2007/09/03 15:53:11

一年前ぐらいに、金魚を飼い始めたのですが、金魚は、大きくなると賢くなります。小さい時は、プカプカ浮いているだけですが、そのうち、水槽内を調べるように動くようになり、仲間を追いかけたりするようになります。さらに大きくなると、人間が来ると隠れるようになり、餌を与える前がわかるようになります。


意識の進化と成長、何か関係がありそう。

投稿: tain&片上泰助 | 2007/09/03 12:12:00

昨日の野田市での講演を聞かせていただいた、kujiraと申します。
興味ぶかく、とてもたのしい話しが多く、やっぱり聞きに行って
よかったなと思っています。(^_^)
重要文化財級の建物:興風会館 は、とても趣きがある建築で
当時の最新建築というような気概をかんじることができ、居心地も
すばらしい建物だと思います。(なぜか歯医者のような臭いがする
のが、ナゾですが。なにか隠された秘密があるのでしょう。)

私は、書かれている著作では、『脳と創造性』が一番好きで、対談では、ミュージシャン菊地成孔さんとの対談がとてもおもしろくNo1です。(^_^) そして「危機と創発」についてのエピソードについて、なんどか読み直しています。自分はいま、危機からなんとか脱出しようとしている身であり、この数年の自分をすこし支えてもらっている気がします。

昨日の講演はほんとうにたのしく、かついろんなヒントを頂いた講演でした。おおたかの森や野田市周辺に住み、この一年で書いた俳句のようなものを、講演のお礼に書き記します。(つたないですが、時間があるときにでも読んでいただけたら幸いです。(^_^))


こぼれぬうちに幸福を胸にため
つばめの雛 過去から巣立つ

底知れぬ情熱を宿し
立ち枯れる冷たいヒマワリ

都市のかなた音なき風が
暗がりのひとに吹き抜ける

澄みわたる空
咲く花々にも虚空のひそむ

アスファルト木洩れ日の中の
クローバー

散りゆく風に抗って
小さき花もいまを咲く

---------------------

多少メランコリー傾向がでていると思いますが、
書く事で癒されるという面がたしかにありました。

では、ますますのご活躍を祈り。
(河合隼雄さんの訃報は私も非常に哀しく言葉になりません。
また、YOUさんについても私は似た感想をもっていました。
DVD『シティボーイズミックス PRESENTS NOTA』はおそらく
仕事のうさばらしに最高だと思います!では!)


投稿: kujira | 2007/09/03 9:51:29

コメントを書く