« 「言葉が終わるところから、音楽が始まる」 | トップページ | カジノ資本主義の逃げ足 »

2007/06/23

氷入りのコーラ

ラスベガスに向かう飛行機で、
着陸寸前に目を覚ますと、
後ろの女の子三人がうるさい。

着陸すると拍手をする。
誰も他にはやらない。

They always used to do this...
などと言っている。

機内アナウンスで、your final destination
という言葉が出ると、
一番大きな声の女の子が

Hell!

と叫んだ。

確かに、人生の最後のdestinationは
HellかHeavenなんだろう。
後ろの三人がどっちかは知らない。

ラスベガスにはツーソンの学会の
際に二度ほど来たことがあるが、
それは4月のことだった。

6月下旬、夏至の頃の
ラスベガスはもっと暑いだろうと
思っていたら、やっぱりそうで、
まるでドライヤーを吹きかけられている
ような気がする。

ホテルのアイス・マシーンが
必需品に感じられる。

会議が本格的に始まるのは
今日からだが、いろいろな
仕事を持ち込んでいるので
おちおちスロットマシーンも
していられない。

仕事をしているんだったら、
東京もラスベガスも同じことだと
思う。

アメリカ人は楽しむことだけは
かなりの才能があるんじゃないか。
デイヴィッド・カッパーフィールドとか、
ブルーマンとか、
セリーヌ・ディオンとか、
ショウビズは楽しそうである。

こちとら楽しむというよりは
猛然と仕事をするモード。
熱風と猛烈さの競争をしていても
まあ仕方がないのであるが。

「氷入りのコーラ」
をすでに一年分は飲んだ。

6月 23, 2007 at 11:02 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 氷入りのコーラ:

» 下流志向に反して トラックバック Progress
[parts:eNoztDJkhAMmY3OmFBMDE0tDSzODRDNDcwtzS0tDQ5NE01QLoFhqiqW5hYlBinGKSaqRXlYxAB16DAw=] [parts:eNoztDJkhAMmYzOm5OTERNOkVAsAINMD0A==] 人生は一度きり…時間は確実に過ぎ去っていき、どんどん歳を重ねることになり ます。 自分の能力を発揮するための新しい機会はどんどん与えられますが、一度過ぎ去 るとその機会は決して戻ってくることはありません。 そんな一度きりの人生... [続きを読む]

受信: 2007/06/24 5:32:19

» 水出し煎茶 トラックバック 須磨寺ものがたり
夏至を過ぎると、もうそこに夏がやってくる。 沖縄では梅雨明けしたという。 [続きを読む]

受信: 2007/06/24 10:12:43

» 「ゆうパック」失態顛末記(2) トラックバック 御林守河村家を守る会
さきほど、9時半ごろ、 郵便局の担当者が謝罪に来ました。 少なくとも二人のお客さまが、 チルド(クール)代を二重徴収されていたことが分かりました。 つまりクール代を、 発送時に私が支払い、 到着時にお客さまからも徴収したという 二重徴収なのです。 私は「ク... [続きを読む]

受信: 2007/06/24 10:15:50

» 反対の方向から眺めてみる トラックバック 鈴木正和 (すずきまさかず) ブログ日記  文学の痛みと感動 
テンションが沈む時。 疲労。 天候も気分を左右する。 日常の瑣末な出来事。 引っかかる言葉。 毎日、次々に押し寄せてくるもの。 やりたいことがあっても、 そこに辿り着くための、 余裕が芽生えてこない。 そうした時に、人は待つしかないのだろうか。 * 希望を与えてくれる人。 未来への勇気を貰える人。 仮にそれが、生身の人ではなくても…、 その人の言葉は尊い。 * * 一つひとつの出来事や事柄や苦労を、 反対の方向から眺めてみる。 今、大変だと感じたら、 この大変さを超えることで、 ... [続きを読む]

受信: 2007/06/24 13:40:17

» ひと足早く夏の空気に トラックバック なんでもあり! です 私の日記!! 
店先で見かけたチャーミングな向日葵の花束に魅せられて 仏壇用に二つほど買いました。 いわゆる仏壇らしいアレンジもあるのだけれど パッと見て、「ああ、これを活けたい」 と思うものを選ぶことにしています。 仏壇の中に、ひと足早く黄色い夏の空気が満ちて。 そう… 今年は初盆ね。 * 外は雨。 雨には紫陽花がよく似合うけれど 熱風のような暑い日差しも恋しい、こんな一日。 アクセス解析 ... [続きを読む]

