« 始まりとしての『フューチャリスト宣言』 | トップページ | 世界一受けたい授業  »

2007/06/09

びゅんびゅんとハチドリが

公開が始まる時間前に研究所に入る。
あまりにも多くの人が並びすぎて
しまったため、
予定より早く開いた。

説明をし始めて、すぐに、見なれた
人影が。

池上高志だった。

「あれ、お前、こんなに早く来たのかよ!」

池上は、柳川透のところに行って、
立ち話をしていた。

その様子をちらちら見ながら
喋り続ける。
お客さんが途絶えない。

柳川は、池上にたっぷりいじめて
もらって、満足そうだった。

お昼。
みんなで「あさり」に定食をとりに
いった。
研究所への帰り道、
タリーズ・コーヒーで
テイクアウトして、
柳川と小俣圭とぶらぶら歩いていると、
まるでそれが日常であるように
錯覚した。

太陽が照っていて、
心地よいくらいの熱さで、
身体は疲労していて、
しかし、充ちていて。
仲間意識があり。

「こんなスケジュールで毎日
働いているような気がしてくるな。」

「茂木さんは、いつもいろいろ飛び回っている
から、二日同じ所にいるだけで、
そんな感慨が浮かんでくるんですよ」
と小俣。

午後のセッションが始まる。
ずっと話し続けて、
気付いたら再び4時間以上が
経過していた。

レセプションには大変な数の人が
来て、
いろいろな人と話した。

五反田で打ち上げ。
お疲れさま。

ジャングルの中を、
びゅんびゅんとハチドリが
飛び交う。

大事なのは、思考の集中と密度である。

色とりどりの思念がぎゅっと
詰まっているような、
そんな時間の流れだった。

6月 9, 2007 at 07:03 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: びゅんびゅんとハチドリが:

» 落ち着きの中で、ある焦点を結ぶこと トラックバック 鈴木正和 (すずきまさかず) ブログ日記  文学の痛みと感動 
落ち着かない毎日が続くと、心までもが落ち着かなくなる。 それは、自分の不甲斐なさや弱さの現われ…であるのかもしれない。 しかし、なるべくならば、言い逃れや言い訳をせずに、コツコツと前に進みたい。 脳の中の時間を、コツコツの時間へと瞬時に変えてしまいたい。瞬間の切り替えが、もっと上手くできたらな、と思う。 * * * コツコツと前に進むためには、大きな全体を見ること、統合的な自己の目標の像があり、その憧れの心性を踏み台に、ふとした時間の隙間にも、集中の熱を発する緻密さと力量が必要になることだ... [続きを読む]

受信: 2007/06/09 9:50:36

» 落ち着きの中で、ある焦点を結ぶこと トラックバック 鈴木正和 (すずきまさかず) ブログ日記  文学の痛みと感動 
落ち着かない毎日が続くと、心までもが落ち着かなくなる。 それは、自分の不甲斐なさや弱さの現われ…であるのかもしれない。 しかし、なるべくならば、言い逃れや言い訳をせずに、コツコツと前に進みたい。 脳の中の時間を、コツコツの時間へと瞬時に変えてしまいたい。瞬間の切り替えが、もっと上手くできたらな、と思う。 * * * コツコツと前に進むためには、大きな全体を見ること、統合的な自己の目標の像があり、その憧れの心性を踏み台に、ふとした時間の隙間にも、集中の熱を発する緻密さと力量が必要になることだ... [続きを読む]

受信: 2007/06/09 10:05:16

» オペラ座の弁慶 団十郎・海老蔵パリに傾く トラックバック 須磨寺ものがたり
2007年3月パリ・オペラ座(通称ガルニエ)で市川団十郎・海老蔵親子が「勧進帳」を、 弁慶、富樫を親子でダブルキャストで演じるという画期的な舞台が、 幕を開けた。・・昨日のNHKプレミアム10より... [続きを読む]

受信: 2007/06/09 15:02:24

» 文庫本のかたちのフリーペーパー トラックバック きむ仮説
今巷では再び「ゲド戦記」が話題になっているなぜ今になって話題になっているかという [続きを読む]

受信: 2007/06/09 16:53:30

» 3つの柱 トラックバック なんでもあり! です 私の日記!! 
「3つの柱」を組み立てることが これからの具体的な目標であるのですが。 すでに閉鎖したHPで(昨年の2月頃)、「3」に関して 以下のような記事を書いていたことを、ふと思い出しました。 ちょっと懐かしく、バックアップデータから探し出します。 かつての自分の文章を読むことの気恥かしさや その文章の持つ硬さに驚きつつ (ブログではなく、HPであるという意識ゆえの硬さなのですが) また、この文章を書いた時の懐かしさをも感じています。 ----------------------------... [続きを読む]

