« 東京工業大学 知能システム科学専攻 専攻説明会 | トップページ | 江村哲二さんに捧ぐ »

2007/06/12

プロフェッショナル 仕事の流儀 菊池恭二

プロフェッショナル 仕事の流儀 第54回

菊池さんは「巨きな」人だった。体つき
だけではない。精神の構えや、すべてが巨きい。
「奈落の底を見た」という最悪の事故。
そこから立ち上がってきたからこそ、
宮大工の世界で名棟梁として慕われる
ようになってきたのだろう。

NHK総合
2007年6月12日(火)22:00〜22:44

http://www.nhk.or.jp/professional/

6月 12, 2007 at 07:55 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロフェッショナル 仕事の流儀 菊池恭二:

» プロと職人 トラックバック T.S's blog
NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」を見た。 いつの間にかかなり長文になっちゃってたので めんどくさい人はスルーしてください。 [続きを読む]

受信: 2007/06/13 0:08:09

» 蘇る記憶のかけら...NHK「プロフェッショナル・仕事の流儀」 トラックバック 建築YA「髭」のCOLUMN
 NHKの「プロフェッショナル」と言う番組で、北国の宮大工の菊池棟梁の仕事ぶりが取り上げられていた。私がたまたま目にしたのはその番組の終わりの方で、若き弟子が棟梁に叱咤激励しながら仕事のいろはを学んでいる姿を綴ったシーンだった。原寸場で屋根のそりを出す事を任された弟子は、苦悩しながらその微妙なカーブを床に敷き詰められた薄ベニヤの上に描いていく。私の中で25年前の記憶が蘇ってきたのである。  25年前、若き私は京都にあった。学校を出てはじめて勤めた会社は会社と言うよりは伝統と格式のある社寺建築を専門... [続きを読む]

受信: 2007/06/13 8:30:13

» 棟梁の器は、人生の深さ 宮大工・菊池恭二 トラックバック 須磨寺ものがたり
古の技を受け継ぐ男、宮大工・菊池恭二が、昨日NHKプロフェッショナル仕事の流儀に登場した。寺院の建築、修理を専門とし、今現在9つの仕事をかかえ多忙をきわめている。 [続きを読む]

受信: 2007/06/13 16:17:53

» 学び⑧ 重圧と向き合う-プロフェッショナルの流儀:名棟梁 菊池恭二 トラックバック 英語で遊んで学ぶシンプルライフ
プロフェッショナルの流儀で、 名棟梁の菊池恭二さんが出ていた。 『木の心を読み取り、技で組み上げる』 宮大工である菊池さんは、 すごかったぁ~ 誤差はミリ単位でしか許されない厳しい職人の世界を 目の当たりにした 常に重圧と向き合い、決断をし続けていかない... [続きを読む]

受信: 2007/06/14 23:24:15

» 学び⑧ 重圧と向き合う-プロフェッショナルの流儀:名棟梁 菊池恭二 トラックバック 英語で遊んで学ぶシンプルライフ
プロフェッショナルの流儀で、 名棟梁の菊池恭二さんが出ていた。 『木の心を読み取り、技で組み上げる』 宮大工である菊池さんは、 すごかったぁ~ 誤差はミリ単位でしか許されない厳しい職人の世界を 目の当たりにした 常に重圧と向き合い、決断をし続けていかない... [続きを読む]

受信: 2007/06/14 23:30:33

» 経験を積んだ新人になれ~プロフェッショナルより~ トラックバック きむ仮説
今回のプロフェッショナル  仕事の流儀ゲストは宮大工 菊池恭二さん菊池さんは昭和 [続きを読む]

受信: 2007/06/14 23:37:26

» 「プロフェッショナル」 宮大工、菊池恭二の"察する力" トラックバック Career Design Cycling
NHK「プロフェッショナル」で宮大工、菊池恭二氏が取り上げられていた。 以前、「百論ひとつに止まる、これ正なり」 という口伝を取り上げたが、 宮大工の世界観には、どこか心をくすぐられる魅力がある。 菊池氏が修業... [続きを読む]

受信: 2007/06/22 11:21:00

コメント

コメントを書く