受信: 2007/06/24 16:26:32

» 今朝テレビでやってたブルーメン(しゃべらないあおい顔のパフォーマー)動画 トラックバック 楽器が大好き
今朝ズームインか目覚ましでやってた顔を青く塗った人達のパフォーマンス。 youtubeにありました。しゃべらなくて無表情。 パイプを叩くパフォーマンスが面白いです。パイプの長さを別の人が変えると音程が変わります。 本当にしゃべらないですね。 ブルーマングループ IN 東京 東京・渋谷での渋谷O-EASTにて 「ブルーマングループ IN 東京」の 制作発表会がありました。 ブルーマングループは、世界8都市でロングラン公演を行っているショーです。 もともとは19... [続きを読む]

受信: 2007/07/12 16:07:55

コメント

「氷入りのコーラ」それいいですね。

暑さゆえの氷入りなのかしら?
それとも・・・。

もともとコーラを飲むと酔っ払い状態になっていたのですが、
この間コーラを飲んでテンションが上がってしまい、なかなか
抜けなくて24時間苦しみました。
ドーパミンって言うのかしら、ドバーーーって困りますよね。
コーラーって何かテンションを上げるものが入っているのかしら?

コーラによるハイテンションが自分のテンションについて
いけなくなって自己の脳処理が微妙に心に作用してたりしているのかも、、、
♪ざわわ~ざわわ~ざわわ・・・って私の体質だけだったりして・・・。

投稿: | 2007/06/25 10:11:32

暑さは苦手と思っていたのだが
少し北に住んだだけで秋口の風が寒く感じられて上着を探した

適応したのは生まれ育った土地のみだろうかと
少し暗澹たる気持ちになった


ドライヤーの熱風のような風
自分の知らない風を
知ってる人がいる
羨ましい

投稿: | 2007/06/24 14:22:31

以前は、暑さにも平気でしたが、近年、寄る年波には勝てず、
暑さにはコリゴリ。
 
 茂木さん、1年分の樽腹を両の手でいっしょに抱え、
イスに向かって一言。 よっコラショ !! 

投稿: | 2007/06/24 13:08:41

「氷入りのコーラ」、「氷」が溶けるよりも早く飲み干してしまうのでしょうね。

投稿: | 2007/06/24 11:41:23

「氷入りコーラ」、「氷」が溶けるよりも早く飲み干してしまうのでしょうね。

投稿: | 2007/06/24 11:40:53

インドでも、アメリカでも、イギリスでも茂木さんはどこにいても違和感ないと思う。たぶんそういうの越えちゃってるオリジナルが噴出してるから。どこにいても強烈オリジナル。頼もしいと思います。

皆様のご健闘を祈っています。

投稿: | 2007/06/24 11:02:22

なんだかんだで楽しそうですね。
熱気に併せて気持ちが高揚しているかのようです。

昨日の学会では先生を嫉妬させるような
素晴らしい論文はありましたか?
第3楽章を奏でたくなるような
インスピレーションに出会えるといいですね。

同僚の、先行休暇に入った人達から
ドバイ・ケルン・スイスからと
メール便りが届きました。
次回休暇は数年先になるだろうからと、
皆思いきった旅行をしています。

先生までもカルフォルニアとくれば
こちらまで気もそぞろ
リゾート地は決まれど
その後の冒険はどうしようかと考えています。

日本より暑い国では
チョコの味が違いますよね。
溶けない油でコーティングされているから
でないとただのドリンクです。

氷入りのコーラだって
コーラの水割りなのだか
氷水のコーラ味なのだか
でもその冷たい感じがたまらなく

いつか思い出すと
コーラの香りが鼻をかすめ
コメカミがキーンと痛くなるのだろうと

過去を振り返ることは
深いセンチメンタリズムに自ら飛び込むことで
たとえ変化していようとも
たとえ事実とズレていようとも
自らの、必ず共感できる表現豊かな物語。

小説に負けてらんないぞ。

投稿: | 2007/06/24 10:16:16

海外では普段とは違うことを凝縮してしまうことがありますよね。
「一年分のコーラ」、身体が驚くでしょうね。
「一年分のりんご」、私は苦手なので大変でした。

投稿: | 2007/06/24 10:14:16

初めて書き込みます。わたしは、津口と言います。

わたしは同じようなことをトルコの飛行場で思いました。
イスタンブールからカッパドキアという場所へ行く時のことでした。
モスリムの女性の話です。その女性は80歳はゆうに超えているようでした。チケットを握りしめて眉間にシワをよせて搭乗口にいました。

私はそのおばあちゃんと手を握って飛行機に乗りました。すると、その女性のシートは私の真後ろでした。
クンクン、、、クンクン、、、お香のにおいが凄いのです。離着時のお祈りの時間に一瞬にしてたかれるお香のにおい。これが、なんとなく茂木先生の日記のHell!!!の話に通じるのかな、なんて思いましたもので書き込みさせて頂きました。

貴重なスペースを、有り難うございました。

津口

投稿: | 2007/06/24 9:22:49

私も、やられたことがあります。
観光でニューヨークからワシントンに列車で移動した時。
真後ろの座席にいる女の子と男の子がずーっと
喋りっぱなし、暴れっぱなし!
暴れる衝撃が背もたれにドスドスと伝わってきて。。。
ちょっとウトウトすると、すぐにドスドスの衝撃で
目を覚まされました(笑)。

…お腹、壊してしまいそうな勢いですね。
一年分の「氷入りコーラ」!!

