« ギャップ・ライフ | トップページ | 『音楽を「考える」』増刷 »

2007/05/10

『フューチャリスト宣言』増刷

梅田望夫、茂木健一郎
『フューチャリスト宣言』
(ちくま新書)は増刷(初刷40000部、
2刷35000部、計75000部)
が決定しました。

ご愛読に感謝いたします。


5月 10, 2007 at 07:24 午前 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55852/15019282

この記事へのトラックバック一覧です: 『フューチャリスト宣言』増刷:

» 「フューチャリスト宣言」梅田望夫 茂木健一郎 トラックバック 蒼と碧の幻想
今をときめく「ウェブ進化論」の梅田望夫さんと「クオリア」の茂木健一郎さんの対談を収録したノンフィクション。「働学遊美」のミックスを体現しているかのような二人のフューチャリストの対話を読んでいたら、僕が最も尊... [続きを読む]

受信: 2007/05/10 22:08:36

» 「フューチャリスト宣言」梅田望夫 茂木健一郎 トラックバック 蒼と碧の幻想
今をときめく「ウェブ進化論」の梅田望夫さんと「クオリア」の茂木健一郎さんの対談を収録したノンフィクション。「働学遊美」のミックスを体現しているかのような二人のフューチャリストの対話を読んでいたら、僕が最も尊... [続きを読む]

受信: 2007/05/10 22:09:48

» 挑戦します トラックバック WEB2,0に挑戦(仮
「フューチャリスト宣言」という本を読みまして そこで mixiはWEB1,0だ。 [続きを読む]

受信: 2007/05/10 23:21:59

» 【書評】梅田望夫・茂木健一郎「フューチャリスト宣言」 の続き トラックバック キングフラダンスの恍惚と快楽。
昨日のエントリーは半分寝ながら書いていたので、朝起きて読み返してみたら何ともいえない感じであったし、書こうとしたことのいくつかが書けていなかったので続きを書きます。 『フューチャリスト宣言』の増刷(初刷40000部、 2刷35000部、計75000部) が... [続きを読む]

受信: 2007/05/11 1:01:24

» 「フューチャリスト宣言」梅田望夫・茂木健一郎を読んで トラックバック 須磨寺ものがたり
茂木さんの「クオリア日記」に増刷が決まったとあったが、読み終えて納得がいった。予約注文し、Amazonから発送したとのメールがくるまでが妙に長く感じられた。ペリカン便が来たその日から、「フューチャリスト宣言」梅田望夫・茂木健一郎に釘付け状態であった。... [続きを読む]

受信: 2007/05/11 17:41:21

» フューチャリスト宣言 トラックバック 渋谷アントレ日記2007
今という時代を、人類史上稀にみる変換期と捉える事は周知の事で、 ここで未来を作って行ける人たちの素質も少しは分かっているつもり。 いつの時代も時代を変えうるものが生まれる時は、一時的に暴力的な状態に陥る。 それが今であるならば、僕は感情を鍛える事を先...... [続きを読む]

受信: 2007/05/11 20:33:20

» 本の泉 -随時更新 トラックバック この地球を受け継ぐ者へ †
気になる本たち、泉の如く。   読んでみたい、欲しい本を管理人のメモとして、随時書き込んでます。 ------------------------------------------------------- 5月11日 人生の鍛錬―小林秀雄の言葉 ???    フューチャリスト宣言/梅田 望夫 ???   島田 洋... [続きを読む]

受信: 2007/05/11 22:23:32

» 梅田望夫・茂木健一郎著『フューチャリスト宣言』(ちくま新書)を読み始める トラックバック 栄枯盛衰・前途洋洋
ちくま新書の5月の新刊のうちの1冊が、『ウェブ進化論』の著者梅田望夫さん(1960年生まれ)と脳科学者で現在NHKの番組「プロフェッショナル」の司会をしている茂木健一郎さん(1962年生まれ)の対談をまとめた『フューチャリスト宣言』である。 フューチャリスト(=futurist)とは、未来を考える未来学者という意味。インターネット、ウェブ2.0などで変わる未来について、2人が存分に語る。 茂木氏の... [続きを読む]

受信: 2007/05/12 16:31:16

» [books]フューチャリスト宣言 トラックバック Strange Beautiful Life
フューチャリスト宣言 作者: 梅田望夫, 茂木健一郎 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2007/05/08 メディア: 新書 話題の梅田望夫氏、茂木健一郎氏の対談の「フューチャリスト宣言」を読みました。 「ウェブ進化論」「ウェブ人間論」に続いて、インターネットの可能性をひ... [続きを読む]

