« モーツァルトを生きる | トップページ | 文脈をはるかに超えて »

2007/07/16

ウィーン

成田で飛行機に乗る少し前に、
揺れた。

新潟で大きな地震。

機上、
ずっと仕事をしていたら、
MacBookが熱暴走と
思われる不具合。

ウィーンで乗り換え中。

冷めたらしく
やっとシステムが立ち上がる。

様々なことの根底が
揺らいだようで、ドキドキする。

仕事の必要上、三遊亭円朝の
『真景累ヶ淵』
を読む。

この人はやはり天才だった。

ウィーンに飛行機が到着した時、
オーストリア人二人が、
「何だい、これは! 東京より暑いじゃないか!
と驚いていた。

まだ明るい。
あと少しで、ザルツブルクへの飛行機。

7月 16, 2007 at 11:08 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウィーン:

コメント

>冷めたらしく
やっとシステムが立ち上がる。

>様々なことの根底が
揺らいだようで、ドキドキする。


わかります。私は、自作のデスクトップを一つだけ持っていたのですが、いつ壊れるかわからないのでヒヤヒヤでした。

最近では、なぞのリセットがかかるようになり、「ウイルスか?」と、思い新しくOSをインストールすると、やっぱりだめ、「電源かな?」
と思い電源を新しいのに取り換えたら直りました。

パソコンが壊れたとき、インターネットで調べる必要があるので、安いノートパソコンを買いました。


私の場合、必要なデーターはUSBメモリーに保存しています。ソニーの「ポケットビット・ミニ」と言うUSBメモリーで小さくて大容量でセキュリティ機能の付いたのがありますから、財布にいつも入れています。安心感がありますよ。
(MacのOSによっては、動かないのがあるので気を付けてください。最新のOSは大丈夫みたいですよ。)


昔、電波少年と言う番組で、10万円で大陸横断や大陸縦断する企画があったのですが、「今どこにいる?何している?」と、毎回番組を見てました。茂木さんが海外へ行くと、「今どこにいる?何している。」と言う、心境になります(笑)。

投稿: tain | 2007/07/17 9:07:25

今朝のテレビで知りましたが、東京も、昨日午前中、
かなりの揺れがあったのですね。
茂木様、そして皆様のご無事を祈っています。

投稿: F | 2007/07/17 8:49:12

かわりなく、文字通り、飛び回っておられる様で何よりです。

ザルツブルブで量子と脳についての会議ですか。そしてこの日記の前の日記がイドメネオ。必然の軌跡ですね。

さて、今回の新潟地震でもっとも気になるのは、原発です。
「考えられる最も強い地震を想定して設計してあるので・・・」との、お決まりのコメントを会社が出していた。

最も強い地震に準じるものが、連続して余震で起こることは想定しているのだろうか。万が一原子炉が海岸地盤とともに日本海に崩れ落ちれば大変ではすまない。地震国日本の海岸に原発を作ることの危うさを今回改めて感じる。

ではどうする? 
都市部でもいいから、地盤が堅固なところに建設する。

投稿: fructose | 2007/07/17 1:56:18

地球のどこからでもメッセージが届く。 嬉しい。

ところで、『真景累ヶ淵』歌舞伎でしか見たことが
ないので、茂木さんが、円朝は天才だと感じた部分を
また、このブログに書いてくださいまし。

今日は世界のどこも、平和でありますよう。

投稿: sakuranomori | 2007/07/17 1:13:09

この記事へのコメントは終了しました。