« モバイル不調 | トップページ | 暗がりを見分けるためには »

2007/09/10

巨きな山の稜線に

京都の堀川高校で、
「脳と人間」というタイトルで
講演させていただく。

堀川高校の荒瀬克巳校長先生は、
『プロフェッショナル 仕事の流儀』
にご出演の予定。

校門前にNHKの取材クルーが
いるのではないかと思っていた。

「もう取材は終わったんですか?」
「はい。大坪さんが、よろしくと
お伝えくださいと言っていました。」
「大坪さんはどうでしたか?」
「いやあ、気が合いましたよ。同盟を
結びました。いろいろと共通点があるの
です。」

大坪悦郎ディレクターは九州の離島
出身である。

堀川高校は、「堀川の奇跡」
と呼ばれる学校改革の中で、
生徒たちが自主的に総合的な学習を
進める中、飛躍的に大学への
進学実績を伸ばした。

講演会における生徒たちの
質疑応答も活発で、
恥ずかしいと思ったり、
物怖じしたりしないところが
好ましかった。

荒瀬先生と、東京のスタジオでの
再会を約し、堀川高校を
後にする。

京都大学名誉教授で、
動物行動学者の日高敏隆先生に
お目にかかる。

集英社の岸尾昌子さんのアレンジ。

アメンボの話。生物多様性の話。
ジャングルの話。ドクチョウの話
など。

話が尽きない。

日高先生と、コスタリカにぜひ
行ってみたい。

私の志向性が、「生の現場」
へと舵を切る中での、日高先生との
向き合い。

長野へ。

年に一回の研究室の合宿。

柳川透と論文の話をしたり、
石川哲朗とパーコレーションの
話をしたりする。

今回は
星野英一が場所を選定して、
青木湖に行った。

手分けして食事を作り、
談笑する。

みんな、レシピ通り
きちんと作っていた。
エライなあ。

湖畔に立つと、
アメンボたちが
すいすいと泳いでいくのが見えた。

圧倒的並列世界の中で、
みんな懸命に生きている。

明けて、作家の丸山健二さんの
安曇野のご自宅を訪ねる。

庭は
凄まじいまでの美しさで、
その強度は常人の域を遙かに
超えている。

これまでの人生のこと、
文学論、芸術論。

丸山さんの語りの力強いリズムが
心地よく、
聞き入る内に巨きな山の稜線に
抱かれる思いがする。

『日月山水図屏風』を
テーマにした長編を書き下ろしている
という丸山さん。

山がある。浪がある。四季がある。
生がある。死がある。

私たちの日常は、敏捷なる
行き交いに満ちているが、
山の芯の方の石ころは、
何万年とぎゅうぎゅう動きはしない。

「自分」から解き放たれた時、
初めて見えてくる巨大な世界がある。

優越感と劣等感。
どちらが魂の成長に資するかと言えば、
間違いなく劣等感である。

ただし、その炎をうまく飼い慣らさなければ
ならない。
焦がしてはならない。

安曇野のススキに光る陽が
ゆかしく、
日月山水図のイメージは
ずっとずっと私の後を追って
きた。


9月 10, 2007 at 10:12 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 巨きな山の稜線に:

コメント

優越感も劣等感も
自らの立ち位置を示すものですね。

心の炎を飼い慣らすのは至難の技です。

仕方ないから蓋をしたのに
気づかない内に飛び火して身を焦がしていました。

元々乾いていたのが始まりだったのに
一度豊饒の大地を知ってしまうと
あとはただ、焦がれて想いを馳すばかりに。

風に波立つススキ野原が
陽に輝くのを知るからこそ
日月山水図の黄金は
生き生きとざわめくのでしょうか。

投稿: | 2007/09/13 8:02:37

>恥ずかしいと思ったり、
物怖じしたりしないところが
好ましかった。

高校生のころは、そんなことばかりだったような…。

堀川高校、祖母の出身校です。優秀な学校になっているようで。

投稿: | 2007/09/11 4:26:53

いはまむかし、となりつつあり、堀川高校、ラジカル、リベラルという水脈は今も京都のキーワードでありえているのだろうか。

日高先生も、丸山健二さんも、こういう一くくりの考えからは離れて活動されてきた。

のみ込まれないことを意識しないで、著書自体がのみこまれ得ないことが持続していることが、オリジナルの証しか。

これは、京都にもあてはまり続けてほしい。

最近、京都の景観規制強化案に対して「地価が下がる」とコメントする人がいたが、このような人は東京で稼ぎなさい。

投稿: | 2007/09/11 2:48:35

12月に日高先生にお聞きしてみたいことを
もう思いついてしまったのですが、
会場中に笑われてしまいそうな馬鹿な質問です。。。
でも、知りたいんです(笑)!

先日、日記でご紹介なさっていた
ミュラー型のドクチョウの擬態は、まるで
「遠くの親類より近くの他人」のようで面白いですね。
「ゆったりとした独特の飛翔パターン」も見てみたいです。
優雅なだけではない凄艶な感じが漂っているのでは
ないかと…でも鳥は食べたらペッってしてしまうんですね。

合宿、みなさんでゴハン作られたんですか。
ほんとにエライです。
つまみぐい大王は、いませんでしたか?
いませんよね(笑)!

投稿: | 2007/09/11 0:15:36

コメントを書く