受信: 2007/05/12 22:36:04

» まだ新しいことをすると「かまど消し」とバカにされてしまうような社会なのか? トラックバック 文系人間の公務員試験~別館ブログ~
梅田 ? 日本は新しいことをやった人を賞賛しないですね。それが根源的にまずい。新しいことがはじまると最初は不安だし、何か既存のやり方や既得権に触っていくという直感から、まず危険性を指摘する。それがよくない。日本はその度合いが強いです。 ? (上記青字部分「フュー... [続きを読む]

受信: 2007/05/13 0:14:05

» 落語 芝浜 まくら (全8回) トラックバック 後藤ゆたか  WEB2.0に挑戦(仮
去年の年末にmixiでバカやった日記を張らせていただきます 落語は著作権フリーだ [続きを読む]

受信: 2007/05/13 2:47:47

» 読書感想文:「フューチャリスト宣言」 トラックバック APC
・読書感想文:「フューチャリスト宣言」 フューチャリスト宣言梅田 望夫、茂木 健一郎 他 (2007/05/08)筑摩書房この商品の詳細を見る この間、内分泌の授業で「負のフィードバック」と「正のフィードバック」について ... [続きを読む]

受信: 2007/05/14 2:51:34

» フューチャリスト宣言 トラックバック アトランティス21th
フューチャリスト宣言 -梅田望夫 インターネット世界は既存のコミュニティーベースの社会の上にウェブベースの社会を作り出した。前者は経歴や談合によって人が規定される閉じた組織社会。後者はあらゆる情報が開かれ、人そのものが評価され、個々が連携しあう社会。 今、人は選択しなければならない。全ての人が平等で、エネルギーと可能性に満ち溢れた新社会に飛び込むか、人々が権威者の支配下に置かれる閉じた社会にとどまるか。 私たちは新しい社会を信じ、飛び込み、作り上げていくスピリットに満ち溢れた人... [続きを読む]

受信: 2007/05/14 22:00:39

» [本][web2.0][web&リアル]フューチャリスト宣言読んだ。 トラックバック はてブついでに覚書。
フューチャリスト宣言 作者: 梅田望夫, 茂木健一郎 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2007/05/08 メディア: 新書 GW前に発売してくれよーゆっくり読んだり感想書いたりできるのに。 書評・・じゃないな感想とかは別ブログだったりもするけど梅田さん関係だからはてな。 こ... [続きを読む]

受信: 2007/05/15 2:29:04

» ウェッブ上の自分の分身 トラックバック この地球を受け継ぐ者へ † life log
「あなたにとってブログとはなんですか?」 ・・・というテーマの募集に投稿してみる。 自分にとってブログとは?といえば、思いや行動の記録。 それを自己表現する場で、強力なツール。 書くことはもともと好きで、作家にでもなりたかった(笑) ブログは、「ネット上... [続きを読む]

受信: 2007/05/16 20:53:19

» 既存常識に「アカンベー!!」をし続ける人達。 トラックバック 銀鏡反応 パンドラの函
☆アメリカなどはともかく、この「日本」なる島国に流布する「既存社会の常識や慣習」に反抗し続けることは容易ではない。しかし、そんなことを敢えてやりつづけ、既存社会の常識や慣習の鎖に縛られ続ける本邦の大衆を勇気付けるべく、常に前向きの言動を行っている人物が少なくとも2人、存在する。 ☆それが「ウェブ進化論」「フューチャリスト宣言」などの著者で、シリコンバレーに在住している梅田望夫と、いまやTVや講演、著名人との対談、さらには「脳と仮想」「『脳』整理法」といった著作もこなし、最早知らぬ者は少なくなった脳科... [続きを読む]

受信: 2007/05/17 23:27:25

» 六次の隔たり(Six Degrees of Separations) トラックバック この地球を受け継ぐ者へ † life log
「六次の隔たり(Six Degrees of Separations)」という仮説をご存知でしょうか。 梅田 望夫, 茂木 健一郎 フューチャリスト宣言 「フューチャリスト宣言」を読み、いろいろな興味深いことがあったけど、 その中で、紹介されていたこの仮説が面白いと思った。... [続きを読む]

受信: 2007/05/17 23:33:44

» [本] 『フューチャリスト宣言』 茂木健一郎/梅田望夫 トラックバック First Penguin : ファースト・ペンギン
「未来に対する期待感が薄れてきているのではないか」。冒頭でフューチャリストの茂木健一郎氏はこんな事を言っていた。フューチャリストとは、明るい未来像を生み出す人達、未来は見るものではなくて、自ら生み出すもの。梅田望夫氏と共にフューチャリスト同盟を結んでいた... [続きを読む]

