« 脳と創造性 第2回 | トップページ | つー »

2007/05/11

対談 マンガの神さまはどこにいる

対談 マンガの神さまはどこにいる

浦沢直樹 × 茂木健一郎

朝日カルチャーセンター
2007年6月1日(金)18:30〜20:30

「手塚治虫の再来」と言われる浦沢さんとの
スリリングな対論です。

http://www.acc-web.co.jp/sinjyuku/0704koza/A0102_html/A010201.html

5月 11, 2007 at 06:35 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 対談 マンガの神さまはどこにいる:

» 高校「数学II」教科書にマンガを導入? トラックバック にっかんせきぐち
R25で興味深い話が取り上げられていました。⇒ 当該記事ページ【高校「数学II」教科書にマンガを導入?】記事の概略は以下の通りです。 [続きを読む]

受信: 2007/05/11 10:18:49

» ドラゴン ヘッドは大災害時の心理サスペンス トラックバック 30台が読むマンガ?読みたいマンガ、読んだことある漫画
ドラゴン ヘッドは、近代恐怖マンガの代表作ですね。 「長いトンネルを抜けたらそこは、雪国だった。」的な始まりで現実離れした大災害に見舞われた高校生の非日常的な精神状態、行動をマンガで表現しています。 恐怖マンガにもいろいろありますが、人間の極限下に置かれた..... [続きを読む]

受信: 2007/05/12 17:12:00

» 自分はツボニはまりました。激烈バカ トラックバック 30台が読むマンガ?読みたいマンガ、読んだことある漫画
激烈バカ自分はかなり好きでした。 4コマ漫画に必要な起承転結を無視した構成も好きでした。 友人にかなり変人扱いされました。 激烈バカ [続きを読む]

受信: 2007/05/12 23:26:30

» MONSTER DVD-BOX Chapter 5 監督: 小島正幸 原作:浦沢直樹 トラックバック Take it ez !
69話「安らぎの家」DVDは23枚目 ルンゲ警部(磯部勉)が説明をしてくれます。 「たった一丁の銃で街が全滅して例もある・・・」 1958年ドイツ、ニーダーザクセン州でのツバイフェルシュタット事件 ぜひとも、研究してみたいと思います。... [続きを読む]

受信: 2007/05/17 22:30:23

» 【マンガの日】 トラックバック 怒涛の絵日記!【日記じゃりんこ千枝】
今日(7月17日)は、 ”マンガの日”なのです11月3日も ”まんがの日”なの... [続きを読む]

受信: 2007/07/20 3:19:39

コメント

茂木先生と浦沢先生という組み合わせでは自然とイギリスが舞台の「マスターキートン」の話題が多くなるのでしょうか。
ロイズを心理的安全基地の観点から論じたりすると面白そうですね。

村上隆氏が提唱するスーパーフラットに該当する絵柄を持つ漫画家としては私はゆうきまさみ先生を思い浮かべます。浦沢先生の絵柄はスーパーフラットとはちょっと違うのではないでしょうか。

YAWARAはヒロインが公式戦で一回も負けていないというところがそれまでのスポーツ漫画と一線を画すところだったのではないでしょうか。
一度も負けたことのないヒロインに読者が感情移入できるのは「私は
普通の女の子でいたい」というヒロインの主張が当時の世代に受け入れやすかったからではないでしょうか。

投稿: naritoku | 2007/05/15 13:57:29

非常に聴きたいのですが、地方に住んでいるので聴きにいけません。
ぜひMP3でアップしてほしいです。
お願いします。

投稿: kensuke | 2007/05/11 9:13:24

コメントを書く