« 東大駒場 認知科学講義 | トップページ | サナギになる勇気 »

2007/07/04

流れていったもの

聖心女子大学の授業。
身体性の問題をあつかった。

NHKで共済組合の機関誌の
取材。

プロフェッショナルの
収録。

帝国ホテル 総料理長の
田中健一郎さん。

朝近くの公園を走る。

森の中をさっと駆け抜けていって
開けたところに出て
空を見上げるとツバメが飛んでいる。

颯爽としていて、すばやく、
広い。

ツバメの目の中では、
周囲の風景が猛スピードで
流れている。

やがて眠りに着くとき、
出会ったもの
流れていったものを
思い出すのだろうか。

7月 4, 2007 at 06:26 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 流れていったもの:

» 初心わするるべからず トラックバック 鈴木正和 (すずきまさかず) ブログ日記  文学の痛みと感動 
地方に移り住んで、2年目だが、 今年は、時に、 自分が所属している学科の授業よりも、 別の学科の、週に1コマ前期のみの授業で、 話したいことが話せる場合がある。 日本語表現の授業なので、 今年は、学生たちに、 いろいろなテーマで書いて貰い、 つまりは、文章を書くための 授業をしているのだけれど、 今日などは、 ちょっと文学作品の一節を取り上げて、 それを読む機会を得ることができた。 思えば、昨年の春から、 授業の中で、文学作品の文章を取り上げて、 じっくりとその文章を読み、 精読したり、話しをす... [続きを読む]

受信: 2007/07/04 7:20:10

» 旅先で考えたこと トラックバック アラヤシキ・ツネのファンタジー日記
旅先でじわじわと思い始めて 途中もそのことをつらつら考え 飛行機が成田空港に降り立ったら 考えがいよいよ煮詰まった。 帰宅してみるとすっかり腹が据わっていた。 私という人間はとても変な人で 情熱的で元気ハツラツなわりには 生への希求が薄弱で 虚無の影が寄りそう..... [続きを読む]

受信: 2007/07/05 3:04:41

コメント

邂逅  >> アヴァロンの女神のダンス 3

SCENE 1/ACT 1 柔らかなヨロイ

きょうもいまひとつ体調すっきりせず 
病みあがりというより 病ミ下ガリの夜空ニ デアルコレデハ(笑)
何かお腹にいれないと・・と思い 夕刻 うどんや の暖簾
に腕押し とりなんうどん をたのみ カウンターについた
仕事帰りに いっぱいやってる常連さんが三人 ・・Ц こんなかたち
の尻尾のとこがおれでーす ・・よく滲み込んでそうなおでん鍋が
眼の前に

空腹感をあおられ たまご だいこん 牛スジ 竹輪(デカイゾ)
をおばちゃんにたのみ 息もつかせず ・・左耳で 常連さんの会話を
ナントワナシニキキナガラ・・ むさぼり喰う 意外と丈夫な胃ブクロ
なのか? さきほどまでのダルさがウセテイル・・

さすがにビールは我慢する クルマをコロガシテイル途中なので

まあ 此処が上野公園ならハナシは別だが 三十九キロオーバー
でツカマッタばかり ・・といってもかれこれひと月前になるけど
・・ついこないだは梅田 太融寺付近 旧関西テレビ近くの あの
ジャズBar いんたあぷれい8 ヨコの路上パーキングスペースに
300円を投入シ然るべき場所に駐車シテイルニモカカワラズ
当局の魔の手に愛しのYELLOW Beat が拉致コウソクサレタシナ・・

暫くして これまたHeavy User らしきおばさんが店に入るなり
ビールサーヴァーでセルフで給油(笑)
おいらの右手側に ううむ まさしく止まり木! おれの未来の
カフェ もかくありたし

そうこうしていると とりなんうどん が目の前に


半分喰ったあたりから・・
どうもまたダルさとともに 気持ち悪くなってきた
少し残してしまう 「お勘定して」とおかみさんにつげる
>>
ハイ 950円いただきまーす

おでんおいしかった♪
じゃあ 百円玉で細かいけど・・
ひい ふう みい よ いつ・・あっ!いま何時かな

ええと七時ですよ お客さん・・

はちきゅう とお ごちそうさま!!

五十円のお返し おおきにー

さっと 暖簾をくぐり外へ出た

外は ヤミ上ガリノ夜空 ノムコウ に暗い森
そして 天の川・・ 
>>

お勘定お願いしまーす

ハイ!きょうは三十五周年でおでんは半額よ

えっ・・ラッキィやなあーありがとうおばちゃん
ハイ 1千万円!