受信: 2007/05/19 20:47:17

» フューチャリスト宣言 トラックバック Financier
梅田望夫さんと茂木健一郎さんによる新書「フューチャリスト宣言」。さっそく読み終わ [続きを読む]

受信: 2007/05/19 22:06:28

» 第59話 ブログ再開しました の巻。 トラックバック Room 4174
どうも。お久しぶりです。 長らく活動休止していたブログを再開することにしました。 就職活動が一段落して暇になったから、という理由ではありません。 就職活動が一段落して暇になったから、本でも読もうかなと... [続きを読む]

受信: 2007/05/20 4:07:45

» [Web2.0][書籍]「フューチャリスト宣言」とつなぐ作業 トラックバック こども省
2007/05/15に書いたように, 梅田望夫・茂木健一郎,「フューチャリスト宣言」,ちくま新書(2007) …bk1情報 の両著者サイン本が当選し,本日帰宅したらポストに届いていた。お二人のお人柄が見えるような筆跡に大感激しつつ夕食で祝杯をあげる。 p.149には梅田さんの「ウ... [続きを読む]

受信: 2007/05/21 23:12:34

» [Web2.0][書籍]「フューチャリスト宣言」とつなぐ作業 トラックバック こども省
2007/05/15に書いたように, 梅田望夫・茂木健一郎,「フューチャリスト宣言」,ちくま新書(2007) …bk1情報 の両著者サイン本が当選し,本日帰宅したらポストに届いていた。お二人のお人柄が見えるような筆跡に大感激しつつ夕食で祝杯をあげる。 p.149には梅田さんの「ウ... [続きを読む]

受信: 2007/05/22 7:41:12

» [Web2.0][書籍]「フューチャリスト宣言」とつなぐ作業 トラックバック こども省
2007/05/15に書いたように, 梅田望夫・茂木健一郎,「フューチャリスト宣言」,ちくま新書(2007) …bk1情報 の両著者サイン本が当選し,本日帰宅したらポストに届いていた。お二人のお人柄が見えるような筆跡に大感激しつつ夕食で祝杯をあげる。 p.149には梅田さんの「ウ... [続きを読む]

受信: 2007/05/22 22:09:42

» 『フューチャリスト宣言』梅田望夫(著),茂木健一郎(著) トラックバック ビジネス書の書評・ビジネス誌・ビジネステレビ ビジネスメルマガブログ:知識をチカラに!
 ⇒『フューチャリスト宣言』梅田望夫(著),茂木健一郎(著)    http:/... [続きを読む]

受信: 2007/05/23 16:47:23

» 最近のトラックバック表示、復活しないか トラックバック この地球を受け継ぐ者へ † Life log
アメブロ運営担当者より、TB表示についての回答メッセージが来る。 ------------------------------------ アメーバカスタマーサービスです。 アメーバブログをご利用いただきまして誠にありがとうございます。 この度は「トラックバック」に関しまして、 貴重なご意見をい... [続きを読む]

受信: 2007/05/28 19:00:14

» 『フューチャリスト宣言』 トラックバック 月のブログ
フューチャリスト宣言 今をときめく梅田望夫、茂木健一郎の対談。 「全然専門分野の違う二人が何を語る?!」と思ったけど、やはりネットの世界をメインに語る。 ありとあらゆる情報をネットで調べ、自分も発信すること... [続きを読む]

受信: 2007/06/25 23:14:08

コメント

茂木さん初めまして、”プロフェッショナル 仕事の流儀”いつも
楽しく番組観させて頂いています。先日読んだ
”脳はいかにして<神>を見るか”は本当に衝撃的でした。次回の作品の発表が待ちどしいです。これからも茂木さんのご活躍応援しています。

投稿: aozora piro | 2008/06/13 13:12:55

茂木先生はファッションにはあまり興味がなさそうですね。
梅田先生と対談するときは茂木先生はイギリスカラーをもっと前面に押し出した方が良いのではないでしょうか。
そのほうが、コンストラティックな印象を読者に与えそうです。
ジョン・スメドレーというイギリスのブランドがあるのですが、そこの
セーターに使われる毛はニュージーランド産最高級の羊毛だそうです。
カシミアではないんですね。インド独立でカシミール地方が政治的混乱
に巻き込まれたためにニュージーランド産羊毛を採用することになったのでしょうか(あてずっぽうです)。

投稿: naritoku | 2007/05/17 14:54:55

う~ん最強の二人のコラボレーションですね。
また茂木さんの著作を1冊読むことになります。

しかし、茂木さんの出版する本のペースには
驚かされます。
まだ読んでない積読本が溜まっています。

お身体に気をつけて下さい。

投稿: フジキセキ | 2007/05/10 19:29:48

コメントを書く





絵文字を挿入