« たたずまいというものは | トップページ | 小山さんのこと »

2007/06/16

東京芸術大学講義 白洲信哉

東京芸術大学 美術解剖学講義

2007年度第5回

白洲信哉
「美を求める心」

2007年6月18日(月) 

午後3時35分〜午後5時

東京芸術大学 上野校地 美術学部 中央棟
第3講義室(2F)

http://www.geidai.ac.jp/access/ueno.html

6月 16, 2007 at 08:25 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京芸術大学講義 白洲信哉:

» 土より芽生えたる栴檀は トラックバック 銀鏡反応 パンドラの函
@土より芽生えたる栴檀は、やがて大きく育ち、馥郁たる芳香をその内面から発するようになる。そして、“栴檀は双葉より芳し”と、俗にいうように、芽生えた時から、(実は・・タネの時点からかもしれないが)「芳香」を持っているという。 @小さな頃から優れた資質に恵まれている人は(本当は、誰でもそういう資質は何処かに持っているのだが)、その栴檀のようなものなのではないか、とふと思ったので、ここに縷々記すことにする。 @高田博厚(1900~87)。彫刻家。幼少より哲学や美に触れて育ち、18歳で上京、かの高村光太郎(... [続きを読む]

受信: 2007/06/17 15:19:28

コメント

コメントを書く