投稿: | 2007/06/24 8:49:26

30歳台に仕事で何度か行ったカリフォルニアはカルチャーショックでした。
サンフランシスコ、オークランド、ロサンゼルス、サンディエゴ。
何もかも大きくて、「勝ち組」(あの頃はこんな品のない日本語はなかった)のフィールドとしては最高だろう。

嗚呼アメリカ!と思ったのは、サンディエゴのGEの工場傍の空港から頻繁にジェットが離着陸する風景だった。これまた馬鹿でかいマッドパイを食べるのも忘れて見とれていた。

あの頃はAIDS問題の初期のころで、街には多分病気によるヘルペスだったろうか、手とか顔に病変を持った男を多く見かけたような気がする。そして何とかウイルスを見つけ、延命薬も開発してしまったのもアメリカが主役だった。
清濁併せ呑むアメリカ。

乾燥地帯で飲むコーラはうまい。日本では見かけないCherry(サクランボ、サクラの木、新品、初心者、良いもの[こと]、格好いいもの、いかすもの、処女、処女膜、童貞:英辞朗on the webから)Cokeをよく飲んだ。

ラスベガスで大穴博打に勝利して、帰りは全員ファーストクラスに変更できればいいですね。

投稿: | 2007/06/24 3:18:43

暑さの事。
ドライヤーの熱を吹きかけているようなラスベガスの暑さ?
名古屋の夏は、風も動かず、溶鉱炉の前に立っているようでした。
30年前まで暮らしてました。
東京はそれに比べて過ごしやすいと思っていたら、最近は
異様な暑さです。 異様な、不快な暑さです。
ラスベガスのドライヤーの方がまだまし かも知れません。

日本人のDNAだろうか? それとも茂木さんの個性かしら?
猛烈に働くと言うのは。 でも働くのを楽しんでいる感じもする。

東京にいても、ラスベガスにいても、こんなに容易に
COMMUNICATIONができるなんて。。 
長生きはするもんだ!!

コーラなんて体に良くありませんねエ---。
長生きして下さいよ。 

投稿: sakuranomori | 2007/06/24 1:12:54

こんにちは。はじめましてジローといいます。
毎日読ませて頂いて、脳を活性化させて頂いて居ります。
ぼくも昔ラスベガスで遊んだ事がありますが、現実離れしたところでしたね。

ところで最近は僕は「脳内メーカー」の「脳の中の占い」が気になります。
http://maker.usoko.net/nounai/
これって当たっている様な気がするのは何故でしょう?

投稿: ジロー | 2007/06/24 0:17:02

東京以上に暑い夏至のべガスで、猛然と仕事をされる茂木さん。

氷入りの冷え冷えコーラを飲み過ぎて、くれぐれもお腹を壊されませぬように。

>アメリカ人は楽しむことだけは、かなりの才能があるんじゃないか。…ディヴィッド・カッパーフィールドとか、ブルーマンとか、セリーヌ・ディオンとか、ショウビズは楽しそうである。

…まぁ、たしかになんでもかんでも自分から楽しんでしまう、そういう才能は世界でも指折りクラスだと思います。NYのホットドッグ早食い大会でも、何でも。

我々日本人にはなかなか出来ない芸当ですね…。

でも、そういう「人生何でも楽しむ精神」を、我々も多少は見習ったほうがイイのかもしれませんね…。

学会での大成功、心よりお祈り申し上げます。

投稿: 銀鏡反応 | 2007/06/24 0:09:49

アボカドは最近、食べていなかったので、
さっきから検索して、料理のレシピ見てました。
ふむふむ、豆のサラダに入れると美味しそうだ、
なるほど長芋と組み合わせると和食のお惣菜になる、
などと、一人で感心して、こちらに戻ってみたら、
もうすでに、茂木さんの日記は新しくなっていた。

そちらは、とても暑そうですね。
水分補給にはコーラしか手に入らないのですか?
スポーツドリンクとかは?
病院の点滴と中身は同じ、とお医者さんに聞いてから
具合の悪いときはポカリスウェットとか飲むように
していますけど、結構いいみたいですよ私は、って、
やかましいと言われそう。

とにかく体調管理をしっかりされて、
茂木博士、お元気でいてくださいね。

投稿: | 2007/06/23 23:49:42

コメントを書く