« プロフェッショナル 仕事の流儀 トークスペシャル | トップページ | 意識をめぐる問題の現状と課題 »

2007/03/15

脳と宇宙

第一回ヨミウリ・ウィークリートークスペシャル
「脳と宇宙 ひらめき力をきたえる」
中川人司、茂木健一郎

2007年4月8日(日)14時〜15時30分

三省堂書店 神田本店

http://sanseido-eventhonten.hontsuna.net/article/1846571.html

3月 15, 2007 at 09:18 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 脳と宇宙:

コメント

性懲りもなく、またサインをいただきました。
ありがとうございました。

かわいらしい謎の植物だったので、危うく「これはペンペン草ですか?」と
お聞きしてしまうところでした。。。(笑)

茂木さんに話をふられた中川人司さんが「スバル」のことを話されたので
「スバル」は「統ばる」なんだと知った、私の「アハ体験」を思い出しました。
プレアデス星団のひとつひとつの星を童子にたとえて、
お姫様が童子それぞれに誰かのいる場所を教えて、と
尋ね歩く中国か日本のお話があったように思うのですが…。

木のイラストの下に書いてくださった言葉は
「木に隠れてあなたの星が見えない時は どうすればいいのでしょう?」
隠れていても「そこに確かにあるんだ!」と信じることが
できれば、何も迷わないのですが。
「愛」のように。
茂木さんと違って私が「愛」なんて書くと
インチキくささが漂ってしまうのは、どうすればいいのでしょう(笑)?
「忘れる力」に負けず劣らず「信じる力」「信じさせる力」も
私にとっては大切なのかも知れません。。。

茂木さんの「無重力空間では新生児のようになるのではないか?」
という一言で、無重力を体験してみたくなりました。
宇宙に行かなくても無重力を体験するだけで
人生のいくらかはリセットできそうです。

投稿: まり | 2007/04/08 19:42:39

予約間に合いました!
実は4月8日は私にとって「茂木さん記念日」なんです。
初めて茂木さんの存在を知ったのが、この日でした。
その頃のイメージはパリッとしたスーツ姿で
(ネクタイまで、していた!)しばらくは
そういう方なのだとばかり思っていました。

その後『ひらめき脳』の出版記念の講演会に出かけてみたら
ザワザワとした紀伊国屋ホールのなかで、
「今日、何着てた?」
「上下黒、くろ、くろ!」と事情通らしき方々の会話が
飛び交い、慣れない会場の雰囲気とあいまって
ひどく場違いなところに来てしまったような
いたたまれない気分になっていましたが。。。
今はもう慣れました(笑)。

そんな思い出の新宿・紀伊国屋書店の1階で
鉱石や化石を売っているお店をのぞいてきました。

茂木さんが手に入れられた力こぶヤゴほど
インパクトのあるものは見当たらなかった!
自分とは無関係なところで勝手に存在している
素晴らしいレディーメイドに、いつ、どんなふうに
出会えるかという偶然のタイミングも重要なんですね。。。

あのヤゴ、トンボになってから化石になっていたら
どんなポーズを見せてくれただろう?と時々考えて楽しんでいます。

投稿: まり | 2007/03/19 23:53:15

脳と宇宙…きわめて興味深いテーマです。
お二人のトークが今から楽しみです!

投稿: 銀鏡反応 | 2007/03/15 18:56:02

コメントを書く