« 「アカデミックな変人」待望論 | トップページ | 生きているという実感 »

2007/09/14

身体になじんで来た頃

筑摩書房の「タケちゃんマンセブン」
こと、増田健史からのメール。

*****

昨夜は、素晴らしい会をアレンジしていただき、
ほんとうにありがとうございました。
あれだけ嬉しいことは、もうそんなにないだろうな
と思います。

今日は、驚くほどいろんな人間が茂木さんの「日記」を
見ているのだなと痛感させられ、うんざりしています。
でも、とにかく茂木さんには大感謝です。

最後に、無粋なことを言わねばなりません。
「思考の補助線」の序論、ぜひともよろしくお願いします。
欲張りで恐縮ですが、そこで最高のプレゼントをいただけると
確信しています。

*****

タケちゃんマンに
「確信」されてしまっては仕方がない。

昨日会ったばかりだと言うのに、
「怪奇オオバタン」こと、
大場旦に呼び出され、
NHKブックスでなにがしかの
原稿を書く。

オオバタンは、しかし、
やさしい人でもある。
いつも、スターバックスの
カフェ・ラテを用意していて
くれる。


大場旦のくれたカフェ・ラテ

オオバタンのほろ苦い甘みの
親切に、「ありがとう」と言いながら、
心の限りを尽くす。

オオバタンは、私の近くに座って、
原稿を読む。
佐藤優さんの書き下ろしらしい。
原稿を読みながら、時折、こちらを
ぎろりと見て、ちゃんと仕事をしているか
どうか、監視する。

ゲンコウ、時々ギロリのオオバタン。


原稿に目を落とすオオバタン。


ギロリのオオバタン

解放されて、爽やかな風が
吹く街に出る。

NHKへ。

「五食」でネギトロ丼を食べた後、
缶コーヒーを買いに正面玄関を
出る。
ほんの少しの時間でも、
それに接することで心が安らぐもの。

それが木々の緑。

歩きながら、自然と
心脳問題のことを
想いだす。

このところ考えているのは、
メタ認知において、perceptの
identityが確立されるメカニズム。

ネギトロ丼がいいカンジで
身体になじんで来た頃、
スタジオに戻る時間となった。

そこには、敏捷にして闊達な
さざめきがあった。

9月 14, 2007 at 07:28 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 身体になじんで来た頃:

» 昔話の深層(ユング心理学とグリム童話) 河合隼雄 トラックバック 須磨寺ものがたり
昔話というと、子供の頃に聞かされた、 日本のものしか知らない私にとって、 「グリム童話」は、大変新鮮であり、 また、昔話とはこういうものだったのかと、 改めて、気づきをえたように思います。... [続きを読む]

受信: 2007/09/14 12:08:08

コメント

オオバタン・ネタにはめっぽう弱いので
連続コメントをお許しください。

「心脳ならぬ、心臓に悪いギョロリ画像」を保存させていただき、
だらけてきた時は、この画像を見て気合を
入れなおすことにします 苦笑。

投稿: おやじスケロプター | 2007/09/15 3:41:07

ぜひお幸せな「タケちゃんマン」さんの「確信」に
応えてあげてください!
私も早く本が完成しないかと楽しみにしています。

それにしても「オオバタン」さんの写真の下に
いつも好き勝手なコメントをつけていらっしゃる茂木さん、
とても楽しそうです。

今日は、紀伊国屋ホールで松岡正剛さんの
お話を聴いてきました。
首が痛くなるほど前の列の真正面で
わかったフリをしてきました(笑)。
帰りの電車の中で聴いてきたことを思い出しながら、
「そうだ!私の本棚は雑草ガーデニング風に!」
なんて思ったのですが、あらためて決意しなくても
もう既に荒れ野状態。。。(笑)

松岡正剛さんの本棚には、
ペンローズの本の横に科学者なら
普通は置かないような本が並べて置いてあったとか。
(茂木さんは、その状態をご覧になったのでしょう?)
茂木さんの本棚は、ジャングルのようなのでしょうか?

投稿: | 2007/09/15 1:43:51

>メタ認知において、perceptの
identityが確立されるメカニズム。

視覚、聴覚で、後頭葉、側頭葉→感覚と運動部分、中頭葉→思考する部分、前頭葉、と、して、脳の後部から、空間を作り、体を作り、思考部を作り、意識をつくり上げているのではないかと思ったりしています。低レベルのアイデンティティはこれで出来るのではないかと考えています。

鳥が生まれてはじめて見るものを親と見る事や、動物がパートナーを見分けたり、自分の子供を見分ける場合に、中レベルのアイデンティティが確立が必要だと考えています。


高レベルのアイデンティティは、私は確立していませんので、よくわかりません(笑)。

投稿: | 2007/09/14 12:19:03

大場様が座っておられる後ろにある、
棚(ですか?)が、なんだか気になる。。
昭和の頃からあったものでしょうか。。?
(それともレトロ調の新しいものなのかな)
サザエさんの四コマ漫画の本で、子供の頃も、
その時代の家具とか背景が面白くて、
あきずに見ていました。
茂木様の姿が見えないから強い存在感が伝わる、
<大場様シリーズ>私も、かくれファンですよ!

投稿: | 2007/09/14 10:05:03

コメントを書く