« When closed doors set us free | トップページ | 科学大好き土よう塾 »

2007/07/27

もう忘れてしまいました

仕事が遅れてしまっている
みなさま、ごめんなさい。
 ボクは一生懸命やっているのです。
 しかし、時が十全に全てを満たす
ことを許さないのです。

 朝、大切な用件のために、
銀行に行った。
 そこから、原稿を書きながら
NHK出版に向かった。

 大場旦に約束していたからである。

 オオバタンの前で、原稿を
必死で書いた。
 意識の本質にまつわることを。


オオバタンがくれたスターバックスに励まされて。

 オオバタンの机は、以前と様子が
変わっていた。
全然違う場所に移るのかと思っていたら、
同じ場所だった。

 本人は、前に比べたらすごくキレイに
なったと言っていたけれども、
どうでしょう、皆さん。
 そんなにキレイになったかなあ。


机がキレイになったろう、と自慢するオオバタン。

 西口玄関に向かってオオバタンと歩いた。
 さようなら、オオバタン。また会う日まで。
 ボクはがんばるよ。
 と、その時は思っていた。

 『プロフェッショナル』の収録。
 ゲストは、助産師の神谷さん。
 いやあ、考えさせられたなあ。

 自称「数字を持っている男」河瀬大作
デスクと打ち上げをする。

 河瀬さんが、「この後編集アップなんだけどね」
とやる気を見せていると、
 その勢いに引き寄せられるように、
次々と人がきた。

 日経BPのwebpageの『プロフェッショナル』
に関する記事を書いて下さっている
 渡辺和博さん。

 昼間会ったばかりのオオバタン。

 その上、なんと、東京に新たに
オープンする外資系ホテルの
壁を仕上げたばかりの挟土秀平
さんが来た。
 
 挟土さんは、
『プロフェッショナル 仕事の流儀』
の8回目のゲストである。
 ボクと住吉美紀さんが、「スタジオ収録で
あんなに笑った記憶がない」という
くらい。
 人を笑わせる、素敵な人だった。

 有吉伸人チーフプロデューサーは、
「挟土さん、タレント事務所に紹介しましょうか」
と言っていたくらいである。

 挟土さんが来て、ボクは
笑った。
 いろいろなことを忘れて、
「今、ここ」を楽しんだ。


左から、挟土秀平さん、デスクの山本タカさん、オオバタン

 いやあ、諸君、どんなに忙しくても、
気の置けない人たちとの談笑の時間。
 これは必要だと思うよ。

 生命力というのは、実にそのような
時に育まれるんじゃないかな。
 
 朝早く起きて、睡眠不足でも、
がんばろうと思う。
 
 オオバタンが、「茂木さん、仕事を
しましょうね」とスゴんだことも、
もう忘れてしまいました。

7月 27, 2007 at 05:44 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もう忘れてしまいました:

» 人間対コンピュータのチェス対決 トラックバック Progress
[parts:eNoztDJkhAMmY3OmFBMDE0tDSzODRDNDcwtzS0tDQ5NE01QLoFhqiqW5hYlBinGKSaqRXlYxAB16DAw=] [parts:eNoztDJkhAMmYzOm5OTERNOkVAsAINMD0A==] プロのポーカープレイヤー2人と、カナダのアルバータ大学で開発されたプログ ラム「Polaris」の間でポーカー対決が行われ…結果は11時間の死闘の末、2人 のプロの薄氷の勝利。 プロの方は、苦戦したことを正直に認めるとともに、こ... [続きを読む]

受信: 2007/07/27 5:55:55

» ずっと・・・という感覚 トラックバック なんでもあり! です 私の日記!! 
朝から日差しが強い。 駅まで家族を送っていくと 空の青と信号の青(緑)が重なって見えた。 それは、ずっとどこまでも遠く広く。 * ベランダの窓にすだれを吊るす。 一本一本ことなる節目模様をぼんやり見る。 本来、すだれは水をかけて使うもの。 そうだ、ちょっとやってみよう。 すだれに染み込み、蒸発し そうして涼を運ぶ、自然の力。 * 忙しかった今週。 今日は、きっとリフレッシュしよう。 ... [続きを読む]

受信: 2007/07/28 8:24:22

コメント

以前の大場さんの机と何が違っているのか見比べて
うん、ある程度本が消えていると納得しました

お持ち帰りになられたのでしょうか

辞書が背表紙を見せていないのはひょっとして
左利きなのではとか
想像してしまいました

面白いです

投稿: | 2007/07/28 11:36:21

前回はハンドルネームでお邪魔しましたが、たしかにその必要は無いのかもな、と思い直し、今回から自分の名前でお邪魔します。
茂木さん、いつもお忙しそうですね。時間に追われて、というよりは、茂木さんが時間を追い越して、現在進行の場に茂木さんがいない、、というのか、、、。

談笑の時間に生命力が育まれる。本当にそのように思います。
私も明日は友人に会えますので、十分に楽しんで、次への活力にしたい!と思いました。

急に暑くなりましたので、体調など壊されませんように。

投稿: | 2007/07/28 2:45:08

オオバタンさんの心中お察しいたします。。。
きっと「共有スペースの机をひとりで占有するのは
やめてください。」とか
「私がいない時に私の机で仕事して
荒らすのはやめてください。」などと言われ
引越しを機に、かろうじて書類仕事ができるスペースを
つくられたのだと思います(笑)。

半年後の「オオバタン机」が楽しみです。

先日、会社の宴会で
「おいしいもの食べて、こうやって話できるひとたちが
いるだけで人生幸せだよね。」と言った方がいたのですが
「だけ」にひっかかってしまい、適当に相づちを打つことも
できませんでした。
どうせ酔っ払って言っていることなのだから
そんなに真剣に受け取らなくてもよさそうなものなのに(笑)!

