« 純粋な黄金のような | トップページ | 星空とモーツァルト・モード »

2007/07/26

ぼくのなつやすみ3

ぼくのなつやすみ3
スペシャル対談

茂木健一郎 × 綾部和

http://www.jp.playstation.com/scej/title/bokunatsu3/taidan02.html#

7月 26, 2007 at 07:55 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぼくのなつやすみ3:

» 夏休みが懐かしい トラックバック 鈴木正和 (すずきまさかず) ブログ日記  文学の痛みと感動 
今日の木曜は、 来週の期末試験の問題を作成した。 授業もあったので、その合間と夕方に残って。 冷房が5時少しを回ると切れてしまうのと、 さすがに1日中、こもっていると、 参っても来るので。 いろいろと個人的に困ったこともあって、 予定が上手く立たなくて、 これから5日間は、 学校に通って、 ノートの点検と採点で、 さらに閉じこもるかもしれないが、 その後の予定も考えものの状態で、 授業や会議やその他あり、 いろいろと先を考えると、 たっぷりとした日数がなくて、 予測はしていたものの、 結論がま... [続きを読む]

受信: 2007/07/26 21:24:07

» ぼくのなつやすみ 3  終わりました。 トラックバック  時間の外 
ぼくのなつやすみ3(以下「ぼくなつ3」)の1回目のプレイが終わった。 そこで前作「ぼくなつ2」、前々作「ぼくなつ1」と比較して、気づいた事や感じた事など、感想などを書いてみよう。 ... [続きを読む]

受信: 2007/07/27 14:56:52

» 草の香り トラックバック この地球を受け継ぐ者へ † Life log
? ちょっと蒸した夏の日の昼間に、 むせるような草の香りがする草むらは、少年時代の原風景を思い出させる。 そんな空き地があって、そこにはカマキリやバッタやトンボがいた。 アシナガバチの巣や蜘蛛の巣を避けながら。 (自分は蜘蛛が苦手だった。) 目当て... [続きを読む]

受信: 2007/07/27 23:11:33

» 少年時代 ボールすくい トラックバック この地球を受け継ぐ者へ † Life log
産まれた時からずっと、地元に住んでいる。 幼い頃とは、町内の様相もかなり変わってしまった。 小さい頃遊んだ近所の公園の遊具、レイアウトも変わっている。 その同じ公園で、自分の子供と遊んでいることが不思議。 町内会のまつりは、その公園で実施される。 小学生のこ... [続きを読む]

受信: 2007/07/30 23:22:13

コメント

中年以降世代を泣かせるようなパッケージみたいですね。

小学校までは近所の神社で蝉とり、田舎での鰻漁とキャッチボール。中高時代はブラスバンドの合宿と特訓。大学では、オケの合宿に備えて、家庭教師で荒稼ぎ。

就職後、ぷっつり無くなった夏休み。
でも昔の黄金時代を思うと、計画して取る休みにはそれ程魅力を感じない面もある。

投稿: fructose | 2007/07/27 8:24:39

コメントを書く