« 横浜美術館 | トップページ | 反応 »

2007/08/26

美と「私」−制約を恵みに変えるために−

Lecture Records

美と「私」−制約を恵みに変えるために−

茂木健一郎
『美と「私」−制約を恵みに変えるために−』
(「森村泰昌ー美の教室、静聴せよ」展
に寄せて)

レクチャーと質疑応答

2007年8月25日
横浜美術館 レクチャーホール

音声ファイル(MP3, 102.9MB, 112分)

8月 26, 2007 at 09:23 午前 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55852/16241091

この記事へのトラックバック一覧です: 美と「私」−制約を恵みに変えるために−:

» 暑い夜の、熱い「反省会」 トラックバック 須磨寺ものがたり
茂木健一郎のクオリア日記の、 美と「私」制約を恵みに変えるために、 それの音声ファイルの冒頭部分に引き込まれた。 [続きを読む]

受信: 2007/08/26 12:18:34

» 隈研吾的「負ける」デザインとしての緑のgoo トラックバック TOURISTIC
昨日、横浜美術館で茂木健一郎さんの講演があったので見に行ってきた。「制約を恵みにかえる」というタイトルであらゆる制約(文化的制約、地理的制約、能力的制約)をいかに恵みに変えて「自由」なアート作品として実現させるかというような内容だった。例によって右に左に話....... [続きを読む]

受信: 2007/08/26 13:38:00

» 「美」 トラックバック なんでもあり! です 私の日記!! 
茂木健一郎氏 音声ファイル『美と「私」−制約を恵みに変えるために−』を聴く。 語りはじめから、茂木氏の声がいつよもりしっとりと聴こえまた、微妙なバイブレーションも感じられてそれらが心のひだひだに染み込んで、なんだか涙が滲んできた。 それは、多分…今でも、ふいにやってくるシンドさ故かと思いつつ。 * 美の起源について。美とは選ばれるものであること。美は、政治的なものや、利害が対立することもあること。不自由な中での自由。制約は、野放しにするのでもなく、あきらめるのでもない。「本当のこと」は分かる人にしか... [続きを読む]

受信: 2007/08/26 17:12:29

» 人工進化3 トラックバック Tiptree's Zone
「・・・・という訳で、私たちは超人を生み出さなければならないのです」と、私は一通りの話を締めくくった。  その部屋の中には、大統領、国連事務総長、米空軍長官、米海軍長官、米陸軍長官、CIA長官、倫理学者、哲学者、神学者、生物学者、生物工学関連企業のCEO、そし...... [続きを読む]

受信: 2007/08/26 21:26:00

» [考える]ビジネス/文化/アート トラックバック 葉っぱの「歩行と記憶」
葉っぱ絵入門 ― 見て、作って、贈って楽しむ葉っぱひとつの簡単アート 作者: 赤崎一雄 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2006/03/17 メディア: 大型本 ◆マイミクさんの、おばあちゃんの「葉っぱビジネス」を読んでいたら、先日、民放で落ち葉で絵を描く葉彩画家赤崎... [続きを読む]

受信: 2007/08/30 10:28:48

コメント

がんばれ!楽しみにしています!

投稿: 九重義男 | 2009/12/16 14:39:30

「美ドルフィン」なんて、脳内物質があるかもしれませんね。美しいモノを見たり聞いたりすると、脳内に放出される。

茂木さんとは関係ないですが、皆さん、私も、はじめ、MP3ファイルがダウンロード出来なかったのですが、アクセス集中によるサーバーの限界ではないでしょうか、サーバーには、茂木さん以外のファイルもありますから、インターネット利用が減る早朝にダウンロードするとうまくいく場合が多いと思いますよ。

投稿: tain&片上泰助 | 2007/08/28 12:43:59

いつも楽しみにBlogを拝見させていただいています。
音声ファイルを聴きたいのですが、クリックしても、
開くことができません。
どのようにすれば、よろしいのでしょうか…?

投稿: hiro | 2007/08/27 23:54:10

音声ファイルをクリックしても、聴くことができません。。。
どうすれば、聴くことができるのでしょうか…?

投稿: hiro | 2007/08/27 23:51:07

夏の最終章 夜空を彩る打ち上げ花火を間近で見たようなドンと身体に響くものを感じました。

足元を見つめつつ、外の世界や本物に触れる機会を求める。
大事なことですね。本物に出会った時は衝撃の度合いが違います。
そんな体験を積み重ねて、自分の中身がミルフィーユ状の層を織り成す味わい深くしかも軽やかなものになったらいいのだけれど。
ぎゅっと凝縮より、当面は嵩高を目指すのもいいかもしれない(笑)

質疑応答も聞き応えがありました。 
双方向の真摯なやり取り。茂木さんの懐の深さ、垣間見る思い。

投稿: 高橋純子 | 2007/08/27 17:56:37

毎日、日記を楽しみに拝読させていただいています。
そしてなにより楽しみなのはMP3で聴ける講演です。
いつか会場に足を運んでみたいと思っているのですが、
なかなか時間もなくです。社会人になると予想以上の制約が
多いです。空しくなったりさびしくなったりもしますが、
なんとか生活してます。
茂木さんのMP3の講演は、1回目は食い入るように拝聴させていただき、いろいろ考えをはせることもあります。
一方、邪道といわれてしまうかもですが、会社からおそく帰ってきて、どうも眠れないとき、茂木さんの講義を流しておくと頭が切り替わって穏やかになってきて寝てしまうということもあります。眠れないときはこの講義を流そうという私の中で分類があります。