うわーっ こんなぎょうさん ハイ おにぃちゃん二百五十万円

うわーっ こんなぎょうさん!おおきに
>>
噺家たるもの 転んでもただでは起きないノデアル
ドンドン♪


投稿: | 2007/07/07 7:10:28

前略 茂木先生=大家さん

風のモバイラー 大江戸捜査網始末帖控FILE 001

その節はたいへんお世話になり、白洲信哉さんのいい話が聴け、上野公園でも楽しいひと時を過ごすことができて

ありがとうございました。

あのあと 浅草で遊んでしまいましたが、浅草演芸場ヘ向かう途中のオープン・カフェ風のその界隈では見かけない風情の

Barがあったので (かの捕鯨船のハス向かい)吸い込まれるように入っていって ネイティヴ浅草の人たちと 結局

朝まで飲むことに。(♪インタープレイ in 浅草)

そこで 常連さんらしき初老の紳士が、静かにカウンターで飲んでらしゃったので

そこは「さわらずに」にいましたが、他の客が帰り 夜が更けて 店が落ち着くと・・


俄然その紳士が やんちゃ坊主になり・・ じつはこの方 新仲見世の大店(おおだな)旦那さん でした。

やはりハードに働く人がHardに夜通し遊ぶのだ(例外はありますが・・ )ということを目の当たりにした・・ というか

僕があおった というほうが正確かな ほかじゃ聞けない貴重な話をお聞かせいただきました。


正直なところ 僕が浅草に抱いた「危うい感じ」 を率直に伝えました。

雷門の向かいの某コンビ二の店長以下店員の意外なほどのレベルの低さとか

(浅草は仲見世と浅草寺しか知らない・・ メインストリートは或る意味 ランドマークなんだけど・・

「ああ 横浜の!」と返す ズッコケ店長とか トホホ)

スターバックスはじめ大手資本の出店攻勢とか

いったい誰が神輿かついでお祭りやってるのか?

粋でいなせ とは なんて 上方の下世話なオノボリサンがいわなくったって 端から 日常的に

粋でいなせ をやってる浅草っ子がいるってこと・・

浅草寺の横で ひっそりと 浅草神社が 彼らの「聖域」として在ることを

・・ でもあんまり 触れられてほしくない 場所 ではありますね


ともかく 社長はかなり 危機感をもってました。

>>
このまんまでは 乗り越えられない 誰がいいと思う? 君なら・・

と御聞きになるので 言いたいことはわかってたけど まあタイミング的に 大松本人志とか

茂木先生の名前が アタマヲヨギリマシタ・・(笑)

浅草を知ってる 「世界の」北野 武 しか もうまとめるひと いないって

>>
そのまんま東が 宮崎県知事なんだし 殿が 総理なら 不思議の国 ニッポンらしくていいなあ

なんて 返しましたけど。


・・ ながなが書きつけて すいません ひさびさに クオリア日記を拝見し また励まされました。

乱筆乱文 失礼があれば 御赦しください。


2007年7月5日
 大阪 堺にて  風のモバイラー&野村和生


追伸 茂木先生のことなので 今日のアップが おそいのは きっと
    また 山に登ってきたのか!と思ってましたが、はずれまし    た。ところで きのう書いたコメントは何処へ彷徨う・・?

投稿: | 2007/07/06 9:17:50

茂木様

今、仕事がお忙しいのでしょうか。
なんだか、悲しいタイトルが続いていたので、
気になっていたんですけど、やっと、自分が
起き上がれる体力まで回復したので、つい、
また、身の上話とか送付してしまいました(反省)
6月になって詩集が出来上がったので、
こつこつと短い手紙を皆さんに書いていたら、
事務的にやればいいのに、昔のこととか思い出して、
どかっと疲れ込んでしまい、風邪と重なって、
クオリア日記を、ずっと読めませんでした。
まだ、頭も身体もふらついてます。
近日中、茂木様宛て私の書いたもの送付いたしますが、
どうか、おゆるしくださいますよう願っております。


それから、ずっと、気にしていたのですが、
茂木さんの声がなまなましいとか書いて、
本当にすみませんでした。悪く受けとられたと
思います。しりきれとんぼ的でした。
どなたかのコメントにもあったように、
江村様は、茂木様に、最期に、なにか託して、
旅立たれたのだと思います。
そういうことを伝えたかったのですが、
うまく言えていませんでした。