投稿: | 2007/07/28 1:12:33

大場旦(オオバタン)さんの机のお写真を拝見。

…え? 前と同じ場所なんですか?…う~ん、たしかに以前よりは少し(失礼!)きれいに整理整頓されたみたいですね…。


そんなオオバタンさんの前で、茂木博士、必死に原稿をお書きになる。それでもオオバタンさんは、深い友情ゆえに、博士を大きな心で、温かく見守っていてくださるにちがいない…!

…それはそうと、茂木さん!あの挟土秀平さんと再会されたというではないですか。

いやぁ、挟土さんのご出演なされた回、私も拝見しましたが、楽しかったです…!

挟土さんの、妥協のない仕事の姿勢も素晴らしかったのは言わずもがなのこと、カラオケボックスで矢沢永吉の曲を熱唱されるシーンを見たときには、思わず「この人、熱いなぁ」と感心し、対談コーナーでお話をされる時、ほんとに面白い人だなぁ~と、本当に楽しませていただきました。

茂木さんはいろいろとお仕事を抱えておられるにも関わらず、挟土さんのような、気の置けない方々との語らいなどがあるから、どんなに多忙な日々も…仮令お仕事が遅れることがあっても…乗り切って行かれるのに違いない。

茂木さんと同じように忙しい人で、鬱や過労で亡くなる人達のニュースをよく聞くけれど、その人達は、ひょっとしたら、茂木さんのように、気の置けない、何でも話し合える本当の「朋友」「盟友」がいない人なのかもしれない…。

ところで私事乍ら、ハンドルネーム=実名(カタカナ表記)名義で、この日記へのコメントや掲示板「The Ancient Qualia Cafe」への書きこみをさせていただいていたが、やはり何となく違和感を感じるのと、最近、実名に似た偽名を何者かに使われイタズラをされたこともあり、従来のハンドルネームのみの名義に戻すことにしました。御心配をおかけしたと思い、何とも申し訳なく思っています。

実名名義でもハンドル名名義でも、私としてはネット上の言動に今まで以上に責任をもって書いていきたいと思います。

投稿: 銀鏡反応 | 2007/07/27 20:39:23

隈研吾様についての、
茂木様の英語のブログ拝読。
いつかまた、時間が出来たら、
TOEICの試験受けにいこう、
と、目標のひとつにしていたのに、
時は流れ、わあ、忘れていました。
つらいときほど、なにか自分なりに
一生懸命になりたいのだ。。。
茂木さんの英語のクオリア日記、
また、楽しみに待ってますよ!


投稿: | 2007/07/27 18:44:12

先生ファイト!!(笑

先生ががんばっていると
励まされます。

仕事もしないといけなくて、
このタイミングでどうしても
友人にも会わねばならなくて、
事務所まで来てもらい、
横で気の置けない人たちが
食べたり飲んだり笑ったりしている姿に
(自分も一部参加しながら)
事務所寝泊まり二日目の自分も
癒(リフレッシュ?)されました。

そしてもちろん早朝から稼働してます。
私もがんばります!

投稿: | 2007/07/27 11:35:01

大場旦さんの机、きれいな方ではないでしょうか?(非難できないです、笑)

本を整理整頓する人と、おもちゃ箱のようにする人がいるのではないでしょうか。
確か、脳は、記憶力タイプと、推論力タイプがあるらしいですから、関係しているのかも?


>オオバタンの前で、原稿を
必死で書いた。
 意識の本質にまつわることを。

小学校の頃の思い出を思い出した。
私が宿題を忘れて、放課後、罰として漢字の書き取りをしていると、学校の裏門の道をはさんで向え住んでいるクラスの同級生も、放課後、学校に残っていた。でも、漢字の書き取りをしているようではないのである。「何しているの」と、聞くと、「宿題をしている。」と言うのです。「どうして」て、聞くと、「学校で、宿題をすると早く終わるから。」と、言うので、一度、宿題をしたら、確かに早く終わった。小学校頃の不思議な思い出である(笑)。


投稿: | 2007/07/27 9:20:38

忘れた頃にやってきた>> 旅籠「風のモバイラー」起動す♪

当初の計画からだいぶ遅れて ようやくブログをオープンしました。

皆さまどうぞ御贔屓に

オオバタンさまは 素晴しくいいキャラですね。ぜひ一度 手前どもの

旅籠「風のモバイラー」にお越しくださいませ∂。-

http://nomgroove.cocolog-nifty.com

投稿: | 2007/07/27 9:11:29

待ってました・・のオオバタンさん登場ですね。
談笑の時間・・・は、社会と脳が手をつないで踊ること。
孤独とは全く違う時間が脳内で舞い、踊るのだと思います。

オオバタンさんの机は、

①背後に荷物を移動する事によって
かろうじてスペースを確保しているのか?

②片付いてると言っても、長周期型震度2
ぐらいでも簡単に崩れやしまいか??

③左横のダンボールをどかした方が、足元が涼しいのではないか?
 逆に言うと、オオバタンさんは寒がりなのか?

④同じくそのダンボールの隙間にゴキブリ君が
生息しているのではないか?

などなど、失礼ながら心配事は耐えません。

> オオバタンが、「茂木さん、仕事を
しましょうね」とスゴんだことも、
もう忘れてしまいました。

オオバタンが、「茂木たん、・・・と
読めてしまい、わが目を疑ったら、わが目(脳)が
間違っていました(笑)。

いずれにせよモギタン(失礼)のこのシリーズ(?!)
はもはや楽しみになってますのでぜひぜひ
続けてください。

投稿: 山下 | 2007/07/27 8:53:04

コメントを書く