私の生活と、いろいろなことへの興味を感化してくださって
ありがとうございます。もう少し若い時に出会っていたらと悔やんだりもするのですが、がんばります。茂木さんもこれからもがんばってください。
ブログも毎日楽しみにしています。

投稿: tomoko | 2007/08/27 0:02:41

初めてコメント差し上げます。
『クオリア日記』、とにかく引き込まれます。
もちろん、専門的な事柄は読みっ飛ばし。知らない
英単語もほとんど無視。そんな乱暴な読み方を
していますがー。なにしろ、インターネットも
ブログを読むのも始めたばかり。ですから、
最初は読みづらく思ったこともありました。
少し慣れてきて、『クオリア日記』に、
勢いというか、生きのよさを感じています。
また、断片的に記されていますが、深い洞察もー。
毎日楽しみです。すっかりハマってしまって、
只今、バックナンバーを片っぱしからアクセス中。
そして、読みながら、詩人・永瀬清子さんの『短章集』
(私の宝物のひとつです)が頭に浮かんできました。
思い違いの多い私ですから、自分の勝手な思い込み
だろうぐらいに考えていたのですが、
<音声ファイル>で「黒魔術と白魔術」の話を聴き、
やっぱり、『短章集』と通じるものがあるんじゃ
ないかしらと、考えるようになりました。

気がついたら、秋の風、そんな日も間近かと思います。
どうぞ、ご自愛なさってください。
                                  
(追伸)三日ほど前から、<音声ファイル>が開かず、
エラー表示されます。OCNサポートへ問い合わせたところ、
そこのパソコンで『クオリア日記』ー音声ファイルーに
アクセスしても、やはり、エラー表示だそうです。
パソコン初心者で、わからないことだらけなのですが、
もしもーと思いまして・・・・

投稿: 鈴木京子 | 2007/08/26 22:56:41

初めてコメント差し上げます。
『クオリア日記』、とにかく引き込まれます。
もちろん、専門的な事柄は読みっ飛ばし。知らない
英単語もほとんど無視。そんな乱暴な読み方を
していますがー。なにしろ、インターネットも
ブログを読むのも始めたばかり。ですから、
最初は読みづらく思ったこともありました。
少し慣れてきて、『クオリア日記』に、
勢いというか、生きのよさを感じています。
また、断片的に記されていますが、深い洞察もー。
毎日楽しみです。すっかりハマってしまって、
只今、バックナンバーを片っぱしからアクセス中。
そして、読みながら、詩人・永瀬清子さんの『短章集』
(私の宝物のひとつです)が頭に浮かんできました。
思い違いの多い私ですから、自分の勝手な思い込み
だろうぐらいに考えていたのですが、
<音声ファイル>で「黒魔術と白魔術」の話を聴き、
やっぱり、『短章集』と通じるものがあるんじゃ
ないかしらと、考えるようになりました。

気がついたら、秋の風、そんな日も間近かと思います。
どうぞ、ご自愛なさってください。
                                  
(追伸)三日ほど前から、<音声ファイル>が開かず、
エラー表示されます。OCNサポートへ問い合わせたところ、
そこのパソコンで『クオリア日記』ー音声ファイルーに
アクセスしても、やはり、エラー表示だそうです。
パソコン初心者で、わからないことだらけなのですが、
もしもーと思いまして・・・・

投稿: 鈴木京子 | 2007/08/26 22:55:05

昨日の横浜美術館での講演聴かせていただきました。

茂木さん言葉を聴いて森村さんの展示を観て、私の脳にも良い傷のようなものが刻まれ、心が動いたように思います。

小学校の教師を目指しているので
制約の多い子供時代に、彼らに少しでも広い世界を見せ、心動く経験を提供できればいいなと考えています。

また講演にも足を運びたいと思っています。
昨日はありがとうございました。

投稿: marii marumo | 2007/08/26 20:28:51

突き詰めて考えることをやめさすような、妙ちきりんの優しさはいらない。

濃くなっていきたいのに探したいのにそれを水で薄めるような言葉の掛け合いもいらない。

じゃ、どうするのって核心にせまると、
結局逃げる。

逃げ腰の嘘の優しさ。自分に突きつけられると怖いから、巧みに逃げてる。それが談合社会だと思う。

講演中~質疑応答だんだんに スパークしていく茂木さん。

しゅるしゅるぱちぱちねずみ花火みたいに、はじけてた。

講演しながら、ご自身でも考えが深まったり、確信に迫ってくるんですか?

       茂木さん自身から、喜びが伝わってくる。

投稿: おおはたみやお | 2007/08/26 15:58:04

常々私は、本物を…本物の美術作品を(それが若冲のようなものであれ、現代美術であれ)見ることがあまりないことを、心の片隅で気にかけていた。

今回の横浜美術館で、茂木さんの講演を聴かせていただいて「制約を恵みに変える方法は、自らの制約を受け入れるということにあるのだ」という主張に、深く強く感銘を受け、そのあと、森村さんの作品という本物の現代美術作品を見させていただき、少なくとも私自身にとっては、たいへんに貴重な体験が出来た、と思っている。

改めて森村さん、そして茂木さんに心からこの場を借りてお礼を言わせてほしい。

お蔭で素晴らしい体験ができました。
有難う御座いました。

投稿: 銀鏡反応 | 2007/08/26 13:07:54

コメントを書く





絵文字を挿入