はじめ、茂木様と、私は、まるで違っていて、
それが魅力で、毎日更新されるブログを
楽しみにしていました。それが、しだいに、
ちょっと自分がかなしくなってしまっていました。
茂木さんの文章は、私の不眠症を治したり、
ほんとに、すごいですよ。だから、これからも、
深くて、きれいな文章を書いてほしいです。
もちろん、そればっかりじゃなくていいですけど。

こういうのはメールの方に送付すべきなのでしょうね、
なんとかのひとつおぼえで、こちらに打ち込んでいます。
駄文もうしわけありません。昨日の分といっしょに、
お手間ですが消去ください。 
               いのうえ ふみ

投稿: | 2007/07/05 11:39:00

やはり 朝は金
昨夜から今朝・・ YouTubeで ケツメイシのPVを 観た

最近タワーレコードで彼らのセカンドアルバムを買い込んで
(ともだち って曲が忘れられないので)クルマで聴いてたとこだった
ので しばらくキキホレ 見惚れてしまった

注目は また君に会える  ・・これって「彼女」のPVでもあるね
そして トレイン なんだか忘れてしまいそうだったことを
想い出させてくれて 励ましてくれるような そんな曲です

うちの前の小さな公園の空を ツバメたちが
よろこびにあふれて 目を瞠る飛行を披露してくれていたこと
を 思いだした

投稿: | 2007/07/05 8:54:24

>やがて眠りに着くとき、
>出会ったもの
>流れていったものを
>思い出すのだろうか。

出会ったものや流れていったものが
思い出してくれているのだと思います。

投稿: 新屋敷 恒 | 2007/07/05 3:19:38

昔、バイクで事故をした時、景色がスローモーションになった事を思い出した。
普段そんな風に景色を克明に見ることは無いのに。
ひょっとしたら人は克明に今まで見た景色をはじめ、
様々な出会った事柄さえ覚えているのではないか。
ただその景色や事柄に必然性がなければ、
その景色や事柄は保存されたまま、
それ以上でも以下でもない存在に落ち着く。
そこに意味や必然性があれば、
唐突に思い返される日もあるのかもしれない。
記憶の変質があったとしても、
その記憶あその人の中で確かな質感が宿っているように思う。
そんな風に思うと、
人は人が思っている以上に偉大な存在のような気がしてくる

投稿: | 2007/07/05 1:33:33

緑深くなった朝の公園を駆け抜けて、ふと見上げた空を滑空するツバメの気持ちを思う茂木さん。

ツバメも、目で見ている風景が仮令猛スピードで流れていても、私達と同じように、出会ったもの、流れていったものを、眠りにつくときも、きっと思い出すに違いない。

ところで、昨日の日記にあった「日記書いている暇があったらこっちの仕事をしろ」と、茂木さんに向かって念じている多くの方々に、この場を借りて私からもお願い。

何卒、茂木さんからこの「クオリア日記」を書く暇を奪わないでほしい。茂木さんにとっては朝の貴重な「空白」の時間だし、我々ファンにとっては、彼の消息を知る大切なすべなのだから。

投稿: 銀鏡反応 | 2007/07/04 18:46:08

電子辞書の広辞苑で、「柔軟」と、いう言葉を引いたあと、ぶらり、上下の単語を見ていったら、「十二処」という言葉を見つけた。

じゅうにしょ「十二処」(仏)(「処」は梵語ayatabaの訳。領域・場所の意)人間の感覚器官である六根(眼・耳・鼻・舌・身・意)とその対象である六境(色・声・香・味・触・法)との総称。

これを見つけて、当時、頭が考えているとは知らなかったはずである。「意」を「法」としたり、「意」を感覚の一つとして考えたいたのは、面白いと思った。


ツバメですが、生まれた成鳥が、どうやって、夏の後、南の地方へ帰れるのは、不思議です。

投稿: | 2007/07/04 15:45:56

夏風邪でダウンして寝込むこと数日、
だいぶん気分が良くなってきたので、ひさしぶりに
テレビをつけて見ていたら「プロ流儀」の再放送、
涙、でました。盲導犬の訓練師、私の若い頃の夢でした。
その夜、うっかりして、途中からになってしまいましたが、
外科医の先生のお話が聞けて、また泣きました。
5才のとき、心臓外科の手術を受けて、命拾いしてから、
まだ、こうやって、この世にいられるのは、幸運なことです。
人並みの体力がなく、あきらめることばかりだったけど、
そこから見えてくるものを見ていればいいんだ、と、思う。
それで、いいのだ、と思います。

茂木様、皆様、暑くなってきましたが、
お元気でいてください。


投稿: | 2007/07/04 15:25:46

コメントを書く