« 人生が消えていくような | トップページ | (本日)対談 マンガの神さまはどこにいる »

2007/06/01

ブルータス 大松本論

ブルータスの村岡俊也さんに画像をお送り
いただきました。

Brutus No. 618
2007年6月1日発売

大松本論
いったい、松本人志とは何者なのか?

茂木健一郎×松本人志対談 「絶叫する脳」全発言の記録。

http://www.brutusonline.com/brutus/issue/



6月 1, 2007 at 05:46 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブルータス 大松本論:

»  ブルータス「大松本論」 茂木健一郎×松本人志 トラックバック 須磨寺ものがたり
6/15発売のBRUTUSに「大松本論」と題して、 松本人志の特集が組まれ、その中で茂木健一郎と松本人志が笑いについて、 熱く語っていた。 [続きを読む]

受信: 2007/06/02 13:36:07

» BRUTUS 大松本論 ブルータス 松本人志&茂木健一郎 トラックバック Take it ez !
浦沢直樹さんと茂木健一郎さんの対談から、松本人志さんと茂木健一郎さんの対談のBRUTUS(対談記事6ページ分)もチェックしました。茂木健一郎さんの対談などの書物を読む度に、茂木さんの知識の広さや深さに関心はしていたのですが、活字になるっていうことはリアルタイムじゃないということの証拠でもあるから、編集であとから最もらしくしているんだろうと思っていました。 しかし、浦沢さんとの対談をライブで見て、茂木さんが自身の記憶・知識の中から瞬時に取り出すというすばらしい能力を目の当たりにして私は感服...... [続きを読む]

受信: 2007/06/03 19:10:00

» 松本人志の笑いの本質 トラックバック Progress
[parts:eNoztDJkhAMmY3OmFBMDE0tDSzODRDNDcwtzS0tDQ5NE01QLoFhqiqW5hYlBinGKSaqRXlYxAB16DAw=] [parts:eNoztDJkhAMmYzOm5OTERNOkVAsAINMD0A==] BRUTUS『大松本論』(2007/6/15号)の中で、『「絶叫する脳」全発言の記録』と題 して、茂木健一郎と松本人志の対談が掲載されています。 その中で、松本自身が自分の笑いの本質が“世の中への怒り”であるとともに、 その怒り... [続きを読む]

受信: 2007/06/10 0:13:31

コメント

ka kko i- na,


omedeto- gozai masu

mogi kennitiro- sennse-


投稿: to-ziro | 2007/06/03 15:23:08

Brutus買いました。
なーんだ、
いつものパンツかー

この写真家さんの名前
覚えておこうと思いました。

今日は何度日記をチェックすることに
なるのかなと思いましたが、
一安心です(笑


投稿: inu | 2007/06/03 13:44:24

このジーンズお似合いですね。

松本人志かー

会えていいなー
話せていいなー
いいなー
いいなー

5分だって話したことないのにー

投稿: inu | 2007/06/02 16:09:34

おわらいのひとは、角回が異常に発達してるってきいたことがあります。かっかいってどこらへんにあるんですか?

投稿: 洋子 | 2007/06/02 9:33:36

おもしろく読ませていただきました、ロング
インタヴュー「絶叫する脳」。

これはさしずめ「大日本人」と「クオリア人」の、
この世で最初で最後のシュールな対談ですね…。

茂木さんの理知的な「ツッコミ」を松本さんが、例の掴み所のない「ボケ」でさらりと受けとめているという感じを受けた。

触るもの全てを“笑い”に変えてしまう「笑いのミダス王」の何とも言えない不思議な生きざまが、茂木さんを彼の“シュールな笑いの世界”に引きずり込んでいく。

そして、茂木さん自身も彼の手によりて“笑い”に姿を変えられたようである。

投稿: 銀鏡反応 | 2007/06/01 17:40:10

コメントを書く