受信: 2007/06/10 19:17:53

コメント

元気が無くてしばらくお休みしてました。遂に音声について閃きつつあるのではないかと思っています。疲れているので間違いかもしれません。でも以前よりは近づいたと感じています。階層性、スモールワールド、ロバストと共に音楽性とゲシュタルトがすごいヒントでした。色は脳内にしかないという説も凄いと思った。進化論はカルノーサイクルになりうるのか。熱素説でも正しいロジックを作った物理学と同じになるのだろうか。生物学は違うフェーズでなければならない。

投稿: | 2007/06/09 21:22:07

>>「大事なのは 思考の集中と密度である」

いいことゆうなあ相変わらず!先生は♪

そうなんだよ 時間かけたからっていい出来かどうかはわからない!

あの Led Zeppelin は 初期と後期の傑作をいずれも数週間の・・ 

人気No.1ロックバンドとしては異例の短期間で録り終えたという

いっぱつでキマッタ テイクが連続的に出てしまうような非常に

HIGH な状態だったことがギタリストのジミー・ペイジなどの発言から

わかるのである PLAYER'S HIGH が現出したのだ

かのモーツアルトの三大交響曲も確か非常に短期間で書き上げられたと

聞いたことがある

だから 人間の集中力、火事場のバカヂカラ!というのは創造性の

極み なんだろうな

・・ところで

>>
@旅籠「風のモバイラー」 荒野の素浪人 大江戸漫遊記 編

>>6月9日土曜日 雨のち快晴♪ 爽やかな午後

レオナルド・ダ・ヴィンチ  天才の実像  ウフィツィ美術館の至宝 「受胎告知」 本邦初公開


3月20日(火)>>6月17日(日) 

・・ 暫く 「受胎告知」特別展のWEBサイトを眺める 混雑状況からいって6月15日金曜日がゆっくり観られそうだ

天気はどうか・・その日の牡羊座はどんな塩梅だろう 東海道をBeat でいくのか・・ やはり新幹線か

6月17日は多摩の方で オーナーズ・ミーティングがあるらしい HONDA Veni の社長が教えてくれた・・ 

結局こうなる運命か!・・ しかし馬鹿も休みやすみやらないと・・ いまさら分別クサイコトイッテどうする!?

それこそ JUST DO IT! あとはやるのみ ではないか

いずれにせよ もうひと波乱ありそうな予感・・ 来週がひとつ大きな「ヤマ」であることに間違いはない

・・ 素浪人は プレオープンで賑わう 旅籠「風のモバイラー」をめざし 一路 東へ!

はてさて いったいどんな騒動が巻き起こりますやら・・ 次回をお楽しみにー
 

投稿: | 2007/06/09 20:25:57

ジャングルのハチドリは華の中 極彩色の中に居るのでしょう

人生の密度を濃くしようとすると自分の生活がずれたりする
自分のしなければいけない事を優先しようとすると
もう一つのしなければいけない事がこちらはまだかと騒ぐ

大変と言うならそこで終り
明日は今日より楽になる
そう思って生きてはいるけど

思考の集中と密度 耳の痛い話でした


投稿: | 2007/06/09 20:17:52

「大事なのは、思考の集中と密度である。」

何事も徹底的に密度も濃いめに集中すれば、物事はあっという間に終わり、後には心地よい充実感が残るものだ。

茂木博士、そして、研究所の皆様! 二日間にわたる研究所公開、本当にお疲れさまでした。

ジャングルの中をハチドリがにぎやかに、びゅんびゅん!と飛び交うような、とても活気あふれる研究所公開だったのでしょう。


きょうの日記の内容から、心地よい疲れに包まれ、充実されている茂木さんの姿が伺えて、この二日間は茂木さんにとって、本当に充実した二日間だったんだなと思った。

色とりどりの思念がぎゅっと詰まっているような時間の流れに包まれて、充たされた幸せを感じているフラワーピッグこと茂木博士。

これからもそういう時間の流れが、博士のもとを訪れてくれればいいなぁ、と思う。

投稿: 銀鏡反応 | 2007/06/09 18:01:34

喉を痛めたら柑橘類、オレンジジュースなど
飲むといいみたいですよ。風邪のときとかも。
最近、毎朝の豆乳コーヒーに、はまってます。
やっぱり、カフェオレの方がおいしいけど、
慣れると飲まずにはいられなくなる。

投稿: | 2007/06/09 11:00:25

コメントを書く