« ゆったりと曲がってくるので | トップページ | 鈴が坂道を転がるように »

2007/05/20

「読む」ことの意義

ヨミウリ・ウィークリー
2006年6月3日号
(2006年5月21日発売)

茂木健一郎  脳から始まる 第55回

「読む」ことの意義
抜粋

 読むと言っても、本を「読む」というだけの意味ではない。英語では、何かを専攻することを、「読む」(read)と表現することがあるのである。
 「彼はオックスフォード大学で英文学を読んだ。」「私は、ケンブリッジ大学で哲学を読んだ」というように表現する。この伝でいけば、トニー・ブレアさんは大学で「法哲学」を、ゴードン・ブラウンさんは「歴史」を「読んだ」ということになる。

全文は「ヨミウリ・ウィークリー」で。

http://info.yomiuri.co.jp/mag/yw/


5月 20, 2007 at 08:16 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「読む」ことの意義:

» フューチャリスト宣言 トラックバック 新書☆う☆膨大2
 先日pcが故障して、のべ一ヶ月間、ネットに触れられなかった。ものすごく不便。どうしても必要なことは、ネットカフェに駆け込んで済ませた。インターネットが生活の中に深く根付いていると痛感する。その一方で、pcのない生活には、物足りなさと同時に、ある種の開放感...... [続きを読む]

受信: 2007/05/20 23:18:46

コメント

OUT IN OUT >>  CORNERの脱出速度をめぐって PART 3

眼の前にCORNERが夢のように立ち上がる

進入の直前にフルブレーキング・・だだし当然ポンピングでね

CORNERのIN側の縁石を舐めるようにして

姿勢を可能な限りコントロールすることに集中する

圧倒的なGに押し潰されそうになりながら 息を詰め

修正舵をイレながらノーズをCORNERの出口へ向ける

同時にアクセルを煽りながらエンジン回転をキープする

お尻で路面からのインフォメーションを捕らえながら

瞬間フルスロットル・・もうベタ踏みで構わない と確信する

CORNERをミラーの後方に追いやりながら一瞬のドライヴィング

プレジャーを満喫する CORNERにいる時間が夢のように感じる

この瞬間を味わうために重力Gはある と思えてくる・・

----- Original Message -----
From:
To:
Sent: Tuesday, March 20, 2007 4:53 PM
Subject: [SPAM]彼岸過ぎ迄、此の恋を♪・@カフェルポーROPES?REPOS? 編 Ⅱ


> 第一章(続き)
> 男は懐かしさに溢れた部屋にいた。
> その光景に私は
> (その男は)軽いめまいのようなデジャ-ブ=既視感のなかで、重力Gから解き放たれた開放感と若干の「後ろめたさ」を同時に味わっていた。
>
> 遠くで女のジャズボーカルが聞こえている。
>
> そして
> 落ち着いた男の声
> 妻よりも
> 恋人よりも
>
> ジャックダニエル
> ごめんなさい
>
> ♪・♯♭ΘΠΩΨあるふぁあはαααφχψωФХЦЬЭЮЯ♪♯♭☆
> うまいんだな・、
> ・これが(^O^)
> (次回へ続く)
>
> (前回まで)
> 軒先からもうすでに、懐かしいにほひが‥(*^_^*)
>
> あたりに漂っていた。
>
> 私は吸い寄せられるようにその店のなかへ
> ----- Original Message -----
> From: nomgroove.com
> To: nomgroove@ezweb.ne.jp
> Cc: nomgroove.com ; info@yuri-nakae.com
> Sent: Wednesday, March 14, 2007 2:16 AM
> Subject: 茂木さんのクオリア日記に投稿したよ
>
>
> そして、載ってしまった。
> ・みんなノルから。って。いzzてもさあ!・・・
> ウレシハズカシ・・ハラジュク
>
> 最近の出来事で・・面白半分雀(笑)日記 by 風の茂(変換!)バイラー  出る葉もっと日本語勉強スベキデス
>
> NHK教育 にほんごであそぼ でもみなはれ
> 大阪弁もね
>
> 原宿・・ といえば筒井康隆・・ がかつて棲んだ街
>
> としてあまりにも有名 ですが。
>
> 茂木さんも感じてるし、みんなが以後五知のおバカ!さん。・・
> 悪さを感じているし、着心地の悪い、ちっとも まあたまに時々
> ・・フィットするけど・・ジーンズ のような
>
> でもわたしが・・このわたくしでさえも!新人類と呼ばれた最初の
> 大卒サリィマンでさあ!ほんとかよ・・なんていいながら
>
> ジョージオウエル(OLにあらずば・・ひとにあらず!)の1984年を目前に控えた バブリング創世記前夜・・ 
>
> 時にコピイライターブーム、ネオ・アカ
> (次回へ)
> from K.Nomura@nomgroove.com

--------------------------------------------------------------------------------


--------------------------------------------------------------------------------

投稿: 風のモバイラー&野村和生 from nomgroove.com | 2007/05/21 10:15:24

雨と寒さで昨年と比して入場者の減ったイベントに3日間も張り付いていた。その間にイギリス赴任ですれ違いになってしまった夫婦の子がイギリスへ留学するという話を聞く。不思議なものだ。疲れた体をソファへ横たえて「フューチャリスト宣言」を読み直そうとしたが、すぐに仮眠してしまった。イベントの暇なときに部下に偶有性の説明をしようと試みる。どれだけ理解してもらえたか。私の理解が大丈夫なのか?皮肉なことにイベントが終わると同時に晴れてきた。早めに切り上げて3日ぶりに、ゆっくりとブログを読む。まだ読めていないのかな?

投稿: 福地博行 | 2007/05/20 17:40:42

コメントを書く